宮脇健のニュース

宮脇健 卒業から38年…追い続ける「ケンちゃん復活」の夢

WEB女性自身 / 2015年10月21日06時00分

彼はいま静岡の高校に通っていますが、来年から家族4人で生活できます」 そう語るのは宮脇健(54)。宮脇が、ホームドラマ『ケンちゃん』シリーズの名子役として人気を集めてから40年以上。いまや彼も高校3年生の長男、小学5年生の長女の父親だ。 「本当に家族団らんの時間が戻ってくるのが楽しみです。僕が『ケンちゃん』シリーズに出演していたときは、家族と過ごす時間は少 [全文を読む]

[プリンスリーグ東北]遠野が仙台ユースの連勝を止め、青森山田セカンドが首位浮上:第5節

ゲキサカ / 2017年05月03日18時46分

以下、第5節結果&第6節日程(予定) 【第5節】 (5月3日) [遠野市国体記念公園市民サッカー場] 遠野高 4-2 ベガルタ仙台ユース [遠]立花健斗(15分)、阿部亮太(48分)、佐々木渓人(49分)、佐藤隼(77分) [ベ]菅原龍之助(87分)、宮脇健太(90分+2) [尚志高校] 尚志高 5-0 聖光学院高 [尚]長谷秀皐(10分)、伊藤綾汰2( [全文を読む]

芸能レポーター語る“子役は大成しない”ジンクスの分岐点

WEB女性自身 / 2017年05月01日16時00分

「 76年、『ケンちゃん』シリーズで人気を集めた宮脇健さんは、運転手付きで学校や現場に行くほどの超売れっ子でした。しかし、父の借金、兄の自殺未遂、両親の離婚に加えて自身も2億円の借金を抱えるなど、代償は大きかったと思います。NHKの連続テレビ小説『鳩子の海』でお茶の間の心をつかんだ斎藤こず恵さんも、周囲とあまりに環境が違うことから、『学校に友達がいないの [全文を読む]

坂上忍「トーク番組」収録中にケンちゃんこと「宮脇健」と“ガチ喧嘩”の理由

アサ芸プラス / 2017年04月30日09時57分

そこに水を差してしまったのが、「ケンちゃん」シリーズ(69年~)で天才子役として注目された宮脇健(55)だという。「皆さんが懺悔していく流れの中で、宮脇さんが人気絶頂の子役時代のエピソードとして、スタッフの人にいろんな店に飲みに連れていかれたという話をしたんです。小学生なのに銀座のクラブに行ったとか、その後の“転落人生”を語るうえでも、重要なネタだったので [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】女帝・安達祐実に続くのは『伝説の子役 TOP10』第二位はやはりあの人!

TechinsightJapan / 2015年11月23日20時59分

■20~50代男女に聞いた 伝説の子役 TOP10 1位 安達祐実 2位 芦田愛菜 3位 坂上忍 4位 杉田かおる 5位 宮脇健 6位 えなりかずき 7位 神木隆之介 8位 小林綾子 9位 斉藤こず恵 10位 間下このみ 以上のような結果となり、濱田岳は20位以内にも入らぬ圏外だった。彼の場合は現在もドラマ『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』(テレビ東 [全文を読む]

天才子役・寺田心が抱える「闇」

NewsCafe / 2015年09月02日16時00分

もちろん、小学校低学年では、チヤホヤされる姿が自分たちと異質だと感じ、級友たちが本能的に排除するケースもあります」 えっ、そんなに陰湿なんだ? 「事実、杉田かおる(50)、安達祐実(33)、坂上忍(48)、宮脇健(54)など、過去に天才子役と呼ばれたタレントは子どもの頃、ずっといじめられていました。だから、子役の多くは私立学校に転校するんですが、有名ゆえに [全文を読む]

[JFAプレミアカップMOM]札幌U-15DF船戸一輝(3年)_FW顔負けの攻撃力で今大会3得点

ゲキサカ / 2015年05月06日09時45分

この得点が相手にダメージを与え、19分にはFW宮脇健太がダメ押しゴール。2-0で勝利し、船戸はチーム史上初となる決勝進出に大きく貢献した。 今大会は1次ラウンドの初戦となった青森山田中戦でも、アディショナルタイムに決勝点を記録。準決勝前に行われた1次ラウンド第3節のサガン鳥栖U-15戦でも突破が相手DFのファウルを誘ってPKを獲得すると、自ら決めて逆転勝利 [全文を読む]

年収8000万円小学生ケンちゃん 3億借金からITで成功幸せに

NEWSポストセブン / 2014年12月16日11時00分

そんなドラマで1977年まで主役のケンイチを演じていた宮脇健さん(53才)は、誰もが知る有名子役だった。その当時、ドラマ以外にもイベントやCMに引っ張りだこ。年収は7000万~8000万円だったという。 「小学校4年生で月のお小遣いが20万円でした。駄菓子屋で箱買いしても使い切れなかった。テレビ局のスタッフにATM扱いされましたね。銀座の高級クラブに連れて [全文を読む]

かわいかった! 「子役時代の印象が強い男性芸能人」ランキング

NewsCafe / 2014年06月09日12時00分

今は芸能人ではないがケンちゃん、宮脇康之(現宮脇健)こそ子役のスーパースターだった。[女性/50代/主婦]【2位】神木隆之介(11.6%)■「あいくるしい」の頃はかわいくて、こんな弟が欲しいなと思いましたね。最近格好良くなりましたね。[女性/30代/会社員]■「妖怪大戦争」の頃の印象が強い。最近は「家族ゲーム」「平清盛」でいい演技してた。[男性/40代/会 [全文を読む]

子役 仕事のオファー減少で子供なりに苦しみ使い捨てになる

NEWSポストセブン / 2012年09月18日07時00分

「ケンちゃん」として絶大なる人気を誇った元子役の宮脇健氏(51)は、過去、テレビで人気が出るあまり、家族と一緒にいる時間が少なかったという。宮脇氏が「幸せ子役」とはどのようなものかを語る。 * * * 僕の場合、母親は私に付きっきりだから兄貴は寂しかったでしょう。家の御飯は店屋物ばっかりだったそうです。父親は教師でしたが、だんだん家に帰らなくなり、そして外 [全文を読む]

フォーカス