吉元由美のニュース

安倍なつみがニューアルバム収録曲「光へ」のMVを公開

okmusic UP's / 2014年10月03日14時00分

アルバムタイトルにもなったこの曲の作詞は、杏里、中山美穂、平原綾香らに詞を提供してきた吉元由美氏が担当している。 本日10月3日(金)に公開された「光へ」のMVは、8月上旬に武蔵野音楽大学バッハザール(入間キャンパス)で収録された。パイプオルガンをバックに力強く歌唱する姿が、安倍なつみの新たなスタートを強く印象付ける。アルバム『光へ -classical [全文を読む]

安倍なつみコットンクラブでリリース記念ライヴが決定

dwango.jp news / 2014年09月19日19時03分

【収録曲】M 1:S tand A lone~N H Kスペシャルドラマ「坂の上の雲」より(小山薰堂・作詞/久石譲・作曲)M 2:ローズ(吉元由美・訳詞/アマンダ・マクブルーム・作曲)M 3:夢やぶれて ~ミュージカル「レ・ミゼラブル」より(岩谷時子・訳詞/クロード・シェーンベルク・作曲)M 4:カーネーション~N H K連続テレビ小説「カーネーション」よ [全文を読む]

安倍なつみ、クラシカル・クロスオーヴァーアルバムの記者発表で生歌披露!

okmusic UP's / 2014年09月19日15時30分

■「光へ -Classical &C rossover-」特設サイトhttp://columbia.jp/abenatsumi/■アルバム『光へ -Classical & Crossover-』2014年10月22日発売【初回限定盤】(CD+DVD)COZQ-974/975/¥3,500+税 【通常盤】(CD)COCQ -85097/¥2,800+税 <収 [全文を読む]

現代女性に贈る自己啓発本『美醜の境界線』7月25日、河出書房新社より発売!~「言葉の伝道師」作詞家/作家 吉元由美が美しく生きる方法を説く~

@Press / 2014年07月25日16時30分

有限会社吉元由美事務所は、1984年に作詞家としてデビューし、今年30周年を迎えた吉元由美の最新刊『美醜の境界線』を2014年7月25日に河出書房新社より発売いたしました。全国書店及び書籍通販サイトにて販売しております。詳細URL: http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309246666/■「美醜」~何を美しいと思い、何 [全文を読む]

「言葉遣いそのものが人生を創っている」 作詞家・吉元由美さんに聞く、美しい日本語がもたらす清らかな未来

ウートピ / 2014年07月25日15時00分

>>【前編】“やばい”は江戸時代のドロボウの隠語 作詞家・吉元由美さんに聞く、大人の女性が使うべき「美しい日本語」メール、ブログ、SNS、人様の前に出す文章は、音読して心の中で精査――ビジネス、プライベートのメールで使う言葉について、20代30代の女性が注意しておくべきことは何でしょうか?吉元:一度出したら、取り返しがつかないのがメールです。送信ボタンを押 [全文を読む]

“やばい”は江戸時代のドロボウの隠語 作詞家・吉元由美さんに聞く、大人の女性が使うべき「美しい日本語」

ウートピ / 2014年07月25日12時00分

「使われなくなった日本語にこそ、失われた精神がある」と警笛を鳴らすのは、人気作詞家の吉元由美さんだ。今回は、我が国随一の言葉の専門家に、私たち女性が見直すべき「美しい日本語」の使い方についてご教授いただいた。心を込めて手渡す。それが「美しい日本語」の基本――吉元さんが考える「美しい日本語」とはどんな言葉でしょうか?吉元由美さん(以下、吉元):まず「投げない [全文を読む]

新妻聖子「カラオケ王No.1決定戦」前人未到の100点満点で3連覇

dwango.jp news / 2016年10月03日00時22分

この名曲の、吉元由美による日本語訳詞ヴァージョン『この祈り ~The Prayer~』を、今回は、全編ソロで、唯一無二の表現力で歌い上げている。カップリング曲には、テレビ出演時の紹介ビデオや、ミュージカルでお馴染みのナンバー『Man Of La Mancha』(ラ・マンチャの男)。ボーナス・トラックとしてJDL本人出演CM楽曲のアコースティック版、『自由の [全文を読む]

仕事がハードでも!「アラサーから出会いを引き寄せる」ハッピー習慣

BizLady / 2016年02月02日18時00分

そこで今回は、エッセイストである吉元由美氏の著書『いつも、彼女が好かれる理由』をひも解きつつ、“アラサーから出会いを引き寄せるハッピー習慣”についてご紹介します。■いつも心をオープンに!出会いを引き寄せるにはやはり、相手に対して心が開けていることが大切です。当たり障りのない会話しかできないのは、チャンスを逃しているだけ。<本音を言ってくれる人は人を安心させ [全文を読む]

信濃町で“あの懐かしい”ミュージシャンが夢の競演

Walkerplus / 2015年08月22日07時00分

立川直樹と、平原綾香のデビュー曲「Jupiter」をはじめ多くの楽曲の作詞を手掛けた吉元由美がナビゲーターとなり、1980年のジョン・レノンの死が与えた影響から、ニューミュージックの台頭、ミリオンヒットが多発した90年代までを、映像などを交えて各々の時代の音楽を紹介する。 ゲストにはフュージョンバンド“The Square”(現T-Square)でキーボ [全文を読む]

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』EDテーマに平原綾香がフィーチャリングボーカルとして参加

okmusic UP's / 2014年12月02日10時00分

タイトルに関しては、作詞の吉元由美が「日本古代の“やまと”と呼ばれていた頃の、みんなと調和して分け合いながら生きて来た精神性がこの時代に大事なんじゃないかと思い“大和”と書いて偉“大”な調“和”=Great Harmonyに決め、この大きな調和で繋がっていくことが私たちにとって大事だという思いを込めた」とコメントしている。なお「Great Harmony [全文を読む]

フォーカス