六角堂のニュース

北陸旅行で訪れたい!地元で定番のお洒落カフェ3選

TABIZINE / 2015年09月10日13時00分

富山のおすすめカフェ:六角堂(ろっかくどう) (C) 六角堂 最初のおすすめは、富山県の「六角堂」です。県の中西部、日本のヴェニスとも呼ばれる射水市新湊(しんみなと)の港町にある美しいカフェで、何気なく踏みしめる床板の一枚一枚にも不思議な味わい深さがあります。 (C) 六角堂 築70年以上の畳屋さんを改築した木造の建物と家具が、優しくゲストを受け入れてく [全文を読む]

地域密着で大手に勝つサザコーヒーの秘密

プレジデントオンライン / 2017年05月12日09時15分

五浦とは県内の北茨城市にある景勝地で、近代日本美術の開拓者として著名な岡倉天心(覚三)が思索のために自ら設計した「六角堂」がある。現在は「茨城大学美術文化研究所六角堂」の名称で同大学が管理するこの建物は、2011年3月11日に発生した東日本大震災後の津波で土台を残して崩壊したが、翌年に再建された。 そうした歴史的場所にちなみ、米国ボストン美術館の館員を務め [全文を読む]

「スイーツ巡礼」でイメージアップ? 西国三十三所の新境地

Jタウンネット / 2017年05月02日07時39分

伝統や格式は守りつつ... 頂法寺六角堂の入口(Yanajin33さん撮影、Wikimedia Commonsより) 西国三十三所が悩む「知名度の低さ」と「参拝者の高齢化」。御朱印ブームではありますが、メインは高齢者の方々......。「若者から注目を集める工夫が必要」と始めた取り組みが、スイーツ巡礼です。昔はお寺の境内や門前にお茶屋さんや休憩所があり、歩 [全文を読む]

京都のかわいいおみくじスポット6選

モデルプレス / 2014年12月31日13時08分

六角堂 素焼きでできた鳩みくじは特に若い女性に人気の「六角堂」。境内には「縁結びの柳」と呼ばれる木があり、本物の鳩がたくさん舞い飛んでいます。 ◆「上賀茂神社」 ユネスコ世界文化遺産に登録されている「上賀茂神社」。かつて神様が降臨する際に馬を走らせたという歴史があり、境内では本物の”神馬”が参拝客をお出迎えしてくれます。 ◆赤山禅院 修学院離宮の近くに [全文を読む]

京都のかわいいおみくじスポット6選

モデルプレス / 2014年12月31日13時08分

六角堂 素焼きでできた鳩みくじは特に若い女性に人気の「六角堂」。境内には「縁結びの柳」と呼ばれる木があり、本物の鳩がたくさん舞い飛んでいます。 ◆「上賀茂神社」 ユネスコ世界文化遺産に登録されている「上賀茂神社」。かつて神様が降臨する際に馬を走らせたという歴史があり、境内では本物の”神馬”が参拝客をお出迎えしてくれます。 ◆赤山禅院 修学院離宮の近くに [全文を読む]

【芸能コラム】「おんな城主 直虎」の脚本家が描くもう一つの戦国 『花戦さ』

エンタメOVO / 2017年06月02日19時32分

京都・六角堂の花僧・池坊専好(初代)が、自ら生けた花で、暴君と化した権力者・豊臣秀吉をいさめたという華道の家元・池坊に伝わる伝説に基づく鬼塚忠の同名小説を映画化。ただし、映画化に当たっては森下が物語を大きく改訂した。換骨奪胎とも言うべき作業を経たその内容を見ていくと、「おんな城主 直虎」にも通じる森下らしさが浮かび上がってくる。 『花戦さ』と「おんな城主 [全文を読む]

聖徳太子が建てた華道の聖地。京都のおへそ「六角堂」を往く

まぐまぐニュース! / 2017年05月19日23時06分

京都のちょうど真ん中、おへその部分に位置する、聖徳太子ゆかりの「六角堂(頂法寺)」。華道の聖地として、また縁結びのご利益がある寺院としてもよく知られています。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者・英学(はなぶさ がく)さんが、この六角堂の多彩な見どころを紹介しています。 京都のおへそ・六角堂 このお寺は京都市中心部四条烏丸から少し上がった(北に [全文を読む]

野村萬斎ら、春の花咲く京都・六角堂でヒット祈願&投げ餅!「身の引き締まる思い」

Movie Walker / 2017年03月27日14時36分

野村萬斎が主演を務める映画『花戦さ』(6月3日公開)の完成奉告イベントが3月27日に京都・六角堂で開催され、野村萬斎、佐藤浩市、森川葵が登壇。映画の舞台ともなった“いけばな発祥の地”でヒット祈願した萬斎が「身の引き締まる思い」と、京都の街の人を前に心境を語った。 本作は、戦国時代を舞台に、京都の町衆である六角堂にいる花僧が、時の権力者である豊臣秀吉の乱心に [全文を読む]

鳩のおみくじが可愛い!京都のおへそ 六角堂

GOTRIP! / 2016年12月09日10時00分

正式名称を「紫雲山頂法寺」という、天台系の単立寺院ですが、そのお堂の形から「六角堂」という通称や「六角さん」という愛称のほうが知られています。 上から見ると、お堂の形がよく分かります。日本では非常に珍しい形ですね。 境内を歩いて回っても1周5分とかからない小さな寺院ですが歴史は古く、聖徳太子が用明天皇2年(587)に創建したと伝えられており、代々華道家元 [全文を読む]

【世界のスタバ】 お寺を望める京都ならではのスターバックス!コンセプトストアを楽しもう

GOTRIP! / 2016年12月07日10時00分

この烏丸六角店の特徴は、京都市の条例により烏丸通りから六角堂が見えるよう、全面ガラス張りになっていること。お店の奥に位置する、「紫雲山頂法寺(しうんざんちょうほうじ)」、通称「六角堂(ろっかくどう)」を眺めながらコーヒーが飲めるんですよ。 開放感のあるガラス張りの店舗はとても気持ちよく、歴史あるお寺とお庭の緑を見ながらのコーヒータイムはいつものスタバには [全文を読む]

フォーカス