六角堂のニュース

北陸旅行で訪れたい!地元で定番のお洒落カフェ3選

TABIZINE / 2015年09月10日13時00分

富山のおすすめカフェ:六角堂(ろっかくどう) (C) 六角堂 最初のおすすめは、富山県の「六角堂」です。県の中西部、日本のヴェニスとも呼ばれる射水市新湊(しんみなと)の港町にある美しいカフェで、何気なく踏みしめる床板の一枚一枚にも不思議な味わい深さがあります。 (C) 六角堂 築70年以上の畳屋さんを改築した木造の建物と家具が、優しくゲストを受け入れてく [全文を読む]

地域密着で大手に勝つサザコーヒーの秘密

プレジデントオンライン / 2017年05月12日09時15分

五浦とは県内の北茨城市にある景勝地で、近代日本美術の開拓者として著名な岡倉天心(覚三)が思索のために自ら設計した「六角堂」がある。現在は「茨城大学美術文化研究所六角堂」の名称で同大学が管理するこの建物は、2011年3月11日に発生した東日本大震災後の津波で土台を残して崩壊したが、翌年に再建された。 そうした歴史的場所にちなみ、米国ボストン美術館の館員を務め [全文を読む]

【芸能コラム】「おんな城主 直虎」の脚本家が描くもう一つの戦国 『花戦さ』

エンタメOVO / 2017年06月02日19時32分

京都・六角堂の花僧・池坊専好(初代)が、自ら生けた花で、暴君と化した権力者・豊臣秀吉をいさめたという華道の家元・池坊に伝わる伝説に基づく鬼塚忠の同名小説を映画化。ただし、映画化に当たっては森下が物語を大きく改訂した。換骨奪胎とも言うべき作業を経たその内容を見ていくと、「おんな城主 直虎」にも通じる森下らしさが浮かび上がってくる。 『花戦さ』と「おんな城主 [全文を読む]

聖徳太子が建てた華道の聖地。京都のおへそ「六角堂」を往く

まぐまぐニュース! / 2017年05月19日23時06分

京都のちょうど真ん中、おへその部分に位置する、聖徳太子ゆかりの「六角堂(頂法寺)」。華道の聖地として、また縁結びのご利益がある寺院としてもよく知られています。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者・英学(はなぶさ がく)さんが、この六角堂の多彩な見どころを紹介しています。 京都のおへそ・六角堂 このお寺は京都市中心部四条烏丸から少し上がった(北に [全文を読む]

野村萬斎ら、春の花咲く京都・六角堂でヒット祈願&投げ餅!「身の引き締まる思い」

Movie Walker / 2017年03月27日14時36分

野村萬斎が主演を務める映画『花戦さ』(6月3日公開)の完成奉告イベントが3月27日に京都・六角堂で開催され、野村萬斎、佐藤浩市、森川葵が登壇。映画の舞台ともなった“いけばな発祥の地”でヒット祈願した萬斎が「身の引き締まる思い」と、京都の街の人を前に心境を語った。 本作は、戦国時代を舞台に、京都の町衆である六角堂にいる花僧が、時の権力者である豊臣秀吉の乱心に [全文を読む]

鳩のおみくじが可愛い!京都のおへそ 六角堂

GOTRIP! / 2016年12月09日10時00分

正式名称を「紫雲山頂法寺」という、天台系の単立寺院ですが、そのお堂の形から「六角堂」という通称や「六角さん」という愛称のほうが知られています。 上から見ると、お堂の形がよく分かります。日本では非常に珍しい形ですね。 境内を歩いて回っても1周5分とかからない小さな寺院ですが歴史は古く、聖徳太子が用明天皇2年(587)に創建したと伝えられており、代々華道家元 [全文を読む]

【世界のスタバ】 お寺を望める京都ならではのスターバックス!コンセプトストアを楽しもう

GOTRIP! / 2016年12月07日10時00分

この烏丸六角店の特徴は、京都市の条例により烏丸通りから六角堂が見えるよう、全面ガラス張りになっていること。お店の奥に位置する、「紫雲山頂法寺(しうんざんちょうほうじ)」、通称「六角堂(ろっかくどう)」を眺めながらコーヒーが飲めるんですよ。 開放感のあるガラス張りの店舗はとても気持ちよく、歴史あるお寺とお庭の緑を見ながらのコーヒータイムはいつものスタバには [全文を読む]

