塚本泰史のニュース

2010年に骨肉腫手術の塚本泰史氏、大宮とクラブアンバサダー契約継続

サッカーキング / 2017年01月31日11時17分

大宮アルディージャは31日、塚本泰史氏とのクラブアンバサダー契約を2017シーズンも継続すると発表した。 現在31歳の塚本氏は、駒澤大学卒業後の2008年に大宮へ加入。プロ1年目はリーグ戦27試合出場した。しかし、3年目を迎える矢先の2010年に右大腿骨骨肉腫が発覚。同年3月、人工関節に移植する手術を行った。翌年12月には選手契約を結ばないと発表され、20 [全文を読む]

大宮、塚本泰史氏のクラブアンバサダー継続を発表

ゲキサカ / 2017年01月31日10時31分

大宮アルディージャは31日、塚本泰史氏が2017シーズンも継続してクラブアンバサダーを務めることを発表した。なお、同氏はホームタウン担当としてクラブスタッフの業務も行うとしている。 クラブ公式サイトを通じて塚本氏は、「今年もクラブアンバサダーを務めさせていただけることを大変嬉しく思います。昨年はクラブの成長を感じる一年でした。また、個人としても佐賀への自転 [全文を読む]

「手術して5年…」、大宮が塚本泰史アンバサダーと契約継続

ゲキサカ / 2015年01月22日12時43分

大宮アルディージャは22日、塚本泰史アンバサダーが2015シーズンも継続してクラブアンバサダーとして活動すると発表した。リハビリを継続しつつ活動を行うという。活動内容は、クラブの公式行事への参加やホームタウン活動、クラブの広報活動などとなっている。 29歳の塚本氏は浦和東高から駒沢大を経て、2008年に大宮へ入団。2009年にはリーグ戦21試合に出場し、2 [全文を読む]

大宮・塚本アンバサダーが自転車1200km走破チャレンジ

ゲキサカ / 2016年08月12日13時43分

大宮アルディージャは12日、塚本泰史クラブアンバサダーが9月4日から8日間の日程で、NACK5スタジアム大宮から佐賀県小城市までの約1200kmを自転車で走破するチャレンジを行うと発表した。 塚本氏は選手だった2010年のメディカルチェックで骨のガンと言われる骨肉腫であることが発覚。以後、手術を行い、現在もリハビリを続けている。 チャレンジは同じ骨肉腫の闘 [全文を読む]

大宮、塚本氏とアンバサダー契約更新

ゲキサカ / 2016年01月30日14時21分

大宮アルディージャは30日、塚本泰史氏と2016年のアンバサダー契約を更新したと発表した。 塚本氏は選手だった2010年のメディカルチェックで骨のガンと言われる骨肉腫であることが発覚。以後、手術を行い、現在もリハビリを続けている。 クラブを通じ「僕も病気になってから丸5年が経ちました。経過も良好です。皆さまからいただいた温かい言葉を励みに、自らの夢のために [全文を読む]

フォーカス