寺本義也のニュース

「持ち家か賃貸か」より持つべき視点とは? お金持ちの人は実行している、銀行員や保険外交員が教えないお金の本当の話

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月06日06時30分

それは山崎氏の著書、『お金に強くなる! ハンディ版』(戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉之尾孝生、村井友秀、野中郁次郎/ディスカヴァー・トゥエンティワン)である。 お金に無関係な人はいない。この本は、いわゆる儲け本や節約本ではない。お金と上手に付き合いたいと思ったときに知っておきたい情報だ。 お金に関する情報はややこしいもの。難しい言葉や複雑な仕組みにとらわ [全文を読む]

小池都知事の座右の書!「空気」による支配が日本企業をダメにする!「過去の失敗」に学ぶ組織を“敗戦”させない方法とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月06日06時30分

9月23日の定例記者会見で小池百合子都知事は、彼女の「座右の書」・『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』(戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉之尾孝生、村井友秀、野中郁次郎/中央公論新社)を引き合いに出し、築地市場の豊洲移転問題について発言した。あらゆる問題が山積する東京都。その首長としてその解決に取り組んでいく小池都知事の活躍に期待が高まるなか、その「座右の書 [全文を読む]

【A.T. カーニーより新刊のご案内】梅澤高明の論稿が収録された日経文庫『日本のマネジメントの名著を読む』、8/15発売!

DreamNews / 2016年08月15日16時00分

梅澤が執筆したのは、寺本義也、野中郁次郎ほか著『失敗の本質』 と、三品和広著 『戦略不全の論理』 の2冊について独自の解釈と事例分析、ケーススタディを交え紹介しています。■ 本書の構成1 『失敗の本質』 ※ 梅澤高明・執筆2 『戦略不全の論理』 ※ 梅澤高明・執筆3 『知識創造企業』4 『経営戦略の論理<第4版>』5 『小倉昌男 経営学』6 『会社は頭から [全文を読む]

平均年収974万円の30代以上が推薦する「20代で読むべき本」ベスト5は『7つの習慣』『マネジメント』『人を動かす』『ザ・ゴール』『論語』

@Press / 2015年03月25日11時45分

(タイトル、著者)1 『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー2 『マネジメント』 ピーター・F・ドラッカー3 『人を動かす』 デール・カーネギー4 『ザ・ゴール』 エリヤフ・ゴールドラット5 『論語』 孔子6 『道は開ける』 デール・カーネギー7 『ビジョナリーカンパニー』 ジム・コリンズ、ジェリー・I・ポラス8 『孫子の兵法』 守屋洋9 『思考は現実 [全文を読む]

歴史を学び、今に生かす。私たちの生き方にヒントをもたらす本ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月14日11時30分

■5位 『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』 戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉之尾孝生、村井友秀、野中郁次郎 中公文庫 762円(税別)ノモンハン事件やガダルカナル作戦などの失敗を徹底分析。その原因を追及すると同時に、現代におけるさまざまな組織に教訓を役立てようとする一冊。戦史の社会科学的分析本。■6位 『ポーツマスの旗』 吉村 昭 新潮文庫 630円(税 [全文を読む]

Kindleストア、「終戦特集」と「少年ジャンプ創刊45周年記念1巻100円 & 『ジャンプLIVE」 誕生0号無料配信キャンペーン」を実施

PR TIMES / 2013年08月02日12時38分

対象タイトルには、紙の書籍のロングセラーで、長い間電子化が望まれていた 『失敗の本質-日本軍の組織論的研究』(戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉野尾孝生、村井友秀、野中郁次郎著)も含まれます。太平洋戦争における日本軍の敗戦の原因を分析した本書は、8月2日から9月末までの約2か月間はAmazonの独占先行配信となります。『失敗と本質-日本軍の組織論的研究』の詳 [全文を読む]

フォーカス