小川賢太郎のニュース

「このままでは世界一になれない」すき家・小川会長が語った「苦悩と展望」(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月11日11時13分

その場には、ゼンショーの創業者で、いまも経営トップとして陣頭指揮にあたる小川賢太郎会長もいた。外食産業で日本一の企業グループを作り上げた小川会長だが、「すき家はブラック企業」との批判は相当こたえたようだ。会見では、ときおり目に涙を浮かべ、声を震わせながら、現在の苦境に対する思いを熱く語っていた。いまのままでは「フード業世界一の会社を作って、この地上から飢餓 [全文を読む]

「すき家」小川会長「300人の新卒が1人も内定辞退しなかったのは嬉しかった」

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月08日17時29分

深夜の1人勤務「ワンオペ」や、長時間労働が問題視された牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングスの小川賢太郎会長(66)が4月8日、東京・品川で記者会見を開いた。 この日の会見は、労働環境の改善状況をチェックした第三者委員会「職場環境改善促進委員会」(委員長:白井克彦・放送大学学園理事長)の報告書提出をうけて開かれた。3月31日に提出された [全文を読む]

ブラック批判うけた「すき家」小川会長、涙うかべる「妻が近所の人に避けられた」

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月08日13時08分

深夜時間帯に1人で勤務する「ワンオペ」など、過酷な職場環境が「ブラック企業」だと問題視された牛丼チェーン店「すき家」を運営するゼンショーホールディングスの小川賢太郎会長が4月8日、東京都内で記者会見を開いた。労働環境の改善状況を説明するなかで、小川会長が「辛かった」と目に涙を浮かべる一幕があった。 この日の会見は、すき家の労働環境を改善するために設置された [全文を読む]

ゼンショーと大阪大学石黒研究室の共同研究 卓上ロボットによるファミレスでの「おもてなし」実証実験に エーアイの音声合成AITalk(R)が採用

DreamNews / 2017年05月19日14時00分

高品質音声合成エンジンAITalk(R)を開発・提供する株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、以下エーアイ)は、株式会社ゼンショーホールディングス(代表取締役社長:小川賢太郎、本社:東京都港区、以下ゼンショー)と大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻知能ロボット学研究室(以下石黒研究室)が2017年3月29日(水)~4 月 4 [全文を読む]

ビリオネア入り シブサワ・コウ氏やすき家・小川社長らの素顔

NEWSポストセブン / 2017年04月19日11時00分

「すき家」や「はま寿司」などを経営するゼンショーHDの小川賢太郎氏は、初のビリオネア入りで39位(1170億円)にランクされた。 2014年に「ワンオペ(一人勤務での店舗営業)による24時間営業」でアルバイトを酷使するブラック企業と批判され、売り上げにも影響が出ていたが、小川氏自らが陣頭指揮に立って労務環境の改善に取り組んできた。 熾烈な価格競争がある外 [全文を読む]

日本長者番付クローズアップ 今年注目の5人を紹介

Forbes JAPAN / 2017年04月06日07時30分

牛丼長者、小川賢太郎(39位)牛丼チェーン「すき家」などを運営するゼンショーホールディングスの創業者で社長の小川は、同社株が1年間で30%上昇したことで、初めてビリオネアの仲間入りを果たした。小川は港湾労働者として働いた後、1982年にゼンショーを設立。同社は中国、ブラジル、マレーシア、タイ、台湾など9か国・地域にレストランを展開している。 [全文を読む]

【外食役員報酬ランキング】すかいらーく5億円超、破格の理由

プレジデントオンライン / 2017年04月05日09時15分

■経営者にも役員報酬格差が存在! そのほかの外食企業で、1億円を超える年俸を得ている経営陣は、コロワイドの蔵人金男会長とゼンショーHDの小川賢太郎会長兼社長兼CEOである。いずれも創業オーナーだ。もちろん、両トップを除いた平均額は低くなり、たとえば、コロワイドの15年度7660万円は3275万円と、半減を下回る平均額になる。創業オーナーとサラリーマン取締 [全文を読む]

牛丼業界、不毛な価格競争&疲弊の戦犯は、「リーダー」すき家である

Business Journal / 2015年10月13日06時00分

業界的にはよく知られた話だが、すき家を運営するゼンショーホールディングス(HD)の小川賢太郎会長と、松屋を運営する松屋フーズの瓦葺(かわらぶき)利夫会長は、共に吉野家で働いた経歴を持つ。そのため、3社はライバルでありながら、比較的仲間意識が強いとされる。 実際、吉野家の関係者に話を聞くと、すき家に対して、少なくとも敵愾心のようなものはまったく感じられない [全文を読む]

ワタミ、渡邉美樹氏の資産管理会社がいまだ強大な支配権 個人所得は年13億円

Business Journal / 2015年07月15日06時00分

だが、6月19日に開催された株主総会で小川賢太郎会長兼社長兼CEO(最高経営責任者)の再任は96.06%の高い賛成票を得た。 小川氏が株主の圧倒的な支持を得たのは、ゼンショーが個人投資家に人気の高い株式だからだ。人気の秘密が株主優待である。同社はすき家のほかにファミリーレストラン、ハンバーガー、パスタ、メキシコ料理、焼き肉、しゃぶしゃぶ、和食レストラン、回 [全文を読む]

すき家 カリスマ社長の改心でブラックのレッテル剥がせるか

NEWSポストセブン / 2015年04月14日07時00分

これまで同社のカリスマ創業者として徹底的に経営効率を図り、パートやアルバイトにも社員と同じような“モーレツさ”を求めてきた小川賢太郎会長兼社長は、いまの逆風をどう捉えているのか。「経営手法の変革を迫られて赤字に陥ったことは自身が貫いてきたスタイルに反することでもあり屈辱に違いない」と話すのは、外食ジャーナリストの中村芳平氏だ。 [全文を読む]

全国のすき家店舗で「QUICPay(クイックペイ)」の取扱いがスタート!

