刈谷龍太のニュース

古美門もゾッコン?「弁護士が真剣交際したくなる女性」の特徴5個

Menjoy / 2013年10月17日13時10分

では、そんな彼らの心を射止めるのは、一体どのような女性なのでしょうか? 今回は弁護士法人アディーレ法律事務所の現役イケメン弁護士・刈谷龍太先生に“弁護士が真剣にお付き合いしたくなる女性の特徴”についてお話を伺いました。 ■1:癒し系女子 「弁護士は、扱っている仕事の多くが他人間のトラブルなどの争いごとであるため、自宅ではリラックスして過ごしたいと考える人 [全文を読む]

ヘタすると訴えられちゃう!女性が知っておくべき「逆セクハラ」なNG行動4つ

Menjoy / 2013年08月07日12時00分

思わぬところで評判を落とされたり、訴えられたりしないように、今回はアディーレ法律事務所の刈谷龍太弁護士に、逆セクハラとなりかねないNG行動について伺いました。 ※なお、これらはあくまで例示なので、これ以外は絶対大丈夫!ということにはなりません ■1:ボディタッチ “男は女に触られるとそれだけで嬉しい”と思っている方はいませんか? “基本的に嫌ではないはず [全文を読む]

要注意!女性が言うと「逆セクハラ」認定されかねないキワドイ発言5種

WooRis / 2014年08月28日07時30分

さらに、アディーレ法律事務所の刈谷龍太弁護士によれば、“草食系・肉食系”といったラべリングも、厳密には望ましくないとのことです。飲み会などで、多少は恋愛や性的なトークになることもあるでしょうが、もし気まずそうにしている人がいれば、さりげなく話題を変えるのが賢明かもしれません。■3:「●●君っていい身体してる!」褒めるつもりの発言であっても、男性の身体的特徴 [全文を読む]

女のコを酔わせてホテルに連れ込んだら3年以上の懲役もある!

週プレNEWS / 2014年06月29日06時00分

テレビ、雑誌などでもおなじみのイケメン弁護士、同じくグラディアトル法律事務所の刈谷龍太先生が答える。 「気づいたら、女性のほうから能動的に性交を試みていたということですので、合意の下の性行為ということになります。しかし、その女性が後日、『あれは男性に無理にやられた』と訴えてきた場合は、それを覆(くつがえ)すのが非常に難しい。男女がベッドを共にした場合、ど [全文を読む]

弁護士が警告…社内恋愛“口説き”と“セクハラ”の境界線

WEB女性自身 / 2013年11月22日07時00分

『本当は行きたくなかったけど断れなかった』と言われたら、それを覆していくことは難しいです」(弁護士法人アディーレ法律事務所・刈谷龍太弁護士) 上司側から誘うとのちにトラブルに発展する可能性が。ただし、相手から誘ってくれば状況は変わってくる。「『相談があるので、サシで飲んでくれませんか』となれば、証拠としてメールも残っているでしょうし、飲みに行くこと自体は問 [全文を読む]

罪の意識ないからやっかい…「女性同士のセクハラ」撃退法

WEB女性自身 / 2013年11月11日07時00分

お気持ちはわかりますが、すぐに訴訟を起こしても、必ず勝てる保証はありません」 そう話すのは、労働問題に詳しい刈谷龍太弁護士(アディーレ法律事務所)。刈谷弁護士は、訴訟より、まずは本人に「やめてください」と忠告してみることを。あるいは正義感の強い同僚や先輩を味方にして対抗することを勧める。また、仲間がいない場合には、会社の相談窓口を訪ねるのも有効な手段だとい [全文を読む]

セクハラ訴訟避ける術 女性部下と2人にならず味方作ること

NEWSポストセブン / 2013年10月25日07時00分

だから、 「信頼できる人を1人だけ立ち会わせるのがいいでしょう」(アディーレ法律事務所の刈谷龍太弁護士) もうひとつの教訓は「日頃から味方をつくっておく」ことだ。A氏のケースでは、居合わせた他の社員たちが「A氏にセクハラの意図はない」と援護射撃してくれたことが大きかった。 「裁判の場合、お互いに証人を出してくることもある。職場で孤立しているような人は不利に [全文を読む]

素肌Yシャツの男性社員に「乳首透けるの嫌」とセクハラ訴え

NEWSポストセブン / 2013年10月23日07時00分

一方、環境型は男性側の言動によって女性側の就業環境が害されるものを言います」(アディーレ法律事務所の刈谷龍太弁護士) 環境型セクハラでは本人に自覚がないことが多い。ワイシャツを直接素肌に着ていることが理由で訴えられたのは、大手代理店に勤務するA氏である。 「ある女性社員に『ワイシャツから乳首が透けて見えるのがとても嫌』と会社にセクハラで訴えられたんです。 [全文を読む]

JKリフレ逮捕・摘発でも過激化必至な“女子高生フーゾク”の今後

週プレNEWS / 2013年02月07日17時00分

ここでは、「18歳未満の者の性的好奇心をあおり、未成年の生育に悪影響を及ぼす業務(特殊の遊興的接客業における業務)に就くことを禁じている」(アディーレ法律事務所所属の刈谷龍太弁護士)というから、摘発は時間の問題だったのだろう。 現在、都内には約80店ほどのJKリフレがあるとされているが、一斉摘発の後はかなりの店が営業を自粛している。違法のJKリフレ店はこの [全文を読む]

フォーカス