城之内邦雄のニュース

金田正一 「ワシは打者としてノーヒットノーラン阻止した」

NEWSポストセブン / 2015年07月11日07時00分

しかし、かつては投手も打者の一人だったと巨人V9時代を支えた巨人のエース、400勝投手の金田正一氏、「エースのジョー」と呼ばれた城之内邦雄氏、そして栄光の18番を背負った堀内恒夫氏は口をそろえる。V9スタートから50年目の節目に『巨人V9の真実』(小学館)が刊行されるのを記念したエース3人による座談会から、打者としての投手の当時の活躍ぶりを振り返る。 城之 [全文を読む]

巨人V9 5番に生え抜きの末次民夫を据えたから可能になった

NEWSポストセブン / 2015年07月10日07時00分

巨人V9から50年目の節目となった今年、『巨人V9の真実』(小学館)が出版されたのを記念し、V9時代を支えた巨人のエース、400勝投手の金田正一氏、「エースのジョー」と呼ばれた城之内邦雄氏、そして栄光の18番を背負った堀内恒夫氏が一堂に会し座談会を行なった。座談会では不調に陥っているいまの巨人軍と、その原因のひとつである頼れる正捕手についてV9戦士たちの本 [全文を読む]

プロ野球試合時間 V9時代選手は22時に家にいたが金田氏は…

NEWSポストセブン / 2015年07月09日07時00分

その節目の年に『巨人V9の真実』(小学館)が刊行されるのを記念し、V9時代を支えた巨人のエース、400勝投手の金田正一氏、「エースのジョー」と呼ばれた城之内邦雄氏、そして栄光の18番を背負った堀内恒夫氏が一堂に会し座談会を開催。試合時間が4時間超も珍しくなくなった最近のプロ野球について語りあった。 金田正一(以下、金田):確かにジョーさんは早かった。という [全文を読む]

厳しい川上哲治監督 三球三振で罰金取られた城之内邦雄氏

NEWSポストセブン / 2015年07月07日07時00分

それを記念し、V9時代を支えた巨人のエース、400勝投手の金田正一氏、「エースのジョー」と呼ばれた城之内邦雄氏、そして栄光の18番を背負った堀内恒夫氏が一堂に会し座談会を行なった。座談会では、川上哲治監督の厳しさについて秘話が次々と飛び出した。 ──(川上監督は)それだけ厳しかった。 金田正一(以下、金田):すでに国鉄で353勝を挙げていたワシに対しても容 [全文を読む]

金田正一氏 川上哲治氏なら故障持ち阿部は使わず戦力外じゃ

NEWSポストセブン / 2015年07月06日07時00分

その出版を記念し、V9時代を支えた巨人のエース、400勝投手の金田正一氏、「エースのジョー」と呼ばれた城之内邦雄氏、そして栄光の18番を背負った堀内恒夫氏が一堂に会した座談会を開催。かつてのエースたちが、現在の巨人軍について語りあった。 金田正一(以下、金田):しかし今年の巨人は弱いなァ。 堀内恒夫(以下、堀内):なあに、いいコーチがいるから大丈夫ですよ。 [全文を読む]

巨人V9の「意外な功労者」【二宮清純のスポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年05月15日06時35分

「エースのジョー」と呼ばれた元巨人の城之内邦雄である。巨人の菅野智之が5月9日の阪神戦(東京ドーム)で完封勝ちを演じれば4連続となり、1965年の城之内の記録に並ぶというものだった。 日刊スポーツ(5月9日付)には<エースのジョー 1球入魂の教え>という見出しが躍っていた。結局、菅野の野望は初回に砕け散った。10球目で失点を喫し、4点を奪われ負け投手となっ [全文を読む]

真のエースへ…巨人・菅野智之が“伝説”に挑む

ベースボールキング / 2017年05月09日11時00分

もし次の登板でも完封となれば、4戦連続は1965年の城之内邦雄氏以来で実に52年ぶりの偉業となる。 ◆ 真のエースへ 4勝と防御率1.36はともにリーグトップ、37奪三振はリーグ3位タイと各部門でトップクラスの成績を残している今季の菅野。随所にレベルアップした面を見せているが、まだ改善できる面も残されている。それが「与四球率」だ。 「与四球率」とは、(与四 [全文を読む]

巨人・菅野が4連続完封に挑む! 9日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月08日15時41分

4連続完封は、巨人では1965年に城之内邦雄(元巨人・ロッテ)が達成したのが最後。通算141勝、36完封を挙げた偉大な大先輩に、菅野は並ぶことができるか。 【パ・リーグ】 日本ハム(高梨裕稔)-西武(高橋光成) <札幌ドーム 18時00分> 楽天(辛島航)-ロッテ(チェン・グァンユウ) <Koboパーク 13時00分> ソフトバンク(千賀滉大)-オリック [全文を読む]

堀内のカーブ、潮崎のシンカー 森祇晶氏が述懐

NEWSポストセブン / 2016年08月22日07時00分

「僕が実際に受けた中では、城之内邦雄(巨人ほか、1962~1974年、通算141勝)のシュートがすごかったね。キャッチャーが手を痛めるくらいの威力があった。それに、ホリ(=堀内恒夫、巨人、1966~1983年、通算203勝)のカーブも素晴らしかった。縦に曲がる、昔でいうドロップ。球速もあった」 他チームでは、当時の下位球団のエース級投手が印象に残っている [全文を読む]

東大史上最強左腕・宮台が目指す「プロ入り・国I」の二刀流

NEWSポストセブン / 2016年05月16日16時00分

巨人V9時代のエースでスカウト経験もある野球評論家・城之内邦雄氏がいう。 「楽天の松井裕樹のような躍動感あるフォームで、伸びしろが十分ある。スタミナ不足を解消し、ストレートとカーブ以外でも確実にストライクが取れるようになれば、十分プロで通用するでしょう」 まだ3年生ながら俄然プロ入りの期待が高まる。しかし当の本人は、「先のことは考えていない」と、進路を明確 [全文を読む]

フォーカス