小倉純二のニュース

【会見&質疑応答】小倉CEO「クラブとしてアジアのチャンピオン、代表としてもアジアのチャンピオンを狙いたい」

超ワールドサッカー / 2017年04月20日18時11分

会見では小倉純二CEOをはじめ、ゼビオホールディングス株式会社の中村考昭副社長、株式会社ジェイ・スポーツの今野義範取締役、株式会社Abema TVの藤井琢倫編成政策局長が新シーズンのFリーグについてコメントを残している。なお、会見後には質疑応答も行われた。小倉純二CEO(日本フットサルリーグ)「今シーズンのFリーグの日程や名称など今日は色々とご報告申し上げ [全文を読む]

元JFA会長の岡野俊一郎氏が肺がんのため死去…享年85歳

超ワールドサッカー / 2017年02月03日20時02分

▽岡野氏の逝去に際し、JFAの田嶋幸三会長や川淵三郎最高顧問、小倉純二最高顧問、大仁邦彌名誉会長がお悔やみの言葉を残している。 ■田嶋幸三JFA会長 「昨年11月末に岡野さんからご連絡をいただき、入院されている病院に行きました。これまでのサッカーの話やこれからのこと、本当に色々なお話を伺いましたが、ご自分の死期を意識されているような話しぶりで、一抹の寂し [全文を読む]

元FIFA会長が100歳で死去…田嶋JFA会長「大きな星がなくなった」

ゲキサカ / 2016年08月17日14時01分

同氏の訃報を受け、日本サッカー協会の田嶋幸三会長と小倉純二最高顧問がコメントした。 ●田嶋幸三会長 「大きな星がなくなった、一つの時代が終わったように感じます。サッカーが世界でこれほど大きなスポーツとなったのはアベランジェさんのご功績そのもの。『ユニバーサルアクセス』をコンセプトに、W杯を世界各国で多くの人がテレビ観戦できるようにご尽力されました。これに [全文を読む]

アベランジェ氏の死去にJFAの田嶋会長と小倉最高顧問がお悔やみ

超ワールドサッカー / 2016年08月17日12時37分

▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長と小倉純二最高顧問が、先日亡くなった国際サッカー連盟(FIFA)の第7代会長であるジョアン・アベランジェ氏への哀悼の意を示した。▽肺炎のために入院していたアベランジェ氏は、16日に逝去した。享年100歳。同氏はブラジルサッカー連盟の会長職や、スタンリー・ラウス(1895-1986)の後任として、第7代FIFA会長を [全文を読む]

3年連続AFC年間最優秀コーチ受賞の高倉監督「選手が頑張ってくれた」

ゲキサカ / 2014年12月01日10時27分

高倉監督の他に日本はインスパイリング協会賞をJFAが、ダイヤモンド・オブ・アジア賞を小倉純二JFA名誉会長が受賞するなど、事前に表彰されたものを含めて6部門で受賞。また、初めてAFC殿堂が創設されて奥寺康彦、澤穂希が殿堂入りしている。 ●受賞一覧 【ダイヤモンド・オブ・アジア】 小倉純二(日本) 【ドリーム・アジア】 カタールサッカー協会 【アスパイアリ [全文を読む]

“伝道師”岡野俊一郎氏逝去…川淵氏ら悼む「日本サッカーの誇り」

ゲキサカ / 2017年02月03日20時02分

謹んでご冥福をお祈りします」 ●小倉純二最高顧問 「デッドマール・クラマーさんを招へいしたときから、岡野さんは長沼健さん、平木隆三さんとタッグを組み、日本サッカーの躍進に力を尽くされました。JSL の創設にも携わられたわけですが、JSL がなかったら J リーグもできなかったわけで、岡野さんは、まさに日本サッカーの黎明期を支え、日本サッカーの基礎を築いた偉 [全文を読む]

日本航空が20年フットサルW杯の招致パートナーに

ゲキサカ / 2016年12月13日17時10分

小倉純二氏が会長を務める同招致委員会は、2020年フットサルW杯の日本開催を機にフットサルの素晴らしさを日本のみならずアジア、世界へと発信し、フットサルを次なるステージの競技へと進化させるべく、招致活動を行う。なお、契約期間は2017年1月末日までとなっている。 [全文を読む]

