前川英章のニュース

BAGUSに“ガンツ玉”出現!?VR THEATER「GANTZ:O_VR」3Dバージョンで登場!新宿店、池袋店で「TELEPOD」(ガンツ玉)設置

PR TIMES / 2016年12月13日19時20分

本編映画でも監督を務めた川村泰が監修、「青鬼ver.2.0」の前川英章が監督したGANTZ濃度300%の衝撃体験間違いなし!のVRコンテンツです。累計発行部数2,100万部を突破した奥浩哉氏によるコミック「GANTZ」。その中でも特に人気の「大阪編」をお楽しみいただけます。■「VR THEATER」公式サイトhttp://www.interpia.ne.j [全文を読む]

「CanCam」久松郁実、監督と“デキてる”?

モデルプレス / 2015年07月04日15時49分

4日、映画『青鬼 ver.2.0』の初日舞台挨拶が都内で行われ、主演の中川大志らキャスト陣、前川英章監督が集結。「松島(庄汰)くんやタモト(清嵐)くんの、(平)祐奈ちゃんに対するメロメロ度がすごかった」と不満をこぼした久松だったが、「でも私は監督に“いくみん”っ呼ばれていたので良かったです(笑)」と茶目っ気たっぷり。キャストから「(監督と)デキているの?」 [全文を読む]

平祐奈、姉・平愛梨とのエピソード紹介 得意のダジャレも連発

モデルプレス / 2015年07月04日15時13分

このほかイベントには中川大志、松島庄汰、久松郁実、勧修寺玲旺、タモト清嵐、前川英章監督も出席した。(modelpress編集部) [全文を読む]

中川大志を共演者&監督が絶賛 作品のPRはスベり気味?

モデルプレス / 2015年07月04日14時44分

撮影していない時も何か考えながら集中していました」と絶賛し、前川英章監督も「自分の出番じゃない時も現場にきてモニターをのぞいていた。さすがだなと思いました」と頷いていた。 ◆「怖いものが得意ではない」 同作は、関連動画の視聴回数が6000万超を誇る人気フリーホラーゲームを原作にしたホラー映画。怪物が現れると噂される屋敷に閉じ込められ、ブルーベリー色の巨人に [全文を読む]

平祐奈、姉・平愛梨ネタとダジャレで観客の心を鷲づかみ

Movie Walker / 2015年07月04日14時04分

中川大志、平祐奈、松島庄汰、久松郁実、勧修寺玲旺、タモト清嵐、前川英章監督、青鬼(着ぐるみ)が登壇した。 中川は本作で初主演を務めた。「主演ということで、プレッシャーはもちろんあったんですが、台本をいただいた時、この世界観に入れるというワクワク感があって、すごく楽しみでした。VFXのある撮影で、すごく楽しい現場ですごく良い経験になりました」と手応えをにじま [全文を読む]

平祐奈、姉・平愛梨とのやりとりを紹介 ダジャレで会場沸かす

モデルプレス / 2015年06月19日21時20分

このほか、同舞台挨拶には松島庄汰、勧修寺玲旺、タモト清嵐、前川英章監督も登壇した。(modelpress編集部) [全文を読む]

【速報】平祐奈、姉・平愛梨とのエピソードを暴露「お姉ちゃんが突然お風呂に入ってきて…」

Woman Insight / 2015年06月19日20時52分

6月19日、東京・秋葉原にて『青鬼 ver.2.0』の絶叫完成披露試写会が行われ、ヒロインの平祐奈さんをはじめ、松島庄汰さん、久松郁実さん、勧修寺玲旺さん、タモト清嵐さん、そして前川英章監督と、主演の中川大志さんは残念ながら登壇することができなかったのですが、中川さん以外のメインキャスト&監督が集結しました! キャスト陣も、ここ最近試写を観る機会があったよ [全文を読む]

中川大志、人気ホラー作品で映画初主演 コメント到着

モデルプレス / 2015年02月03日12時00分

本作を手がける前川英章監督は「本作は、part2ではなくver.2.0。つまり続編ではなく、バージョンアップです。今度はフワッティーも参戦し、膨れ上がった恐怖に、ひろしたちはどう立ち向かうのか。一新したキャストにもご期待ください」とメッセージを送った。(modelpress編集部) [全文を読む]

『青鬼 ver.2.0』主人公は映画初主演の中川大志

Movie Walker / 2015年02月03日12時00分

メガホンをとるのは前川英章監督。「本作は、part2ではなくver.2.0。つまり続編ではなく、バージョンアップです。今度はフワッティーも参戦し、膨れ上がった恐怖に、ひろしたちはどう立ち向かうのか。一新したキャストにも期待ください」とコメントを寄せた。 ほか、ファッション誌「CanCam」専属モデルの久松郁実、ジュノンボーイコンテストでファイナリストとな [全文を読む]

フォーカス