宗猛のニュース

宗猛氏 五輪女子マラソンで経験豊富な尾崎好美に期待する

NEWSポストセブン / 2012年03月19日16時00分

旭化成陸上部監督で、ロス五輪で4位入賞した宗猛氏が解説する。 「日本人が得意とするのは気温と湿度が高く、スローペースのなかで体力を消耗していくという展開です。一方、ロンドンはスピードがものをいう大会となる。タフさよりも選手の持つ記録そのものが生きてくるでしょう。そういう意味で、2時間20分台を切る選手が誰もいないようでは厳しい」 アップダウンも激しいためあ [全文を読む]

終わらないドーピング問題。金メダルをとらないと大変なことになる国

まぐまぐニュース! / 2015年12月02日19時00分

当時の3強である宗茂氏、宗猛氏がみんな出たらおそらく1、2、3フィニッシュであった」とよくおっしゃっている。 瀬古氏は非常に朗らかな方なので、そのことは飄々と言われるのだが、余計そこに悔しさがにじみ出ているように感じた。あの時日本が出ないことは非常に苦渋の決断。国としては参加しないことを決定。ヨーロッパの国などでは個人が参加するという例もあり、日本もその道 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】V6・坂本が愕然。“マラソンと聞いて思い浮かぶ有名人 TOP10”に「これはないよ!」

TechinsightJapan / 2015年08月22日16時55分

ちなみに、番組で公表されたところでは、20位以内に「12位 宗猛」「13位 宗茂」「14位 東国原英夫」「20位 谷口浩美」がランクインしていた。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

女子マラソン惨敗で小出監督「Qちゃんは10倍練習してた」

NEWSポストセブン / 2012年08月20日16時00分

そもそも実力不足と苦言を呈すのは、1984年のロサンゼルス五輪4位で、現在は旭化成陸上部の監督を務める宗猛氏。 「チーム戦でペースを上げ下げするアフリカ勢を真似たところで、個々の力がなければ意味がない。明らかに練習量が不足していた」 ロンドン五輪に向けて、女子マラソン代表は実業団の枠を越えて合宿を行ない、共同戦線を張っての勝負に挑んでいた。スタート後に様 [全文を読む]

五輪ピンチの“山の神”柏原竜二 マラソン挑戦は3年目以降

NEWSポストセブン / 2012年05月30日07時00分

ロス五輪マラソンで4位になった宗猛・旭化成陸上部監督が分析する。 「上り坂を走るためにはスピードよりも馬力が必要です。馬力とは一定の速度を維持するための心肺能力と脚力のことで、柏原は並外れた馬力を持っていますが、トラックレースとなれば柏原並みのスピードの選手はゴロゴロいる。箱根ではスピードのある選手は山上りの5区ではなく、長距離の花の2区を走ります。正直、 [全文を読む]

女子マラソン代表重友梨佐 剣玉得意だから集中力あるとの評

NEWSポストセブン / 2012年03月20日07時00分

※週刊ポスト2012年3月30日号 【関連ニュース】五輪女子マラソン代表 「オフレコでは重友最有力」の見方宗猛氏 五輪女子マラソンで経験豊富な尾崎好美に期待するマラソン実業団選手 駅伝偏重も非実業団選手に負ける理由か野口みずきの師匠 五輪選考大会3回も走るのおかしいと指摘カンボジア人記者「猫ひろしに代表になって欲しい人いない」 [全文を読む]

フォーカス