加納朋子のニュース

思わず共感!働くママなら納得の「PTA役員あるある」名言4つ

BizLady / 2015年04月29日16時00分

今回は、バリバリ働くママが主人公のPTAを題材とした、加納朋子さんの小説『七人の敵がいる』(集英社)を紹介。小学生の働くママなら思わず「あるある!」とうなってしまう、4つの名言をお届けしよう。 「今年は役員になってしまった……」と不安に思っているママも、「今年は役が回ってこなくてすんだ!」とホッとしてるママも、今後のためにチェックしておこう。 ■役員への [全文を読む]

新垣結衣、新境地で魅せる新たな表情 監督・共演者の絶賛の声

モデルプレス / 2014年10月16日05時00分

同作はファンタジーとミステリーが融合した全く新しい物語として話題となった加納朋子の小説「ささら さや」(幻冬舎文庫)を映画化。愛する夫を事故で亡くした悲しみを乗り越え、子育てに奮闘しながら、やがて強い母親に成長する過程を演じ、演技派としての新境地に挑んだ。 ◆初の母親 監督が女優・新垣結衣を絶賛 自身のキャリア初となる母親役に挑戦した新垣だが、深川栄洋監督 [全文を読む]

新垣結衣、女優としての新境地に挑戦

モデルプレス / 2014年04月22日06時00分

本作はファンタジーとミステリーが融合した全く新しい物語として話題となった加納朋子の小説「ささら さや」(幻冬舎文庫)を映画化したもの。 「恋空」「ハナミズキ」など数々の映画やドラマで正統派ヒロインを演じてきた新垣が、不幸を乗り越え、子育てに奮闘しながら、やがて強い母親に成長する過程を演じ、演技派としての新境地に挑む。 そして、人に乗り移って妻を助ける亡き夫 [全文を読む]

4/1より、「みんなここから始まった! 処女作フェア」開催! 恩田陸先生など人気作家のサイン本の抽選販売も!

DreamNews / 2017年03月28日17時00分

【サイン本一覧】(順不同)誉田哲也 「幸せの条件」 (中公文庫) 堂場瞬一 「見えざる貌」 (中公文庫) 誉田哲也 「歌舞伎町ダムド」 (中公文庫) 今野敏 「任侠書房」 (中公文庫) 似鳥鶏 「理由あって冬に出る」 (創元推理文庫)加納朋子 「ななつのこ」 (創元推理文庫)貫井徳郎 「慟哭」 (創元推理文庫) 恩田陸 「錆びた太陽」 (朝日新聞出版) 篠 [全文を読む]

新垣結衣、“息子”の成長に感激「いつまでも見守っていきたい」

モデルプレス / 2014年11月08日12時54分

◆一番会いたい人は? 原作はファンタジーとミステリーを融合した物語として話題になった加納朋子氏の名作小説「ささら さや」。不思議な町・ささらを舞台に、夫を事故で亡くしたサヤ(新垣)とそんなサヤが心配で成仏できない夫・ユウタロウ(大泉)との夫婦愛を描く。 作品にちなんで今一番会いたい人を聞かれると、新垣は「おじいちゃん、おばあちゃん」を挙げ「小さい頃から離 [全文を読む]

藤本美貴、夫婦円満の秘訣&結婚して良かったこと明かす

モデルプレス / 2014年11月03日17時56分

作家・加納朋子による原作を、映画『半分の月が上る空』『神様のカルテ』が新垣結衣、大泉洋の共演で映画化。不思議な町・ささらを舞台に、夫を事故で亡くしたサヤ(新垣)とそんなサヤが心配で成仏できない夫・ユウタロウ(大泉)との夫婦愛を描く。映画『トワイライト ささらさや』は11月8日より、全国公開。(modelpress編集部) [全文を読む]

新垣結衣、観客の対応に感激しきり

モデルプレス / 2014年10月28日21時53分

同作は、加納朋子の小説「ささら さや」(幻冬舎文庫)を映画化。愛する夫を事故で亡くした悲しみを乗り越え、子育てに奮闘しながら、やがて強い母親に成長する過程を描き、今作で新垣は自身初となる母親役に挑戦した。(modelpress編集部) [全文を読む]

新垣結衣、意外なプライベートに観客驚き

モデルプレス / 2014年10月28日19時35分

同作は、加納朋子の小説「ささら さや」(幻冬舎文庫)を映画化。愛する夫・ユウタロウ(大泉)を事故で亡くした悲しみを乗り越え、子育てに奮闘しながら、やがて強い母親に成長する過程を描き、今作で新垣は自身初となる母親役に挑戦した。 ◆初の妻・母親役 自身初の母親役ならびに妻役について、新垣は「学生服の新垣結衣のほうがイメージしやすいように思います。なのでちゃん [全文を読む]

新垣結衣主演映画、“1分間の喜劇”を展開

モデルプレス / 2014年10月22日16時33分

映画「トワイライト ささらさや」はファンタジーとミステリーが融合した全く新しい物語として話題となった加納朋子の小説「ささら さや」(幻冬舎文庫)を映画化。新垣演じるサヤが愛する夫・ユウタロウ(大泉洋)を事故で亡くした悲しみを乗り越え、子育てに奮闘しながら、やがて強い母親に成長する過程を描く。 ◆「勇者ヨシヒコ」シリーズで知られる福田雄一が手がけるショート [全文を読む]

新垣結衣を赤面させた「夫役・大泉洋の“ラブシーン暴露”」

WEB女性自身 / 2014年06月12日16時00分

この映画は、加納朋子の小説『ささら さや』が原作。新垣結衣(25)が演じるのは突然の事故で夫を失った女性・サヤ。彼女と、生まれたばかりの息子を助けるために、様々な人の体を借りて二人の前に現れる大泉洋(41)が演じる夫・ユウタロウが起こす、ユーモラスで切ない奇跡を描いたものだ。「出演者挨拶のトップバッターは、新垣さんでした。彼女は既に酔っていたのか、ものす [全文を読む]

フォーカス