吉田慎一のニュース

テレビ朝日“わずか1年”で社長交代の裏事情 『報ステ』宮根誠司の起用に前進か

日刊サイゾー / 2016年05月20日11時00分

今年6月の人事で、テレビ朝日の社長が吉田慎一氏から角南源五常務に代わることが内定したとの報道があった。わずか2年での社長交代となった裏には、院政を敷こうとする早河洋会長の野望が見え隠れする。と同時に、テレ朝の看板報道番組『報道ステーション』の次期キャスターに宮根誠司を起用するという流れになるのではないかと勘繰ってしまう。 テレ朝は一昨年6月、朝日新聞の編集 [全文を読む]

高級寿司にローストビーフ...安倍首相が番記者と国民の税金を使って忘年会! 癒着マスコミは恥ずかしくないのか

リテラ / 2016年01月09日22時30分

第二次安倍政権発足後、わかっているだけでも、読売新聞の渡邉恒雄会長、産経新聞の清原武彦会長、熊坂隆光社長、日経新聞の喜多恒雄社長、毎日新聞の朝比奈豊社長、共同通信の石川聡社長(当時)、福山正喜社長、時事通信の西沢豊社長、フジテレビの日枝久会長、日本テレビの大久保好男社長、テレビ朝日の早河洋会長、吉田慎一社長、そして朝日新聞の木村伊量社長(当時)など、ほとん [全文を読む]

『報ステ』降板、古舘伊知郎を追い詰めた安倍政権とテレ朝上層部の癒着!「原発のゲの字もいえない」と不満を

リテラ / 2015年12月24日15時00分

「昨晩は年内放送の最終日で、番組終了後に納会が開かれ、早河洋会長、吉田慎一社長、そして古舘さんも挨拶したのですが、まったくそういうそぶりはなかった。鋭気を養って来年も頑張ろう、みたいな感じで。プロデューサーも知らされていなかったようで、会がお開きになった後、降板が伝えられたそうです」(テレ朝関係者) つまり、今回の番組降板は、ごく一部のテレ朝上層部と古舘の [全文を読む]

『相棒』反町隆史が高評価のウラで、ファンが怯える“消えたあのキャスト”の復活

サイゾーウーマン / 2015年12月02日12時45分

テレビ朝日の吉田慎一社長も、10月の記者会見で「いい感じのコンビネーションでスタートしていただいたのではないかなと思っています」と反町の存在を称賛。かねてから報道やネット上では、相棒役をはじめとした出演陣、またスタッフに至るまで、「主演・水谷豊のさじ加減ひとつ」で進退が決定すると言われていたが、反町の高評価には『相棒』ファンも胸をなで下ろしていることだろう [全文を読む]

【12歳アイドルヘリウム事故】 テレ朝“最終検証結果”報告も「誰も納得しない」責任逃れぶり

日刊サイゾー / 2015年10月01日00時00分

会見に臨んだ吉田慎一社長らは「この問題ではご本人ならびに家族の皆様に大変つらい思いをさせてしまった。関係者の皆様にも大変ご迷惑をおかけした。その点、心から深くお詫びしたい」と頭を下げ、陳謝した。また、Aさんが間違いなくヘリウム混合ガスを吸い込み昏倒した可能性が高く、制作スタッフが当該番組の十分な事前打ち合わせ、リハーサルなど丁寧な事前準備が行われていなか [全文を読む]

ももクロ妹分アイドル、事故から意識回復も...テレ朝に「無責任」との批判噴出

メンズサイゾー / 2015年02月26日19時30分

人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の妹分グループ「3B junior(スリー・ビー・ジュニア)」のメンバーである少女(当時12歳)がテレビ番組の収録中に意識不明になって入院した騒動で、テレビ朝日の吉田慎一社長が24日の定例会見で「意識が完全に回復した」と発表した。 吉田社長は「収録がこういう結果を招き、ご本人、ご家族、関係者に深くおわび申し上げた [全文を読む]

安倍首相が高級寿司店で大手新聞、テレビ局の幹部たちと“祝勝会“!?