<茨城県北芸術祭>自然の中に点在するアート作品を訪ね歩くアートツーリズム

メディアゴン / 2016年09月23日07時30分

近くにある天心遺跡(天心邸、六角堂、墓所など)にも他の作家の作品があり足を延ばしたが、そこには3.11で津波被害があり天心邸の庭先には津波の到達地点が示されている。また海辺にある六角堂は流されて現在は復元されたものであるなどなど名勝を見ながらも近過去の歴史にも触れることになる。この先はいわきで、福島も近い。これだけ海に近ければ、高台以外は被害もあっただろう [全文を読む]

オトクなチケットで茨城を満喫! この秋訪れたい、オススメスポットを紹介

DreamNews / 2015年09月01日17時30分

鮮やかに紅葉して、みはらしの丘を真っ赤に染め上げるさまは圧巻です!(2)五浦六角堂+茨城県天心記念五浦美術館 仏堂や茶室を兼ね備え、朱ぬりの外壁と屋根に宝珠をつかった六角形の建物「五浦六角堂」。近代美術の発展に大きな功績した岡倉天心が設計し、その中で読書にふけったそうです。うしろには緑の松林、まえには太平洋の白波が見える景色は雄大そのもの。また、近くには茨 [全文を読む]

シャーロットが聖徳太子ゆかりの六角堂で菩薩に感動!

Smartザテレビジョン / 2015年08月31日10時00分

シャーロットは、聖徳太子ゆかりの地・京都の六角堂を訪れ、菩薩の慈悲深い姿に魅了される。 今回のスペシャルは、先月の3時間SPに続いて駒澤大学で仏教を学ぶ萩本欽一がゲスト出演し、宗派を超えたお坊さんたちが萩本に「聖徳太子のミステリー…その意外と知られていないスゴさ」をレクチャーする。 仏教の普及に尽力した聖徳太子は、現代日本における歴史の授業でも必ず取り上げ [全文を読む]

半額の宿泊券・周遊券が9月から発売! 茨城で秋の行楽シーズンを楽しもう

PR TIMES / 2015年08月28日17時35分

■五浦六角堂と県天心記念五浦美術館[画像3: http://prtimes.jp/i/15179/1/resize/d15179-1-825930-3.jpg ]五浦六角堂は、明治38年に岡倉天心自らが設計したもので、天心が読書と思索にふけった場所といわれています。杜甫の草堂、仏堂、茶室を兼ね備え、朱塗りの外壁と屋根に宝珠を装った六角形の建物です。その近く [全文を読む]

富士山噴火カウントダウン? 続々起きている異常な兆候!

週プレNEWS / 2014年07月07日06時00分

●河口湖「六角堂」の水位異変 2013年3月、河口湖で水面が急激に低下。それまで舟で渡るしかなかった東南の湖面に浮かぶ景勝地「六角堂」へ、干上がった湖底を歩いて行けるようになった。さらにその後、今年4月から6月にかけての現地調査では河口湖東岸と西岸で湖畔水位に大きな差が生じており、なんらかの地殻変動が起きていることを裏付けている。 ●「泉ヶ滝(いずみがた [全文を読む]

『花戦さ』けったいな僧侶役の野村萬斎 天真爛漫が演技の軸

NEWSポストセブン / 2017年05月26日07時00分

正直なところ疲れましたね」(萬斎・以下同) 京都・頂法寺六角堂で朝夕仏壇に花を供える花僧で、立花の名手だった初代・池坊専好が、暴君となった豊臣秀吉(市川猿之助)に花で一世一代の大勝負に挑む姿を描く『花戦さ』。本作には、花をいけたという記録から、今年、発祥555年を迎える華道家元「池坊」の監修による、200瓶を超えるいけばなが登場している。 専好は戦国時代を [全文を読む]

「京都・東山花灯路2017」15回記念事業について

@Press / 2017年03月09日17時00分

紫雲山頂法寺(六角堂)の副住職も務める。いのちをいかすという池坊いけばなの精神に基づく多彩な活動を展開。2 花街からのお祝いの舞『京都五花街“舞妓さんの舞”』 祇園甲部,宮川町,先斗町,上七軒,祇園東の五つの花街の舞妓による奉納舞踊『京都五花街“舞妓さんの舞”』を実施します。花灯路開催15回目を記念し,例年の八坂神社での舞踊に加え,清水寺でも奉納舞踊を行い [全文を読む]

