塩谷育代のニュース

前田陽子が伊藤園と所属契約

ParOn.(パーオン) / 2015年01月27日21時32分

若手選手の台頭が著しい女子ゴルフ界において、30歳直前での初優勝は、技術面と精神面の充実があったからこそと思われます」(同社) なお、1985年から30年間にわたり伊藤園レディスゴルフトーナメントを主催している同社だが、ほかには塩谷育代、綾田紘子、山本亜香里とも所属契約を結んでいる。 [全文を読む]

ホールインワン賞にめっぽう強い“エース娘”は誰?

ParOn.(パーオン) / 2014年11月11日07時00分

過去の達成回数では、塩谷育代ら5人が達成している6回が最高。2000年以降では永井奈都の5回、上原彩子、山口裕子の4回という記録がある。 12年にはアマチュア規則が改正され、現在はプロアマ問わず出場者全員に権利があるホールインワン賞。狙って出るものではないが、最終日の攻撃的なプレーにひと役買っていることは間違いなさそうだ。週刊パーゴルフ(2014年11月 [全文を読む]

【コメント集】山本亜香里 楽しくやって初の予選通過を狙う

ParOn.(パーオン) / 2014年05月16日19時13分

(師匠の塩谷育代から)『失うものはないし、命を取られるわけではないのだから楽しくやってきなさい。自分で自分を追い込まないように』と言われました。緊張しないように、それを課題にしてやっていきたいです」福嶋浩子(3位タイ、5バーディ、3ボギーの70、2アンダー)「今日は本当頑張りました。ドライバーが頑張ってくれましたが、パットで1~2メートルを3回外したのはも [全文を読む]

苦労人・山本亜香里がレギュラーツアー初の予選突破へ好発進!

ParOn.(パーオン) / 2014年04月11日19時20分

「ずっと予選落ちばっかりだったので、もう失うものもないし、開き直ってプレーしようと思って」 こうして結果が残せている要因について、「自分のプレーやスイングに迷いが生じたときに、塩谷育代さんが親身に見てくれました。『予選通過という目先を見るよりも、もっと先をしっかり見据えて自分がどういう人に囲まれて、どういう顔をしているのかを想像してごらん』って言ってくれた [全文を読む]

伊藤園ホステスプロ4人が大会を盛り上げる!

ParOn.(パーオン) / 2013年11月13日16時55分

同社所属の大先輩で、1990年大会の覇者・塩谷育代が二人の練習ラウンドに同行。多くのアドバイスを受けながら刺激を受けた。「自分を信じてやるべきことをやれば結果はついてきます。今季ここまでやってきたことを自信に替えることができればと思います。今は調子が安定していますし、この大会をずっと楽しみにしてきました。とにかく楽しんで頑張ります!」(綾田)「優勝したいで [全文を読む]

フォーカス