守屋英一のニュース

現在地から婚活事情まで…「スマホ個人情報」売買の実態

WEB女性自身 / 2017年03月17日06時00分

「こうした企業間の個人情報売買が表面化したのは 13年のSuica騒動でした」 そう話すのは、明治大学ビジネス情報倫理研究所・客員研究員の守屋英一さん。 「JR東日本は氏名や連絡先などを伏せ、乗降履歴を企業に販売していました。相手企業にとって、どの年齢層の男女がいつ、どの駅にどれだけ集まっているか、マーケティングの資料としてはのどから手が出るほど欲しい内 [全文を読む]

Facebookはローマ字登録に…スマホでできる情報漏えい対策

WEB女性自身 / 2017年03月17日06時00分

明治大学ビジネス情報倫理研究所・客員研究員の守屋英一さんは、次のように警鐘を鳴らす。 「便利さと引き換えに、プライバシー情報を企業に渡しているということです。なかでも危惧すべきは、検索ワードに偏った病名や病院名があるだけで、その当人か身内の誰かが、その病気であることが推測できる。また書籍の購入履歴をたどっただけで、思想信条が垣間見える。こうした情報がダダ [全文を読む]

“ブロック”は逆効果…激増するネットストーカー対処法4

WEB女性自身 / 2017年01月10日12時00分

では、どうしたらネットストーカーからの 最悪の事態 を未然に防ぐことができるのか?そこで、ITセキュリティ専門家の守屋英一さんと、SNSの危険性とメディア・リテラシーに詳しいジャーナリストの渡辺真由子さんが、ネットストーカーへの対処法を教えてくれた。 【対処法1】個人情報の公開範囲を自分で設定する 「投稿の共有範囲を細かく設定できる『プライバシー』設定か [全文を読む]

ヤマハ、DeNA、KADOKAWAの実践者が語る、組織内CSIRTに必要な要件と機能とは?

EnterpriseZine / 2015年10月29日06時00分

モデレーターは明治大学ビジネス情報倫理研究所の守屋英一氏が務めた。▲パネルディスカッション 出席者(写真、左から) 守屋 英一氏(明治大学ビジネス情報倫理研究所 客員研究員) 茂岩 祐樹氏(株式会社ディー・エヌ・エー システム本部 セキュリティ部 部長) 西村 卓也氏(株式会社KADOKAWA管理局 情報システム部 情報技術課 課長、角川アスキー総合研究所 [全文を読む]

翔泳社、セキュリティカンファレンス「Secutity Online Day 2015」9月7日開催

EnterpriseZine / 2015年08月03日06時00分

▼「Secutity Online Day 2015」基調講演/特別講演の予定講師 西本逸郎氏(株式会社ラック)、向井治紀氏(内閣官房)、茂岩祐樹氏(株式会社ディー・エヌ・エー)、西村卓也氏(株式会社KADOKAWA)、原子拓氏(ヤマハ発動機株式会社)、守屋英一氏(明治大学ビジネス 情報倫理研究所)、城戸寿弘氏(サッポログループマネジメント株式会社)、谷 [全文を読む]

ネットのトラブルからお金と個人情報の守る方法解説する一冊

NEWSポストセブン / 2014年07月12日16時00分

【書籍紹介】『ネット護身術入門』守屋英一/朝日新書/778円 フェイスブックやLINEは重要なコミュニケーションツールになり、ネットバンキングも一般的になった。 だがネットには、自宅の住所やカード番号、パスワードなどが漏れ、丸裸にされる危険性もある。本書はセキュリティーの専門家が、大切なお金と個人情報を守る方法をまとめた一冊。個人を特定させないパソコンやス [全文を読む]

LINEのアカウント乗っ取りに気をつけろ!

週プレNEWS / 2014年06月30日06時00分

この乗っ取りは海外からのサイバー犯罪なのだろうか? 『ネット護身術入門』(朝日新書)などの著書がある、日本IBMのシニアセキュリティーアナリスト、守屋英一氏に聞いた。 「その可能性も十分にあります。サイバー犯罪は国境を超えて発生します。取り締まるにも諸外国との連携と法律の整備が必須。しかし体制づくりはうまくいっておらず、環境整備までは時間がかかるでしょう。 [全文を読む]

「出会いに感謝」はダメ? 女子会でネタにされてもOKなFacebookの投稿とは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月18日11時30分

関連情報を含む記事はこちら 守屋英一著『フェイスブックが危ない』(文藝春秋)は、Facebookでのプライバシー流出の危険性を指摘している。Facebookでは、個人情報に加えて、趣味・嗜好・思想といったより深い情報が登録される。その情報が解雇や離婚およびサイバー犯罪の原因になることがあるが、このことを認識している人は少ない。Facebookの利点である実 [全文を読む]

フォーカス