富岡鉄斎のニュース

俗世を離れて隠れ住む!憧れの隠遁生活をテーマにした「楽しい隠遁 山水に遊ぶ」展

サライ.jp / 2017年03月08日11時30分

「本展では、雪舟《漁樵問答図》や田能村竹田《梅渓閑居図》はじめ、富岡鉄斎《掃蕩俗塵図》、小田海僊《酔客図巻》、岡田半江《渓邨春酣図》などの山水画が紹介されます。いずれも深山幽谷の地に庵を結んで暮らす、うらやましいばかりの閑雅な世界が描かれています。 また本展では、文人たちが愛玩した精緻な細工が施された中国の文房具も展観します。竹林七賢図筆筒(明~清時代・ [全文を読む]

大分県立美術館開館記念展vol.1モダン百花繚乱「大分世界美術館」―大分が世界に出会う、世界が大分に驚く「傑作名品200 選」2015 年4 月24 日(金)~7 月20 日(月・祝)

DreamNews / 2015年04月06日09時00分

<主な出品作家と作品>●バーナード・リーチ《楽焼大皿兎》(京都国立近代美術館)●三宅一生 《タイダル・ウェーヴ》 (株式会社三宅一生デザイン事務所)●福田平八郎 《水》 (大分県立美術館)《第4 章》画人たちの小宇宙自然との語らいを創意豊かに描き出した田能村竹田が、池大雅、与謝蕪村、富岡鉄斎ら古今の巨匠たちとともに、各々の内なる理想郷を披瀝します。さらに、 [全文を読む]

わざわざ難しい言葉を得意げに誤用する似非インテリの日本語

NEWSポストセブン / 2014年07月23日07時00分

明治・大正期の文人、富岡鉄斎は、今も高く評価されている。その詩の一節に、次のようにある。 「君、志あらば、須く明朝来るべし」 君にその気があるのなら、ぜひ明朝来てくれよ、である。「すべて明朝来てくれよ」では日本語ではない。明朝に「すべて」と「部分」の区別があるはずもない。今、日本語と言ったが、現代支那語でも同じである。「須」(シュ)は、義務・命令の意味で [全文を読む]

白鷹 蔵元による日本酒についてのお話と旬のお酒が味わえる ホテル阪神×白鷹 第二回「春の夕酒会(ゆうざけかい)」~「新酒」と「にごり酒」~

PR TIMES / 2013年01月23日15時13分

2013年2月24日(日)ホテル阪神宴会場にて ホテル阪神(大阪市福島区 支配人:佐野政光)では、文久二年の創業以来、芥川龍之介や 富岡鉄斎など、多くの文人墨客に愛されてきた灘の銘酒「白鷹」の蔵元による日本酒のお話と この季節でしか味わう事のできない春の酒「新酒」と「にごり酒」をテーマにした夕酒会を開催 いたします。 当日は、造り手の東城 綱久(とうじょう [全文を読む]

白鷹 蔵元による日本酒についてのお話と、旬のお酒が味わえる ホテル阪神×白鷹 第一回「秋の昼酒会」 2012年11月24日(土)ホテル阪神宴会場にて

PR TIMES / 2012年10月26日14時29分

ホテル阪神(大阪市福島区 支配人:佐野政光)では、文久二年の創業以来、芥川龍之介や富岡鉄斎など、多くの文人墨客に愛されてきた灘の銘酒「白鷹」の蔵元による日本酒のお話と、この 季節でしか味わう事のできない秋の酒「ひやおろし」と「生酛19度」をテーマにした昼酒会を開催いたします。 当日は、造り手の東城(とうじょう)綱(つな)久(ひさ)氏によるお酒の造り方や、利 [全文を読む]

フォーカス