前泊博盛のニュース

日米地位協定3条1項 日本の法律より米の都合優先を意味

NEWSポストセブン / 2016年05月31日07時00分

1960年の日米安保条約締結と同時に交わされた現在の日米地位協定(前身は1952年の日米行政協定)について、在日米軍基地問題に詳しい沖縄国際大学教授の前泊博盛氏が解説する。 「在日米軍の地位と権利を定めたのが地位協定です。米軍人・軍属の公務中の事件や事故については日本の法律は適用されず、米軍法の裁判権が適用されるという“不平等条約”の側面がある。米兵たち [全文を読む]

ニコニコドキュメンタリーで沖縄基地問題を特集

ITライフハック / 2016年04月20日15時00分

出演者 :ジャン・ユンカーマン(映画監督)、神保哲生(ビデオ・ジャーナリスト)前泊博盛(沖縄国際大学教授)、堀潤(司会、ジャーナリスト)■ニコニコドキュメンタリー公式サイト■ITライフハック■ITライフハック Twitter■ITライフハック Facebook■niconicoに関連した記事を読む・東方ProjectプロデューサーZUN氏が超会議で提供する [全文を読む]

USJが沖縄に進出できない本当の理由とは…?

週プレNEWS / 2016年03月12日06時00分

USJ沖縄は頓挫(とんざ)すると昨年夏から指摘していた沖縄国際大学大学院の前泊博盛(まえどまり・ひろもり)教授が言う。 「そもそも最初から経営合理性の裏づけが全くない構想でした。USJのような巨大テーマパークは、沖縄を訪れる観光客が年間1千万から2千万人いないと経営的に成り立たない。ところが現在の年間観光客は700万人に過ぎない。どう考えても計算が合いませ [全文を読む]

米軍機が日本で事故起こしたら米は警視総監の立ち入り拒否可

NEWSポストセブン / 2013年04月11日16時00分

【書籍紹介】『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』前泊博盛 編著/創元社/1575円 仮に米軍の軍用機オスプレイが東京大学に墜落したら〈米兵は正門や赤門を封鎖して、警視総監の立ち入りを拒否することができます〉──。 両国の従属関係を示すともいえる「日米地位協定」について、Q&A形式で17項目に分けてわかりやすく解説した、「戦後再発見」シリーズ第2弾。 [全文を読む]

ジャーナリスト・吉田敏浩と元外務省・孫崎享が激論!「“日米不平等協定”は見直せるのか?」

週プレNEWS / 2012年11月13日13時00分

沖縄の県民総所得における基地関連収入が、かつての20%から今は5%台しかないという沖縄国際大学教授の前泊博盛(まえどまりひろもり)さんの指摘も、ここに付け加えておきたいですね。 吉田 かつて基地があった那覇新都心や北谷(ちゃたん)町の跡地に商業施設ができると、雇用も増え、経済も回っているという実例もあります。 ■水面下で進行する「日米軍事一体化」 ―では、 [全文を読む]

フォーカス