吉原毅のニュース

簡単な手続き可能に…“認知症サポート口座”の仕組み

WEB女性自身 / 2017年03月29日06時00分

「認知症になった父の預金を、いずれは自分たちが相続する財産だと子どもが好き勝手に使い込んでしまう、というケースは最近よくあるんです」 そう嘆くのは、城南信用金庫の吉原毅相談役。 4人に1人が高齢者 の日本は、高齢者の資産を、親族や弁護士など第三者が管理するケースが増加している。認知症で判断能力を失った高齢者の財産を、本人以外で管理できるのは「成年後見制度」 [全文を読む]

追い詰められた城南信金 業界再編の台風の目に

経済界 / 2017年02月20日10時00分

そこに突然発生したのが、企画エリート役員、吉原毅氏による実質的なクーデターだった。吉原氏は、真壁、宮田両氏の下で企画部門を支えてきた人物だったが、10年、宮田氏、さらにその後に理事長に就任した深澤浩二氏などを一掃し、自らが理事長に就任した。 吉原氏は理事長・会長の任期制を導入し、さらには60歳定年制まで敷いて、若返りとともに、過去の経営陣の影響力を遮断し [全文を読む]

【生活クラブ埼玉】再生可能エネルギーフォーラム『埼玉の電気はおひさまと森で』を開催―城南信用金庫 吉原理事長と共に―

PR TIMES / 2014年03月13日09時27分

その口火に、金融機関として脱原発を推進する城南信用金庫の吉原毅理事長、市民目線で脱原発活動に取組んできた前参議院議員、大河原雅子さんを招き、フォーラムを開催します。 再生可能エネルギーフォーラム『埼玉の電気はおひさまと森で』 ―城南信用金庫 吉原理事長と共に― 日時:2014年3月16日(日) 13:30~15:30 会場:埼玉大学 教育学部C棟1教室 [全文を読む]

「脱東電」で電力自由化の信金 電気代約5.5%安くなる見込み

NEWSポストセブン / 2012年01月30日07時00分

吉原毅理事長に“脱東電”の試みと、コスト削減効果をジャーナリストの小泉深氏が聞いた。 * * * ――切り替えに伴って、東電や財界からの圧力はありませんでしたか。 吉原:ありませんでした。もしあったら、大問題ですけどね。むしろ、会見で東京電力との訣別を発表したことで、顧客である個人のお客様や取引先企業をはじめ、多くの方から応援の声をいただきました。 ――単 [全文を読む]

「脱東電」敢行の信金 東電の電気なくてもPC使え何も変化なし

NEWSポストセブン / 2012年01月29日16時00分

「脱原発実現への説得力を高めるために、この動きを社会に広めていきたい」と語る吉原毅理事長に“脱東電”の試みをジャーナリストの小泉深氏が聞いた。 * * * ――「電力会社を切り替える」というのは、実際にはどういうことですか。 吉原:特定規模電気事業者、われわれの場合はエネットに連絡をし、前年度の電力使用状況などの書類を提出し、必要に応じて調査に立ち会い、東 [全文を読む]

フォーカス