加藤敬二のニュース

劇団四季60周年舞台構成・振付の加藤敬二は「修行」が特別

NEWSポストセブン / 2013年11月12日07時00分

本作の構成・振付・演出をしているのが、加藤敬二。全7作となった“ソング&ダンス”シリーズは、彼なくしては語れない。 加藤の舞台を観た誰もが、このダンサーだけは生まれつき特別なのだ、と思う。脚はぐわ~んとしなるように上がる。ジャンプすると上空でしばらく静止しているように見える…。 「手品師ってお客さまを驚かせるのが商売で、悪くいえば人をだますことが仕事。で [全文を読む]

「美の巨人たち」でキャッツ特集、ある絵の謎に迫る!

Smartザテレビジョン / 2016年10月19日19時00分

草刈民代や劇団四季の振付師・加藤敬二が番組内のインタビューに応じている。 試写会では、栗本宏プロデューサーが「ミュージカルという総合芸術を、ハインデルという画家はどのような視点でどのように切り取り描いているのか、ご注目ください」と今回の番組の見どころを説明。 また、栗本Pは司会の繁田美貴アナからの「どのように800回の放送を続けて来たのか?」という質問に「 [全文を読む]

劇団四季「エルコスの祈り」自由劇場で初上演!

Smartザテレビジョン / 2015年12月04日23時15分

これまでも衣装や装置がイタリア人デザイナーによってカラフルに幻想的に、そして振り付けは加藤敬二によって躍動感を増すなど、度々リニューアルが行われ、親しまれてきたこの作品。劇団四季のクリエーティブ力が最大限に発揮された、オリジナルミュージカルの名作といえる。 [全文を読む]

30周年の劇団四季キャッツ 猫以上に猫らしい表現求められる

NEWSポストセブン / 2014年01月24日16時00分

いつもとまた違う、親心のような温かい雰囲気があって、猫たちもいい舞台ができたように思います」 うれしそうに話すのは振付を担当している加藤敬二。ストイックな彼が珍しく興奮している。加藤は『キャッツ』に魅せられ、この世界に入り、長らく演じてきた。 「30年前の作品、ではないのです。今日は今日の『キャッツ』。動きも表現力も進化しています。人生の幸せとは何か、それ [全文を読む]

『劇団四季ソング&ダンス 60 ようこそ劇場へ』開幕

WEB女性自身 / 2013年10月13日00時00分

構成・演出・振付を手掛けたのは劇団四季のトップダンサー・加藤敬二。開幕によせて次のようにコメントしている(一部抜粋)。 「四季が過ごしてきた時の流れと重みを感じながら、日々、創作に励んできました。この舞台を通して、お客様への感謝の気持ちをお伝えしたい。そしてこの舞台から『明日を生きる力』を感じていただけたらと願ってやみません」※写真は最終通し稽古のもの。 [全文を読む]

劇団四季 加藤敬二が語る60周年の“おもてなし”舞台

WEB女性自身 / 2013年09月30日00時00分

9月26日、四季芸術センター(横浜市青葉区あざみ野)にて、『劇団四季ソング&ダンス60ようこそ劇場へ』の稽古場見学取材会が行われ、終了後、構成、振付、演出を担当する劇団四季のトップダンサー・加藤敬二が取材に応じた。同作は、劇団四季のミュージカルのナンバーをオリジナルの演出で再構成する、歌とダンスのショー形式のステージ『劇団四季ソング&ダンス』シリーズの最新 [全文を読む]

フォーカス