吉村和郎のニュース

日本柔道、無能・篠原前監督の「精神論押し付け」で崩壊から奇跡の復活!井上康生の神指導

Business Journal / 2016年08月19日07時00分

13年には女子の園田隆二監督が選手15人から暴力問題を告発されるパワハラ騒動が勃発して辞任に追い込まれた上、吉村和郎強化委員長は助成金の不正流用疑惑が発覚して退任するなど、全日本柔道連盟の不祥事が続いた。 さらに、15年1月には柔道界の精神的支柱だった斉藤仁が死去、引退して参議院議員となっていた谷亮子氏は12年と15年に二度も不倫疑惑を報じられるなど、日本 [全文を読む]

全柔連の現役幹部「今の幹部の関心は地位とカネと名誉だけ」

NEWSポストセブン / 2013年04月03日07時00分

強化委員会は、前委員長の吉村和郎・前強化担当理事を含め、上村会長が任命していました。そもそも、上村会長はこの1月までJOCの強化本部長として助成受給者の審査にあたっていた。見抜けなかったでは済みません。 それら不正受給の情報は非主流派の東海大閥から流れたといわれています。佐藤宣践副会長周辺にルートがあるスポーツ紙がスクープしたからです。 騒動で指導者の助 [全文を読む]

男子柔道篠原信一監督 史上初の屈辱「金ゼロ」に「辞めろ」コール 「平岡・海老沼のメダル表彰式も見ずに帰った」

アサ芸プラス / 2012年09月03日10時59分

「金メダルを獲得することができないとわかるや、篠原監督と全柔連の吉村和郎強化委員長(61)は何も話すことはないという様子で宿舎に引き揚げていました。銀や銅を獲得した各選手たちが試合を終え表彰台に上がるにもかかわらず、それを見ることすら拒否したんです」 篠原監督といえば、2000年のシドニー五輪で“世紀の大誤審”によって銀メダルに終わった苦い経験を持ってい [全文を読む]

男子柔道五輪惨敗で篠原監督の後任候補に吉田秀彦氏の名前

NEWSポストセブン / 2012年08月20日07時00分

全日本柔道連盟の吉村和郎・強化委員長は篠原監督について、「この経験を踏まえてあと1期やるほうがいい」と早々と続投させる見解を表明した。当の篠原監督は、「(惨敗は)私の責任。(進退については)上が決めること」と語っている。 確かに30代後半という若さから、選手の指導には苦労していたという。 「ベテランと若手、重量級と軽量級といった区別をせず、同じようにハード [全文を読む]

柔道・篠原信一監督「へらへら笑い平岡の銀茶化す」との証言

NEWSポストセブン / 2012年08月06日16時00分

大会初日に平岡拓晃が表彰台に上がったそのとき、男子監督の篠原信一および全日本柔道連盟(以下、全柔連)強化委員長の吉村和郎の姿は、会場にはなかった。60キロ級決勝で敗れた平岡に対し、健闘をたたえる言葉をかけることなく、彼らは帰路についていたのだ。 これは平岡に限った話ではない。大会期間中、全柔連の首脳陣は日本選手が敗れ去ると、表彰式を見届けることなく、そう [全文を読む]

フォーカス