大村憲司のニュース

至高の名ギタリスト、大村憲司のすべて。レア・トラックス収録のCD付き書籍『大村憲司のギターが聴こえる』、2月1日発売

PR TIMES / 2017年01月13日14時32分

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1496/resize/d5875-1496-207509-0.jpg ] インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、書籍『大村憲司のギターが聴こえる』を2月1日に発売します。アイツのギターの音がすると、もう [全文を読む]

デビュー30周年を迎えた渡辺美里が記念すべきデビュー・アルバムを完全再現した名盤ライブ『eyes』東京公演の模様を5月15日(日)にMUSIC ON! TV(エムオン!)でオンエア決定!

@Press / 2016年04月01日11時00分

<アルバム収録曲>SOMEWHERE (作曲・編曲:小室哲哉)GROWIN' UP (作詞:神沢礼江/作曲:岡村靖幸/編曲:後藤次利)すべて君のため (作詞:神沢礼江/作曲:岡村靖幸/編曲:後藤次利)18才のライブ (作詞:竹花いち子/作曲:亀井登志夫/編曲:大村憲司)悲しいボーイフレンド (作詞・作曲:大江千里/編曲:後藤次利)eyes (作詞:戸沢暢美 [全文を読む]

日本屈指のドラマー、村上“ポンタ”秀一による書籍『俺が叩いた。』、本日発売!発売記念イベントも東京、大阪で開催決定

PR TIMES / 2016年01月25日19時56分

深町純、吉田美奈子、山下達郎らメイン・アーティストはもちろんのこと、盟友であった大村憲司(g)、高水健司(b)ほか、素晴らしいセッション・ミュージシャンたちとの交流、音楽的に高め合う様が生き生きと描かれていきます。すべての音楽ファンはもちろん、リズム、グルーヴなどについての金言、当時の機材についての話など、ドラマーにとっても必見の内容が満載です。また、本書 [全文を読む]

渡辺美里、デビュー・アルバムを完全再現する名盤ライブ『eyes』を開催

okmusic UP's / 2016年01月11日15時00分

<アルバム収録曲> SOMEWHERE (作曲・編曲:小室哲哉) GROWIN' UP (作詞:神沢礼江/作曲:岡村靖幸/編曲:後藤次利) すべて君のため (作詞:神沢礼江/作曲:岡村靖幸/編曲:後藤次利) 18才のライブ (作詞:竹花いち子/作曲:亀井登志夫/編曲:大村憲司) 悲しいボーイフレンド (作詞・作曲:大江千里/編曲:後藤次利) eyes ( [全文を読む]

『初音ミク 5th Anniversary ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン』で約3年ぶりに“初音ミクオーケストラ”の新作が登場! 一部店舗と通販サイト「ファミマ.com」で8月14日より限定発売!

@Press / 2012年08月14日13時30分

レコーディング・エンジニアに「ハイスクールララバイ」('81)にも携わった寺田康彦、マスタリング・エンジニアにYMOの『増殖』('80)のエンジニアであった小池光夫、YMOのワールドツアー('80)のギタリスト故・大村憲司の子息で同じくギタリストの大村真司など、YMOと縁の深い人物がサポートしており、その本格的なスタッフ陣にも期待が高まる。 [全文を読む]

フォーカス