京都市内最大の繁華街!3分で知る三条・四条まとめ

Walkerplus / 2016年09月23日16時43分

生け花発祥の地「六角堂」、織田信長の供養塔がある「本能寺」、錦市場を見守る「錦天満宮」など、現代的な街並みと昔ながらの建物が見事に調和しているのも京都らしい風景だ。 観光はもちろん、ショッピングや食事など多彩な施設がそろい、歩くだけでも楽しいエリア。京都初心者はもちろん、2度目、3度目に訪れる人も、きっと新しい発見ができるはず。【関西ウォーカー編集部/油井 [全文を読む]

長寿のお祝いのメッセージとともに毎日使える便利グッズを贈ろう! e-denpo 敬老の日限定ギフト電報 本日8月18日(木)から9月6日(火)まで発売

PR TIMES / 2016年08月18日15時23分

お茶のおともに![画像3: http://prtimes.jp/i/15972/9/resize/d15972-9-967635-3.jpg ]あられ彩々蕪村春秋米菓詰合せ 価格:3,000円(税別)古き都の佇まいを残した京都・六角堂前に本店を構える、蕪村庵。 一袋に四季の彩りを表現した米菓です。おでかけの際の強力な助っ人に![画像4: http://pr [全文を読む]

恋愛成就! 京都の縁結び神社10選

マイナビ進学U17 / 2016年08月03日12時01分

また、京都市のほぼ中心に位置する六角堂は聖徳太子が建立したもので、文字通り上空から見ると六角形になっています。本堂前に植えられた柳の下で、嵯峨天皇が美女と恋に落ちたという伝承があります。もし「別れてしまった恋人とヨリを戻したい」とお悩みの場合は、貴船(きふね)神社を参詣しましょう。紫式部、清少納言と並ぶ平安女流作家の一人である和泉式部が、ここをお参りしたこ [全文を読む]

お稚児さんの選び方は?京都通しか知らない「祇園祭」完全ガイド

まぐまぐニュース! / 2016年07月15日14時00分

聖護院門跡の山伏さんたちは、午後1時に六角堂を出発し、浄妙山、北観音山、南観音山、八幡山を巡拝した後役行者山に到着します。午後2時、ホラ貝とシャンシャンという錫杖(しゃくじょう)の音と共に20数名の僧侶と山伏の方たちが到着します。役行者山のご神体に祈祷された後、路上に設けられた護摩壇での護摩焚きが始まります。一行が、注連縄で囲まれた結界の中に入る際、山伏問 [全文を読む]

記念日は「蒲郡クラシックホテル」でロマンティックなフレンチディナーを

IGNITE / 2015年07月30日11時11分

ホテルの庭園は手入れが行き届き、鉄板焼レストラン「ステーキとシーフード 六角堂」、和風建築の料亭「和と洋の会席 竹島」の周囲を散策できる回遊式庭園になっている。 エントランスでハス池の写真を撮っているとロビー玄関のドアがスッと開けられ「ようこそいらっしゃいませ」と出迎えてくれる。ロビーは一部吹き抜けでアールデコ様式の装飾に魅了される。 チェックインの際に [全文を読む]

京都清水寺・森清範貫主によるご揮毫(きごう)と法話ではじまる 西国三十三所観音霊場を一日で満願 「お砂踏み」 inさかえ 2015年7月29日(水)から8月3日(月)まで 名古屋栄三越にて 東海地方 初開催!

@Press / 2015年07月02日17時15分

■今回のお砂踏みのポイント(1)「今年の漢字(R)」【主催・(公財)日本漢字能力検定協会】でお馴染みの世界遺産清水寺・森清範貫主のご揮毫(筆を揮う)を披露の後、ご法話をいただきます*初日7月29日(水)10:30より約30分間、予約が必要となります*ご揮毫の書は名古屋栄三越7階催物会場にて期間中展示します(2)西国三十三所観音霊場の寺院貫主(興福寺・三井寺 [全文を読む]

フォーカス