大仁邦彌JFA名誉会長、オシム元日本代表監督が旭日小綬章を受章

超ワールドサッカー / 2016年11月03日13時27分

▽サッカー界での叙勲は、初代Jリーグチェアマンでもある川淵三郎元会長が旭日重光章を受章したほか、長沼健元会長(故人)、岡野俊一郎元会長、小倉純二元会長、釜本邦茂元副会長が旭日中綬章を受賞するなど、多くの方が受章している。 ▽また、外国人のサッカー関係者では、1964年の東京オリンピックで日本代表のコーチを務めたデッドマール・クラマー氏(ドイツ/故人)や、 [全文を読む]

大仁名誉会長とオシム元日本代表監督が秋の受勲で旭日小綬章を受章

ゲキサカ / 2016年11月03日11時55分

なお、サッカー界における叙勲は、川淵三郎元会長が旭日重光章を受章したほか、長沼健元会長(故人)、岡野俊一郎元会長、小倉純二元会長、釜本邦茂元副会長が旭日中綬章を、元国際審判員でアジアサッカー連盟(AFC)の審判委員会副委員長などを務めた浅見俊雄氏が瑞宝小綬章を受章しているという。 JFAを通じて、田嶋幸三会長は「大仁邦彌名誉会長の旭日小綬章受章を心よりお [全文を読む]

代表強化を目的とした女子フットサルリーグのプレ大会が10月開幕!!《日本女子フットサルリーグ2016プレ大会》

超ワールドサッカー / 2016年09月07日15時23分

▽会見に出席した日本フットサルリーグの小倉純二会長は「昨年、AFC女子フットサル選手権マレーシア2015で日本は残念ながら決勝でイランに敗れました。次のAFC女子フットサル選手権では必ず優勝するために代表を強化をする必要があり、このリーグを発足させました」と、日本女子フットサルリーグ2016プレ大会発足の理由を明かし次のように続けた。「FIFAはワールドカ [全文を読む]

ゲキつよっ!!vol.2「フットサルとサッカーはおいしい関係!?」

ゲキサカ / 2016年07月09日11時00分

日本フットサル連盟会長に小倉純二さんが就任してから風向きは変わりはじめ、小倉会長がクラブに若返りを薦めると各クラブが実践するようになってきた。開幕戦には田嶋幸三日本サッカー協会会長も視察に訪れていたが、田嶋会長とはフットサルとサッカーは相互関係であるべきだという話をしている。日本サッカー界が抱える決定力不足の解決策のひとつとして、育成年代にフットサルもプ [全文を読む]

10周年の節目迎えるFリーグがキックオフカンファレンスを実施《SuperSports XEBIO Fリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年06月01日15時00分

▽今回の会見には、小倉純二最高執行責任者(COO)や北澤豪COO補佐、12チームから監督、選手の1名ずつ参加。小倉COOは、今シーズンが「Fリーグ創設10年目の節目」であるとし、「迫力のある試合をお見せし、皆様の期待に応えたい」と力強く誓った。その後、12チームの監督が順番にスローガンを発表。選手たちは、開幕節の対戦カード順に登場し、それぞれに新シーズンの [全文を読む]

6月に開幕する10周年を迎えるFリーグの新シーズン日程が発表! 記念ロゴも決定《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年04月07日18時45分

▽新たにCOOに就任した小倉純二氏は今年コロンビアで開催されるFIFAフットサルワールドカップの出場権を日本代表が逃したことについて「私も悲しい」と胸中を明かし、開幕から10周年目を迎えるFリーグについては「今年のFリーグは日本のフットサルを再建する素晴らしいシーズンにする必要がある」と力強く語った。▽また、10周年記念ロゴマークも発表。今シーズンは名古屋 [全文を読む]

