倉田太一のニュース

月9『ようこそ、わが家へ』原作との違い比較すると楽しさup

NEWSポストセブン / 2015年04月27日07時00分

原作では、電子部品会社に出向中の銀行員・倉田太一が、ある日駅で割り込みをした男性を注意したところ、その日を境に自宅前の花壇を荒らされたり車にキズを付けるといった嫌がらせを受けるようになる。一方、会社では大がかりな不正取引が発覚し、公私ともに騒動に巻き込まれていくストーリーだ。ここでは、ドラマの最新の現場秘話も紹介しよう。 ドラマの主演が相葉雅紀(32才) [全文を読む]

スパガ田中美麗がtwitterで「結婚することに決めました!?」

dwango.jp news / 2015年06月15日15時51分

森藤若葉とは、寺尾聰 演じる倉田太一の職場である「ナカノ電子部品」に勤める田中美麗の役名で、高橋とはスクールゾーンの橋本稜が演じる会社の同僚の役名である。ツイートには、2人で花束を持ったクランクアップと思わしき写真も掲載されているが、2人の役に恋の進展があるということなのか、現実の2人が結婚するということなのか、ことの真相が最終回で究明されるのかにも注目で [全文を読む]

山口紗弥加 「夜はホステス」の派遣社員演じて存在感示した

NEWSポストセブン / 2015年06月13日16時00分

主役・倉田健太(相葉)の父、倉田太一(寺尾聰)の部下役、山口紗弥加さん。私が注目するのは、この人です。 ドラマでの役柄は、総務部の西沢摂子。電子部品を扱う中小企業の契約社員でバツイチ。地味めのOL制服姿で登場。しかし、真瀬部長(竹中直人)の悪事をズバっと見抜き、正義を信じて対策・解決策を上司に進言していく。 山口さんの演技は、何とも奇妙な質感、存在感を持っ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】月9『ようこそ、わが家へ』に登場する“ドSなOL”に反響。謎な役柄に「まさか犯人?」

TechinsightJapan / 2015年05月27日10時25分

劇中で主人公・倉田健太の父親・倉田太一(寺尾聰)が勤めるナカノ電子部品の総務部には仕事に厳しい契約社員の西沢摂子(山口紗弥加)がいる。その山口紗弥加の熱演も見どころの1つだが、最近は別のキャストが注目を浴びてきた。 それがナカノ電子部品の“ドSなOL”森藤若葉である。山口紗弥加やスクールゾーンの橋本稜が演じる先輩社員達に悪態をつき、「おい、高橋!」などと [全文を読む]

相葉雅紀月9ドラマの「ドSなOL」スパガ田中美麗がクセモノ

dwango.jp news / 2015年05月26日19時23分

そんな同作に登場する“ドSなOL”は、寺尾聰 演じる倉田太一の職場である「ナカノ電子部品」に勤める森藤若葉である。山口紗弥加やスクールゾーンの橋本稜が演じる先輩社員達に悪態をつき、「おい、高橋!」などと呼び捨てにする“ドSなOL”を演じるのは、人気アイドル・グループ SUPER☆GiRLSのメンバーでもある田中美麗である。毎話必ず出てくるが、ネイルケアなど [全文を読む]

足立梨花、竹中直人のギャップに驚き「全然違うキャラクター」

モデルプレス / 2015年05月03日17時41分

◆“嫌な奴”ぶりが話題の竹中「心が痛いぐらい辛い」同ドラマで竹中は、寺尾聰演じる倉田太一に度々不正を疑われるが、都度その老獪さで煙に巻き、逆に太一をやり込める真瀬博樹というサラリーマンを、足立は、有村架純演じる女子大生・倉田七奈の親友で、七菜が元カレに追い回されていることに親身に相談にのる保原万里江をそれぞれ演じている。竹中はまず自身の役どころに関して「め [全文を読む]

嵐・相葉雅紀『ようこそ、わが家へ』、12.0%に回復! 3話も「展開遅い」「飽きる」の声

サイゾーウーマン / 2015年04月28日16時00分

一方、父・倉田太一(寺尾聰)の勤務先・ナカノ電子部品の不正問題は、悪事を働いている営業部長・真瀬博樹(竹中直人)に太一が不正を突きつけるも、再び失敗に終わってしまった。 「ナカノ電子部品のストーリーは、真瀬の不正を糾弾すると、先手を取られて太一側が謝罪という、毎度同じパターン。一家への嫌がらせ、会社のトラブルともにイマイチ進展せず、視聴者からは『毎回同じこ [全文を読む]

相葉“月9”で竹中直人が「本当に怖い人」を演じる

Smartザテレビジョン / 2015年03月27日06時00分

長男(相葉演じる倉田健太)と同じく争い事を好まない父親(寺尾演じる総務部長・倉田太一)は、この会社の柱である営業部長である真瀬に手を焼く日々を送っています。こわもてで声が大きく、営業力は抜群で社長の信頼も厚いのですが、不正を総務部が発見しても、社長や取引先を盾にけむに巻いてしまいます。見ていて「憎たらしい!」と思いながらも、不謹慎ながら今度はどんな手を使っ [全文を読む]

嵐・相葉雅紀、初の月9主演も「まるでラブがない」 “史上初”の挑戦に意気込む

モデルプレス / 2015年02月23日20時52分

◆「僕は幸せもの」 今回、相葉の家族役として父親・倉田太一に寺尾聰、妹・倉田七菜に有村架純、母親・倉田珪子に南果歩が挑戦。初共演となる寺尾については「お会いしたことがないので楽しみです。寺尾さんの作品はたくさん観ているし、歌も好きです」とコメント。また、自身が男兄弟とあって妹役の有村に関しては「兄妹役として距離を縮めることができたら」と意気込んでいた。( [全文を読む]

有村架純、嵐・相葉雅紀の妹役で「月9」1年ぶり出演「とても楽しみ」

モデルプレス / 2015年02月02日12時49分

父親・倉田太一を寺尾聰、母親・倉田珪子を南果歩がそれぞれ演じる。3月上旬よりクランクイン予定。(modelpress編集部) [全文を読む]

フォーカス