大熊英司のニュース

ココリコ遠藤が、たけし、さんま、タモリらの名言紹介

Entame Plex / 2017年06月11日16時30分

テレビ朝日アナウンサー・大熊英司による司会進行のもと、業界の“裏教科書”として、普段なかなか聞けない“業界ルール”について語っていく。 この日の放送回では、お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が講師として登場。生徒として、NMB48の市川美織、AKB48の入山杏奈、タレントの入矢麻衣と太田唯、モデルの堀田茜の5人が講義に参加し、芸能界で“売れっ子”になるヒント [全文を読む]

大久保佳代子が青山めぐ、北原里英らに“やってはいけない行動ベスト5”を伝授

ザテレビジョン / 2017年06月04日18時13分

「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)など、数多くの人気番組で司会を務めた経験のあるテレビ朝日・大熊英司アナの進行のもと、業界の“裏教科書”として、普段なかなか聞けない“業界ルール”について語っていく。 今回は、「こんな女性タレントは嫌われる!女性タレントのNG行動講座」と題し、“女性”であることを武器として、芸能界で活躍しているオアシズ・大久保佳代子が講師と [全文を読む]

大久保佳代子が浮かれている女性タレントに“喝”!

Entame Plex / 2017年06月04日17時30分

数多くの番組で司会を務めるテレビ朝日アナウンサー・大熊英司による進行のもと、業界の“裏教科書”として、普段なかなか聞けない“業界ルール”について語る。 この日の放送回では、『こんな女性タレントは嫌われる!女性タレントのNG行動講座』と題し、“女性”であることを自身の武器として芸能界で活躍している、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子が講師として登場。バラエ [全文を読む]

彦麻呂が語る食レポ術、とんかつは“3切れ目”が鉄則!?

Entame Plex / 2017年05月16日23時00分

テレビ朝日アナウンサー・大熊英司による進行のもと、業界の“裏教科書”として、普段なかなか聞けない“業界ルール”について語る。 この日は食べる仕事が9割以上だという、グルメリポーターとして活躍するタレントの彦摩呂が講師として登場。 生徒として、モデルの池田美優、籠谷さくら、都丸さやか、タレントの青山めぐ、グラビアモデルのほのかが講義に参加し、食レポで役立つ [全文を読む]

テレ朝が元SMAPを囲い込み!?中居正広が草なぎ剛の番組に出るかに業界が注目

アサ芸プラス / 2017年04月24日17時58分

しかもベテランの大熊英司アナがサポート役で出演するなど局側も力を入れていることは明らか。ここに中居が登場した日には、テレビ朝日による元SMAPの囲い込みを強烈にアピールできることでしょう」 果たして中居と草なぎの共演は実現するのか? そのシーンをファンが熱望していることは間違いなさそうだ。(金田麻有) [全文を読む]

さまぁ~ず「さま×さま」10周年突破で『死ぬまでできる』

Smartザテレビジョン / 2017年04月16日07時00分

しかし、司会の大熊英司アナウンサーから「以前のインタビューでは一生やりたい番組と言っていた」と告げられた三村は、「娘が40歳まで独身だったと考えた場合は一生かも!」と長い目標を掲げた。 一方の大竹は「体力の続く限り!」と答えると、三村が「ラッキーなことに最悪、座っててもできる番組なので、死ぬまでできますね」と会場を笑わせた。 [全文を読む]

海外ロケ王・千原せいじが選ぶマストアイテムとは?

Entame Plex / 2017年03月20日23時00分

3月19日の放送では、“海外ロケは死と隣り合わせ!無傷で帰ってくる方法講座”と題してテレビ朝日アナウンサー・大熊英司の司会進行のもと、アフリカ大陸だけでも40回以上訪問しているほど、海外ロケの経験が豊富な、お笑いコンビ・千原兄弟の千原せいじを講師に迎え、トークを展開した。この日の生徒には、モデルのゆきぽよ、アイドルの都丸紗也華、女優の吉本美優、タレントのお [全文を読む]

モー娘。えりぽん&チェルがナギスケ&江頭を救う!?

Smartザテレビジョン / 2016年09月07日15時18分

ロケは草なぎ、鈴木拓、大熊英司アナの3人でスタートし、ユースケは欠席と思われた。だが、草なぎ考案の「ユースケが絶対にロケに来る秘策」が功を奏し、ユースケはモーニング娘。'16の4人と共に早朝からのロケにやって来る。 「えりぽん(生田)が来てくれるんだったら、大概の事はやる」とご機嫌のユースケは、「頑張って生田!」というお決まりの掛け声と共にイカ釣りに出発す [全文を読む]

テレ朝男性アナ厚化粧の謎に迫る〜視聴者やクレーマーへ“配慮”、報ステ古舘の影響…

Business Journal / 2013年06月24日06時00分

大熊英司、渡辺宜嗣クラスになると、もう完全にどっぷり濃厚系。舞台役者級の濃さである。この感覚からいくと、「40歳を越えたら厚めに塗る」というルールが見えてくる。勝手な憶測ですが。 たぶん、大きなシミとか多数のシミを「見苦しい」と考え、視聴者への配慮としての濃厚メイクなのだろう。小うるさい視聴者がいるからな。自分の人生がうまくいってないことをテレビ局にぶつけ [全文を読む]

テレ朝男性アナ厚化粧の謎に迫る〜視聴者やクレーマーへ“配慮”、報ステ古舘の影響…

Business Journal / 2013年06月23日06時00分

大熊英司、渡辺宜嗣クラスになると、もう完全にどっぷり濃厚系。舞台役者級の濃さである。この感覚からいくと、「40歳を越えたら厚めに塗る」というルールが見えてくる。勝手な憶測ですが。 たぶん、大きなシミとか多数のシミを「見苦しい」と考え、視聴者への配慮としての濃厚メイクなのだろう。小うるさい視聴者がいるからな。自分の人生がうまくいってないことをテレビ局にぶつけ [全文を読む]

フォーカス