グアムサッカー協会会長らが日本サッカー協会を表敬訪問 ~W杯2次予選に向け大阪で強化合宿を実施、意気込みを表明~

PR TIMES / 2015年08月31日17時20分

そして、小倉純二会長(当時のJFA会長)から、「(かつてグアムはFIFAランク最下位近くにいたが)グアムが中位グループにきてくれれば、上位グループを押し上げる。アジア全体のレベルアップのためにも、がんばってほしい」とエールを送られたことが今でも心に強く残っていると述べ、JFAのおかげで今日のグアム代表チームの存在があると伝え、今後のW杯予選でもチームのさら [全文を読む]

「有識者会議の委員を国会に証人喚問せよ」市民団体「新国立競技場」建設案に抗議声明

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月10日18時44分

国際コンクールでザハ案を選んだ建築家の安藤忠雄氏は会議を欠席、日本音楽著作権協会長で作曲家の都倉俊一氏は「屋根がないと外国人アーティストと長期契約が結べない」といい、日本サッカー協会名誉会長の小倉純二氏は、サッカーのW杯招致のためにも「8万人常設は必要」と求め、それぞれが業界のエゴを代表しただけだった。すでに、1年半以上前から当会は、建設費、維持費、工期、 [全文を読む]

FIFA不正「日本はアジア代表として解明求めよ」と釜本邦茂氏

NEWSポストセブン / 2015年06月27日07時00分

FIFA幹部の逮捕後、日本サッカー協会の小倉純二名誉会長は、「昨年のアジアサッカー連盟総会でブラッター氏を支持すると決めた」と強固な忠誠心を表明していた。 だが6月18日には、FIFA副会長でアフリカサッカー連盟(CAF)会長のハヤトウ氏が、2022年W杯開催地カタールから約2億円もの金銭をCAFが受け取っていたことを明かしたことが報じられるなど、汚染の [全文を読む]

FIFA理事にJFA副会長の田嶋氏が初当選! 4年ぶり日本人就任へ

ゲキサカ / 2015年04月30日20時43分

日本人がFIFA理事に就任するのは、2011年に理事を引退したJFA名誉会長の小倉純二氏以来、4年ぶり、史上4人目となる。 [写真]FIFA理事に初当選した田嶋幸三氏(前列左) [全文を読む]

[2011年の今日]小倉会長が南米へ出発。7月の南米選手権の参加困難を説明へ

ゲキサカ / 2015年04月03日12時00分

4年前の今日を振り返る連続企画 【2011年4月3日配信】 日本サッカー協会の小倉純二会長が3日、南米サッカー連盟の本部があるパラグアイに出発した。 [記事全文] 2010年4月3日の主な配信記事 ▼ザック視察も日本人初のミラノダービー出場ならず、長友は2戦連続出番なし ▼川崎F、2日の横浜FC戦で1千万円超えの義援金を集める ▼中田氏、北澤氏らがシンガポ [全文を読む]

[2010年の今日]フェルナンデス氏との交渉難航で新監督候補変更も

ゲキサカ / 2014年08月17日12時00分

4年前の今日を振り返る連続企画 【2010年8月17日配信】 日本サッカー協会の大仁邦彌副会長は16日、小倉純二会長、Jリーグチェアマンの大東和美副会長らに日本代表新監督への就任を要請している元ポルト監督のビクトル・フェルナンデス氏との交渉状況を報告した。 [記事全文] 2010年8月17日の主な配信記事 ▼ヤマナチオ? モンテチオ?山形はすべて「1-0」 [全文を読む]

[2010年の今日]新生・日本代表、9月4日にパラグアイとリベンジマッチ

ゲキサカ / 2014年08月04日12時00分

4年前の今日を振り返る連続企画 【2010年8月4日配信】 日本サッカー協会の小倉純二会長は3日、日本代表が9月4日に国内でW杯8強のパラグアイ代表と国際親善試合を行うことを明らかにした… [記事全文] 2010年8月4日の主な配信記事 ▼水野今季絶望か ▼[スルガ銀行CS]F東京がロスタイム大黒弾で追い付きPK戦勝利、日本勢初勝利 ▼ペップ、違約金覚悟で [全文を読む]

フォーカス