喜連川優のニュース

デジタル覇権戦争に負けない著作権法『フェアユースは経済を救う』発行喜連川優氏(国立情報学研究所所長・東京大学教授)推薦“検索エンジンを米国に牛耳られた失敗を繰り返すな!”

PR TIMES / 2016年11月25日10時29分

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『フェアユースは経済を救う』(著者:城所岩生)を発行いたしました。『フェアユースは経済を救う』http://nextpublishing.jp/isbn/9784844397 [全文を読む]

ビッグデータおよびインターネットオブシングスに関わる国際標準化活動がスタート~情報処理学会 情報規格調査会が検討のためのメンバ募集を開始~

DreamNews / 2015年01月22日11時00分

一般社団法人 情報処理学会(本部:東京都千代田区、会長:喜連川優) 情報規格調査会(委員長:伊藤智)は、国際標準化活動を行う委員会として、「ビッグデータ小委員会」および「インターネットオブシングス小委員会」を新設します。これに伴い、幅広く意見を集約するために、これらの小委員会に参加する検討メンバの募集を開始致します。一般社団法人 情報処理学会(本部:東京都 [全文を読む]

【情報処理学会】10月15日よりApple NewsstandでIT実務家向け論文誌「デジタルプラクティス」電子版の無料配布開始!

DreamNews / 2014年10月24日14時30分

一般社団法人情報処理学会(会長:喜連川優)は、10月15日よりApple NewsstandでIT実務家向け論文誌「デジタルプラクティス」電子版の無料配布を開始しました。一般社団法人情報処理学会(会長:喜連川優)は、10月15日よりApple NewsstandでIT実務家向け論文誌「デジタルプラクティス」電子版の無料配布を開始しました。 ※Newssta [全文を読む]

【情報処理学会】学会誌「情報処理」電子版を9/15よりApple Newsstandで販売開始しました。

DreamNews / 2014年09月19日11時30分

一般社団法人情報処理学会(会長:喜連川優)は、学会誌「情報処理」の電子版を9月15日からApple Newsstandで販売開始しました。一般社団法人情報処理学会(会長:喜連川優)は、学会誌「情報処理」の電子版を9月15日からApple Newsstandで販売開始しました。学会誌としては国内初となります。※NewsstandはiOSにプリインストールされ [全文を読む]

富士通研究所など、人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」で数学と物理の偏差値を大幅に向上

JCN Newswire / 2016年11月14日15時47分

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/11/14.html 注釈注1 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所:所在地 東京都千代田区、所長 喜連川優。注2 株式会社富士通研究所:本社 神奈川県川崎市、代表取締役社長 佐々木繁。注3 サイバネットシステム株式会社:本社 東京都千代田区、代表取締役 社長 [全文を読む]

新たなコンピューターサイエンスの時代を切り開く、大学・研究機関でのパブリッククラウド利活用 「学認クラウドユーザー向け Microsoft Azure導入支援サービス」を5月25日より提供開始

DreamNews / 2016年05月25日14時30分

■「学認クラウドユーザー向け Microsoft Azure導入支援サービス」へのエンドースメントコメントのご紹介・ 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所様 「学認クラウドユーザー向け Microsoft Azure導入支援サービス」の提供開始について、国立情報学研究所所長 喜連川優様より、以下のエンドースメントをいただいており [全文を読む]

【情報処理学会】2014年度情報処理技術遺産認定

DreamNews / 2015年03月10日09時00分

一般社団法人情報処理学会(会長:喜連川優)は、我が国のコンピュータ技術発達史上の貴重な研究開発成果や国民生活、経済、社会、文化などに顕著な影響を与えたコンピュータ技術や製品など、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ情報処理技術遺産の保存と活用を図るために、2008年度より情報処理技術遺産および分散コンピュータ博物館認定制度を設けています。 第7回目とな [全文を読む]

日立、ビッグデータ分析やクラウド基盤向けに処理性能を強化した「HA8000シリーズ」新モデルを販売開始

JCN Newswire / 2014年06月12日09時09分

*6 内閣府最先端研究開発支援プログラム「超巨大データベース時代に向けた超高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価」(中心研究者:喜連川優 東京大学生産技術研究所教授/国立情報学研究所所長)の成果を利用。 本リリースの詳細につきましては、下記URLをご参照ください。 http://www.hitachi.co.j [全文を読む]

日立ソリューションズ、ビッグデータを高速分析しリアルタイムに可視化

JCN Newswire / 2013年10月28日15時44分

http://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2013/1028.html ※1: 内閣府最先端研究開発支援プログラム「超巨大データベース時代に向けた最高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価」(中心研究者:喜連川優 東大生研教授/国立情報学研究所所 [全文を読む]

データベースに携わることは人類に貢献するということ―データベース界のラスボス登場!―喜連川優教授

EnterpriseZine / 2013年03月18日00時00分

今回登場するのは日本、否、世界のデータベース界のラスボスと呼んでも過言ではない、おなじみ喜連川優教授。喜連川教授といえば、超巨大データベースに関する研究。これは、内閣府の最先端研究開発支援プログラムで採択された課題の中で、唯一IT分野からのプロジェクトである。研究者の立場でずっとデータベースに携わってきた喜連川教授は「ビッグデータ」という言葉が出る前からビ [全文を読む]

IBMがビッグデータ関連の最新技術、事例を一挙に公開するカンファレンス「Information On Demand Conference Japan 2012」を開催

EnterpriseZine / 2012年03月07日15時00分

超高速データベースエンジンなど大規模データ処理技術の国内第一人者である東京大学生産技術研究所 教授の喜連川優氏、米IBM Corporationのバイス・プレジデントのInhi Cho Suh氏の基調講演の他、午後は、IT部門、経営戦略・マネジメント、マーケティング、ガバナンス・セキュリティなどの各層を対象に、7トラック35セッションで、ビッグデータ関連 [全文を読む]

フォーカス