團琢磨のニュース

「人の三井」 優秀な人材を躊躇せず外から抜擢し成長

NEWSポストセブン / 2016年05月02日07時00分

優秀な人材を躊躇せず抜擢したことが“人の三井”の背景にありました」 その象徴が、戦前に三井合名の初代理事長となった團琢磨だ。團琢磨は三井家出身ではないが、プロ経営者として財閥を率いる存在となった。團琢磨を高祖父に持つ女優の團遥香は、「團琢磨が残した家訓は、“子孫は同じ職業に就くな”でした。職業に専門性がないほうが我が家では恥」という。 ※週刊ポスト2016 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】超お嬢様タレント團遥香の家系がすごい。「公開はとても不安だった」

TechinsightJapan / 2015年10月27日20時50分

さらに曽祖父は三井財閥の総帥・團琢磨さんとなる。番組では一人旅が好きという彼女が、福岡県大牟田市にある曽祖父・團琢磨さんの銅像を訪れるところや、佐賀県の吉野ヶ里遺跡を見学するところにも密着した。 歴史に造詣が深いという團遥香。吉野ヶ里遺跡で竪穴式住居を見てロマンを感じたのか「すごーい」と感激。密着したスタッフに「すごいと思いませんか?」と話しかけるほど興奮 [全文を読む]

2月17日付にて、株式会社原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)は、国際商業会議所(ICC)日本委員会理事会の承認を経、同会議所に正式メンバーとして加盟致しました。

PR TIMES / 2017年02月21日15時22分

我が国は、1922年、当時の欧米視察団(団長:團琢磨)によるICCパリ本部への訪問を経て、翌1923年に加盟、国内委員会が発足し現在に至っております。 IISIAは、今般の同会議所への加盟を契機に、我が国企業のグローバル経済における更なる飛躍を目的として活発な支援活動に努めて参ります。また、これまで取り組んで参りました「B20」における活動に加えて、同会 [全文を読む]

スーパーお嬢様・團遥香、セレブらしからぬ“お風呂事情“明かす

メンズサイゾー / 2016年09月08日20時00分

おっとりとした口調からは清楚な雰囲気を漂わせますが、メリハリのあるボディからは色っぽい魅力も感じさせますので、そのギャップに虜になる人も多いようです」(ネットライター) 前述の祖父だけでなく、父は「表参道けやきビル」などを設計した建築家の團紀彦氏で、曽祖父は三井財閥の総帥・團琢磨氏と、驚くような家系に生まれた團。彼女によると、そんな團家には「代々同じ職に就 [全文を読む]

財閥の同族経営で、成否を分けたのは何か?[富豪のトリビア45 -Part9]

Forbes JAPAN / 2016年07月24日17時00分

のちに親戚になる、三井三池炭鉱を経営して三井財閥の総帥となった團琢磨に掛け合って実用化した「アサヒ地下足袋」が、世界的なヒット商品になる。やがて自動車タイヤの国産化に成功して、正二郎は1961年には長者番付1位に。日本有数の富豪の地位を確立した石橋家は、財力を背景に大物政治家との閨閥を結んでいく。正二郎の長女・安子が嫁いだ鳩山家は、初代和夫が衆議院議長を、 [全文を読む]

不景気、テロ、震災…現代日本は「戦前」にソックリ!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月12日12時00分

閉塞した状況を改革しようと、32年には五・一五事件で犬養毅首相、血盟団事件で三井のトップだった團琢磨が暗殺される。そして36年には青年将校たちが二・二六事件を起こすが、若者たちによる急進的で暴力的なテロやクーデターはことごとく失敗。その後、37年に蘆溝橋事件から日中戦争が始まり、41年には第二次世界大戦へ参戦、45年に敗戦を迎えた。 04年の日露戦争の前後 [全文を読む]

フォーカス