加瀬秀樹のニュース

加瀬秀樹が32位、井戸木鴻樹64位に後退!

ParOn.(パーオン) / 2014年09月21日15時53分

初日3アンダーの28位タイで回った加瀬秀樹は、1、2番と連続バーディを奪い、幸先のいいスタートを切った。その後はパープレーが続き、前半最後の9番で再びバーディ奪取し、スコアを3つ伸ばして通算6アンダーで折り返した。 後半に入り、さらにスコアを伸ばしたい加瀬は、10番でボギーといきなりつまずいたが、その後は立て直し、3連続パーの後の14番でバーディを奪い、 [全文を読む]

加瀬秀樹28位、井戸木鴻樹が63位発進!

ParOn.(パーオン) / 2014年09月20日14時17分

まずは、初日28位タイだった加瀬秀樹。11時50分のインからスタートし、11番でボギーをたたくものの、14番でバーディを奪い、前半はイープンパーだった。 ところが、後半に入っていきなり1番でバーディを奪ウト、4番はボギーだったものの、6番からバーディラッシュが始まり、8番のパープレーを除き、すべてバーディを奪取した。最終的に3アンダーの28位タイで初日を終 [全文を読む]

加瀬秀樹が逆転優勝! スーパーシニアは中島弘二が優勝

ParOn.(パーオン) / 2014年06月29日21時53分

初日、2日目に続きバーディ合戦となった大会を制したのは、最終18番でバーディを奪い、2位に1打差の通算17アンダーとした加瀬秀樹(54歳)だった。 首位に1打差の2位からスタートした加瀬は、6バーディ、1ボギーの67で回り、5つ伸ばして通算17アンダーで逆転優勝。2010年日本プロゴルフシニア選手権大会以来の通算2勝目を挙げた。 2日目首位の中根初男は通算 [全文を読む]

室田淳が首位浮上! 水巻善典が2打差の2位に

ParOn.(パーオン) / 2013年11月02日16時55分

トップと5打差の4位に加瀬秀樹がつけている。 イーブンパーの10位タイでスタートした尾崎直道は、前半から二つバーディを沈めて浮上するも後半崩れてこの日もイーブンパー。12位タイに後退している。主な選手のコメント水巻善典(1イーグル、3バーディ、2ボギー、69、通算8アンダー、2位)「今日はショットが悪くて、長い距離を2パットでしのぐことが多かった。自分自身 [全文を読む]

室田淳と水巻善典が首位タイ発進!

ParOn.(パーオン) / 2013年10月31日17時50分

2打差の3位タイには加瀬秀樹、尾崎直道、そして欧州シニアツアーから2年連続で参戦しているバリー・レーンがつけている。主な選手のコメント加瀬秀樹(6バーディ、2ボギー、68、4アンダー、3位タイ)「最後(9番)のボギーがちょっと痛かったけれど、出だしホールからいいスタートを切れたのでよかった。インコースのドッグレッグはショートカットできないので、刻んでいく [全文を読む]

松山英樹!ぶっちぎりの完全優勝!『三井住友VISA太平洋マスターズ2016』最終日の模様を、ゴルフワールドカップ開幕直前!11/23(水)にCS放送・TBSチャンネル2で緊急放送!

PR TIMES / 2016年11月21日14時54分

TBSチャンネル2では、開幕前夜の11月23日(木)午後7時40分から「2016三井住友VISA太平洋マスターズゴルフ」の最終日と、アメリカ4大メジャー「マスターズゴルフ2016」で日本人初の優勝まであと一歩に迫った松山に密着した特別番組を2番組続けて放送!どうぞお楽しみに!----------------------------------------- [全文を読む]

ゴルフシニアプロが結成したバンド 活動場所はツアー前夜祭

NEWSポストセブン / 2016年01月18日07時00分

ギターを初めて2年という奥田プロをはじめ、加瀬秀樹プロ(ボーカル)、芹澤信雄プロ(ウインドチャイム)、高松厚プロ(ドラム)、中西信正プロ(ギター)、高見和宏プロ(ボーカル&MC)など、1959年と1960年生まれのシニアプロを中心にして、昨年春に結成されたバンドが『ゴクロー(5960)サンズ』だ。 活動場所は主にプロゴルフシニアツアーの前夜祭。プロアマの [全文を読む]

アンカリング禁止まであと1年で、減ってきた長尺パター使用者

ParOn.(パーオン) / 2014年12月16日07時00分

加瀬秀樹ら複数のプロも同様にパターを替えているほか、芹澤信雄やブレンダン・ジョーンズのように通常の長さのパターに戻すプロ、水巻善典のように通常の長さに戻したものの、実戦投入に時間がかかっているプロなど、それぞれに苦慮しているようだ。 そもそも長尺・中尺パターによるアンカリングが支持されてきた理由は、前かがみにならないので腰痛にいい、シンプルに反復動作ができ [全文を読む]

倉本昌弘は50位タイに後退 室田淳、飯合肇らが1打差2位タイに浮上!

ParOn.(パーオン) / 2014年11月07日16時28分

1打差の通算7アンダーで2位タイに、昨年のシニア賞金王・室田淳と、2009年の大会覇者・飯合肇、さらに比嘉勉、清水洋一、ブーンチュ・ルアンキット(タイ)の5人がつけており、通算6アンダーの7位タイに、加瀬秀樹、金鍾徳(韓国)、アンソニー・ギリガン(オーストラリア)の3人が追走している。 また、尾崎直道、井戸木鴻樹は、通算3アンダーの14位タイ、羽川豊、渡 [全文を読む]

加瀬は29位、井戸木が58位、優勝はP・ゴイドス

ParOn.(パーオン) / 2014年09月22日15時57分

パシフィックリンクスハワイ選手権(9月19~21日、米国ハワイ州・カポレイGC、7001ヤード、パー72) ともに3アンダーでフィニッシュ! 最終日、通算7ンダーの32位タイでスタートした加瀬秀樹は前半2バーディ、後半を2バーディ、1ボギーで回り、トータル10アンダーの29位タイで大会を終えた。 一方、通算2アンダーの64位タイで最終ラウンドを迎えた井戸木 [全文を読む]

フォーカス