小室等のニュース

小室等とロバート キャンベルが考えるディランの文学性、受賞意義はボブ・ディランノーベル文学賞受賞記念「The Times They Are a-Changin’~時代は変わる~」

PR TIMES / 2016年10月21日12時44分

ミュージシャンの小室等と、アメリカ人の日本文学研究者・ロバート キャンベルが、ボブ・ディランの歌詞の文学的側面や、2016年にボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞する意味について探ります。どうぞお楽しみに。 ◆「ディランは、”賞の意味”をみんなに考えさせようとしている?」小室等によるカバーも。 [画像1: http://prtimes.jp/i/4829/ [全文を読む]

昭和は遠くなりにけり。永六輔にあって、大橋巨泉になかったもの

まぐまぐニュース! / 2016年09月20日21時00分

私は小室等のコーナーにゲストで出て、そのまま、楽屋で松元ヒロと話したりしていた。 そこに予定されていない客として田中が現われたのである。 私は、藤沢周平原作の映画「たそがれ清兵衛」に不気味な剣客として出たことや、山形の農民詩人、木村廸夫の人生を描いた「無音の叫び声」のナレーターとしての田中ぐらいしか知らなかった。 しかし、あとで聞くと、世界的な踊り手らし [全文を読む]

日本のフォーク、ロックの礎を築いた伝説のレーベルのドキュメント『ベルウッドの軌跡』刊行!大瀧詠一、細野晴臣、あがた森魚、鈴木慶一、高田渡、小室等…。輝かしい才能が集った70年代の音楽制作現場!

PR TIMES / 2015年12月07日11時01分

主なアーティストとしては、高田渡、小室等、あがた森魚、大瀧詠一、細野晴臣、鈴木慶一、遠藤賢司などが在籍。そして、ベルウッドで活躍したミュージシャンの中には、その後も日本の音楽シーンを牽引し続けている方々も多数おります。本書では、独特の香りを放つ上記の主なミュージシャンの作品群や活動をドキュメントタッチで追い、このレーベル歩みやの業界にもたらした大きな功績を [全文を読む]

<ベルウッド・レコード>創立40周年! はっぴいえんど、あがた森魚、「放送禁止歌」など全51タイトルが一挙発売

リッスンジャパン / 2012年10月01日14時00分

はっぴいえんど - アーティスト情報<ベルウッド・レコード>は、元キングレコードのプロデューサー三浦光紀氏を中心に、小室等らを始めとしたアーティスト達とキングレコードとが共同出資をして発足させた、当時のレコード業界としては画期的とも言えるメジャー・インディーのレコード会社。いち早く“ニュー・ミュージック”というコンセプトを標榜し、オフィシャル・リリース第1 [全文を読む]

TBS「報道特集」キャスター金平茂紀氏が言論や報道の自由を問う “原発プロテストソング”について小室等氏と語るトーク&ライブショー開催 ~2月26日(日)「カタログハウスの学校」セミナーにて~

@Press / 2012年02月20日11時30分

通販誌『通販生活』を中心に通販事業を展開している株式会社カタログハウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐倉 住嘉)は、主催する「カタログハウスの学校(カタログハウス本社:渋谷区代々木)」( http://www.cataloghouse.co.jp/study/?cid=pr )にて、ミュージシャン 小室等(こむろ ひとし)氏が司会をつとめる人気企画 [全文を読む]

専門誌『アコースティック・ギター・マガジン』の人気連載が一冊に!ギターの名手64人が愛用するアコギを一挙大公開!『プロがいちばん大切にしているアコギ』、6月19日発売

PR TIMES / 2017年05月29日12時00分

【登場ギタリスト全64人】有田純弘、アンドリュー・ヨーク、石田長生、伊藤ゴロー、イルカ、植村花菜、笛吹利明、内田勘太郎、打田十紀夫、遠藤賢司、大野真澄、大萩康司、大橋トリオ、おおはた雄一、岡崎倫典、沖仁、小倉博和、押尾コータロー、小野リサ、カニサレス、河島亜奈陸、岸部眞明、サキタハヂメ、木村大、小坂忠、河野文彦、小松原俊、小室等、斉藤和義、斎藤誠、坂崎幸之 [全文を読む]

日本のフォーク、ロックの礎を築いた伝説のレーベルのドキュメント 大瀧詠一、細野晴臣、あがた森魚、鈴木慶一、高田渡、小室等…。『ベルウッドの軌跡』全国の一般書店でも販売開始!