PR TIMES / 2015年03月24日11時53分

株式会社ゼンショーホールディングス(本社:東京都港区 代表取締役会長兼社長: 小川賢太郎)と、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区 代表取締役兼執行役員社長: 浜川一郎、以下:JCB)は、全国の「すき家」店舗における新たな決済手段として、ポスト ペイ型電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」の導入を進めてまいりましたが、本日、 全国のすき家(一部店 [全文を読む]

すき家、初の営業赤字で最悪の想定上回る 過酷な労働環境残存、深夜9時間休憩なし勤務も

Business Journal / 2014年11月12日06時00分

この時の記者会見で小川賢太郎会長兼社長は「アルバイトの新規採用と近隣店舗とのやりくりで、460店ぐらいはすぐにでも2人勤務体制に移行できる」と、余裕を見せていた。 ところが、9月末までに深夜営業を2人勤務体制に移行できたのは、わずか110店強。これにより24時間営業できる店は全国で589店に激減してしまった。すき家全店1981店の93%を占める1843店が [全文を読む]

すき家「ワンオペ」廃止で収支悪化、ゼンショーHD「赤字」が6倍に拡大

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月10日19時22分

このような事態を招いた経営責任を明確にするため、2014年12月から2015年5月まで、小川賢太郎会長の報酬を月額30%減額するとともに、その他の取締役の報酬も月額で10%減額する。 (弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

すき家、ワンオペで強盗被害数断トツ 約3年前に警視庁が一斉調査するも解消せず

Business Journal / 2014年08月16日01時00分

このため小川賢太郎会長兼社長は4月28日、第三者委員会を設置し、改善策の提示を求めた。報告書の提出を受け記者会見した小川氏は、深夜に1人勤務になっている状態を解消する方針を打ち出した。●11年に警視庁が一斉調査 [全文を読む]

牛丼が「三社三様」の変革期に突入 過去の常識は通用せず?

NEWSポストセブン / 2014年08月13日16時00分

小川賢太郎社長は、港湾労働の過酷な現場で仕事人としてのキャリアをスタートさせた。その後吉野家に入社した理由も「食」をビジネスとして捉えていたからだという。シンプルなオペレーションに店舗設計、さらに「歩くときは1秒2歩以上」「カウンター席の客には原則、注文から10秒で牛丼を提供」など極限まで効率化されたマニュアルをもとに売上を伸ばし続けてきた。 しかし、今年 [全文を読む]

すき家、驚愕の超社員管理体制 細かいすべての動きを秒単位で規定、間違うと叱責

Business Journal / 2014年08月12日01時00分

このため小川賢太郎会長兼社長は4月28日、第三者委員会を設置し、改善策の提示を求めた。報告書の提出を受け記者会見した小川氏は、深夜に1人勤務になっている状態を解消する方針を打ち出した。 [全文を読む]

すき家、社員の生命に危険を及ぼす状況と認定 その思想と体質の源を創業秘話に探る

Business Journal / 2014年08月10日01時00分

そのため、ゼンショーの労働環境に対する批判が強まり、アルバイト店員を補充できなくなり、今年4月には最大で123店舗が店を開けられない状態となり、同社の小川賢太郎会長兼社長は4月28日、第三者委員会を設置し、改善策の提示を求めた。これを受けゼンショーは8月6日、9月末までにワンオペを解消することを決定した。 ゼンショーHDは11年3月期の連結売上高が370 [全文を読む]

すき家は「ブラック企業」か? 小川会長「レッテル貼りはやめてほしい」【動画あり】

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月01日18時58分

そんな批判に対して、「すき家」を展開するゼンショーホールディングスの小川賢太郎会長はどう応えるのか。 小川会長のスタンスが浮き彫りになったのは、7月31日に開かれた記者会見後の囲みインタビューだ。この日、小川会長は、すき家の労働問題について第三者委員会がまとめた調査報告書を受け取った。そこで、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の大浜平太郎キャスターが [全文を読む]

すき家の「ワンオペ」解消はいつ? ゼンショー社長「決意」語るも時期は明言せず

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月31日23時34分

●「店を閉めろというのは、乱暴な話」 一方で、ゼンショーホールディングスの小川賢太郎会長は、「『人手が足りないなら店を閉めろ』というのは乱暴な話だ。ひとつの店で、働く人は15人から20人いる。すき家は、彼らにとってかけがえのない職場でもある。従業員やその家族からは店を開けてくれという声もあり、店を閉めるのは我々にとっても断腸の思い。一日も早く採用をして、 [全文を読む]

過重労働指摘の「すき家」 小川会長「成功体験を持つ幹部の意識は変えられなかった」

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月31日18時25分

牛丼チェーン「すき家」の従業員の労働が過酷すぎると指摘された問題で、運営会社「ゼンショーホールディングス」の小川賢太郎会長が7月31日、記者会見を開き、「顧客満足と従業員満足を考えながらやってきたつもりだが、労働時間という観点での具体的な管理については、やはり甘かったと認識している」と反省を口にした。 この会見に先立って、「すき家」の労働環境改善のために同 [全文を読む]

フォーカス