リテラ / 2014年12月24日22時00分

この2年間でわかっているだけでも、読売新聞の渡邉恒雄会長、産経新聞の清原武彦会長、熊坂隆光社長、日経新聞・喜多恒雄社長、毎日新聞の朝比奈豊社長、共同通信の石川聡社長(当時)、福山正喜社長、時事通信の西沢豊社長、フジテレビの日枝久会長、日本テレビの大久保好男社長、テレビ朝日の早河洋会長、吉田慎一社長、そして朝日新聞の木村伊量社長(当時)など、ほとんどの新聞、 [全文を読む]

解散発表当日、安倍首相が『報道ステーション』にだけ出演しなかった理由

リテラ / 2014年11月19日22時30分

早河洋会長、吉田慎一社長はむしろ、本サイトで既報のように、何度も官邸を訪ねるなど、安倍首相とべったりの関係を築いている。 では、古舘はなぜ拒否したのか。原因はまさにその安倍首相に恭順の意を示すテレ朝上層部との関係にあったようだ。 「安倍政権はメディアへの圧力を強めているため、テレ朝側としてはとにかく政権を刺激したくない。ところが、古舘さんはじめ、『報ステ』 [全文を読む]

川内原発報道で4人処分の報ステ 自らBPO申告は自作自演か

NEWSポストセブン / 2014年11月11日07時00分

翌日の原子力規制庁の抗議を受け、2日後の9月12日には報ステ番組内でメインキャスターの古舘伊知郎氏が「大きな間違いを犯した」と謝罪し、9月末の定例会見では吉田慎一・社長自ら「完全なる事実誤認があり、非常に深刻な問題と受け止めている。関係者と視聴者に深くお詫びしたい」と頭を下げた。 今回の報ステ関係社員の処分はこの誤報を受けてのものだが、吉田社長は奇妙な釈 [全文を読む]

朝日新聞の次は『報道ステーション』がやられる!? 古舘降板、番組終了も

リテラ / 2014年10月15日20時30分

『報ステ』は翌々日に番組で古舘が謝罪し、9月30日にはテレビ朝日の吉田慎一社長が謝罪したが、問題はそれではおさまらず、BPOの審議対象になった。 しかし、これらのバッシッングは、明らかに過剰反応というべきものだ。まず、慰安婦報道の検証についてはたしかに『報ステ』は放映まで時間がかかったものの、そのぶんかなり丁寧な取材をしており、50分という異例の長さで放映 [全文を読む]

新日本プロレス公認の超本格プロレスゲーム 『熱狂!新日本プロレス』配信開始! ~実名・実写で登場する超人気レスラーを鍛え上げて激闘を勝ち抜け!~

DreamNews / 2014年08月26日12時30分

モバイルゲームプラットフォーム「mobcast」(http://mobcast.jp/)の運営を行う株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役:藪考樹)は、株式会社テレビ朝日(本社:東京都港区、 代表取締役社長:吉田慎一)が運営するスマートフォン向けリアルプロレスゲーム「熱狂!新日本プロレス」(http://lp.mobcast.jp/game/1 [全文を読む]

【ウラ芸能】古舘伊知郎「リストラ説」を追う

NewsCafe / 2014年04月09日15時00分

記者「スタートして10年、テレビ朝日の看板でもある『報道ステーション』からメーン司会の古舘伊知郎(59)が消える可能性が浮上しています」デスク「ナヌッ? 安倍政権が横やりってか」記者「いやいや、そうした政治的なものというよりは、あの時間帯では、一番視聴率を取っていながら、古舘は週刊誌の嫌いなキャスターランキングで1位を獲得するなど、好感度が落ちています」デ [全文を読む]

朝日新聞を御役御免になった、テレビ朝日新社長のご立派な“経歴”~人望ゼロ、公私混同…

Business Journal / 2014年03月18日20時00分

「厄介者」とは、朝日新聞社から天下って次期社長に就任する吉田慎一氏のことだ。テレビ朝日は経営形態を認定放送持ち株会社に移行させることに伴い、今年6月の株主総会後の役員人事で、持ち株会社・テレビ朝日ホールディングスと事業子会社・テレビ朝日両社の会長兼CEOに現社長の早河洋氏が就く。そして、両社の社長には吉田氏が就任する人事を内定している。すでに吉田氏は3月1 [全文を読む]

フォーカス