PR TIMES / 2016年03月01日10時00分

輝かしい一時代を築いた大瀧詠一、細野晴臣、あがた森魚、鈴木慶一、高田渡、小室等などの作品や活動をドキュメントタッチで追い、このレーベルの歩みや業界にもたらした大きな功績を語っています。『ベルウッドの軌跡』[画像: http://prtimes.jp/i/5875/1103/resize/d5875-1103-635050-1.jpg ]著者:奥和宏本体価格 [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 泉谷 しげるさんによるコラム『「オトコ」の生き方』の掲載を開始しました

PR TIMES / 2016年02月10日20時15分

1975年、吉田拓郎、小室等、井上陽水と共にフォーライフ・レコードを設立。だが、1977年のロックアルバム「光石の巨人」を最後に、フォーライフ・レコードを去る。その後、次第に個性を活かして俳優業へ重きを置く。以降、音楽活動と俳優業に加え、芸術面でも才能を発揮。ボランティアなど信念に基づくライブ活動をはじめ、幅広い分野で活躍。2013年12月末、NHK「紅白 [全文を読む]

<元TBS・社会部長が辛口批評>今のジャーナリズムはテレビ/新聞よりラジオが面白いのはなぜだ?

メディアゴン / 2015年10月23日07時30分

小室等(NHK「残間里江子のわがままホリデー」)残間さんから、これからの音楽活動について問われ、(ワンポーズあったあと・・・) 「銃を持って、外国へ行くようなことのないような活動をしてゆきます」と、キッパリ。*楠原佑介(文化放送「くにまるジャパン」)「この地名が危ない」著者先日の鬼怒川水害の時、埼玉県の東武伊勢崎線のせんげん台駅周辺の住宅地が水没した。日 [全文を読む]

カミナリグモが来春、ベルウッドレコードの[ROCKBELL records]より音源をリリース

okmusic UP's / 2014年10月26日16時00分

1970年代、「はっぴぃえんど」や「高田渡」「小室等」「あがた森魚」などを輩出し日本語のフォーク/ロック創世記を作ったされる『ベルウッドレコード』と、カミナリグモの融合はどのような科学変化を生み出すか楽しみだ。■ライブ情報『日本ドッ!真ん中ROCK』 11月02日(日) 長野県 辰野市 かやぶきの館 能舞台 『ノーベンバー・プラネタリウム』 11月 [全文を読む]

THE ALFEE 40周年で語る出会い、デビュー、下積み時代

WEB女性自身 / 2014年07月07日07時00分

審査員の小室等さんの目に止まって、すぐにレコーディングが決まりました」坂崎「それが高校3年生のとき。レコード会社2~3社から『大学に入ったらデビューしよう』って誘われていた。コマーシャルソングを歌ったり、セミプロみたいなことをやっていました。高見沢とは大学1年のときに出会って」高見沢(60)「坂崎は、初対面でも人懐っこかったね。僕は、ハードロック系をやって [全文を読む]

TBSラジオ イベント『我が青春のパック・イン・ミュージック』大盛況のうち終了!

PR TIMES / 2014年03月25日18時09分

参加して頂いた方、放送を聴いて頂いた方、ありがとうございました! <イベント出演> 小島一慶、小室等、白石冬美、兵藤ゆき、堀内孝雄、山崎ハコ、山本コウタロー、永六輔(1stのみ) <金曜ナチチャコパック傑作集1972年版> 出演:野沢那智 白石冬美 CD2枚組 1.-5.巻BOXセット 15000円(税別)※特典CD付き 1~5巻、単巻販売もあり 300 [全文を読む]

TBSラジオ 伝説の深夜番組「パック・イン・ミュージック」がトーク&ライブイベントで復活!

PR TIMES / 2014年01月17日15時47分

3月21日(金・祝日) 赤坂BLITZでトーク&LIVEイベント開催!『我が青春のパック・イン・ミュージック』 深夜放送ブームを起こし、一時代を築いた伝説のラジオ番組「パック・イン・ミュージック」がトーク&ライブイベントで復活します! 番組の思い出や裏話など、当時を振り返りながら、豪華ゲストによる音楽LIVEをお楽しみ頂けます! 『我が青春のパック・イン・ [全文を読む]

「中津川THE SOLAR BUDOKAN 2013」追加アーティスト発表&JR臨時便増発決定

okmusic UP's / 2013年08月10日15時00分

伝説の野外フェスティバル『中津川ソーラーフォークジャンボリー』の当事者であるフォーク界の大御所・小室等が同フェスに出演していた地元のフォークグループと繰り広げるスペシャルなプロジェクトであることにも注目したい。音楽史に残る伝説へのオマージュを体験できるのはこのフェスのみだろう。また、ザ・コレクターズの加藤ひさしが自然エネルギー啓蒙のために結成したバンドCH [全文を読む]

先月亡くなった田端義夫のドキュメンタリー映画『オース!バタヤン』公開

太田出版ケトルニュース / 2013年05月17日20時14分

浜村淳、立川談志、白木みのる、千昌夫、寺内タケシ、小室等ら、バタヤンを知る著名人が出演し、「20年ほど前、大阪の中座でホンモノのバタヤンを観た日から、ずっとバタヤンの映画を撮りたいと思ってきた。バタヤンが90歳を目前にしたある日、そのチャンスがやってきた。今しかない、ラストチャンスだ !」(公式サイトより)と語る田村孟太雲監督が、“旬のバタヤン”を捉えた作 [全文を読む]

フォーカス