小川陽子のニュース

藤本麻子、吉田弓美子が首位T 堀琴音は1差逆転狙い最終日へ

ParOn.(パーオン) / 2017年04月22日18時26分

1打差3位にツアー初勝利がかかる堀琴音、2打差4位タイに松森彩夏、松森杏佳、小川陽子、申ジエ(韓国)が続いている。今季初勝利を狙うイ ボミ(韓国)はトータル3アンダー28位タイで最終日へ。昨年覇者の大山志保は4つスコアを落とし、トータル7オーバー94位タイと2戦連続の予選落ちとなった。また、今季開幕から5戦連続で予選落ちを喫していた諸見里しのぶが1イーグル [全文を読む]

中村獅童「お義母様がいたら…」婚約者を悩ます女将の試練

WEB女性自身 / 2014年12月11日09時00分

「婚約者とはいえA子さんはまだ梨園妻ではありませんから、遠慮していたのでしょう」(舞台関係者)11月17日には獅童の母・小川陽子さん(享年73)の一周忌法要が南青山の梅窓院で行われている。出席したのは獅童の叔父・中村嘉葎雄(76)、従兄・中村時蔵(59)、師と仰いだ故・中村勘三郎さんの夫人、その息子たちである勘九郎(33)、七之助(31)兄弟など。「小川陽 [全文を読む]

槇谷香が逃げ切って初優勝! 斉藤愛璃は53位タイ

ParOn.(パーオン) / 2014年10月02日19時26分

小学校時代からの友人で最終組スタートの小川陽子が通算7アンダーの2位。通算6アンダーの3位タイには小竹莉乃と江澤亜弥が入った。 注目の柏原明日架は通算2アンダーの18位タイ。北村響は通算イーブンパーの30位タイ。斉藤愛璃は通算2オーバーの53位タイに終わっている。主な選手のコメント槇谷香(優勝:-9)「ここはグリーンが小さい分、バーディチャンスにつきやす [全文を読む]

槇谷香が6アンダーで単独トップ 柏原明日架は6位タイ

ParOn.(パーオン) / 2014年10月01日17時18分

2打差の4アンダーで2位タイに、岡崎綾子、小川陽子、西美貴子、野口彩未の4人が追走。7月末のプロテストに合格した柏原明日架は、倉田珠里亜とともに3アンダーで6位タイにつけた。レギュラーツアーでも活躍している斉藤愛璃は、2アンダーの8位タイ、ディフェンディングチャンピオンの杉本愛理は、4オーバーの87位タイと出遅れた。主な選手のコメント槇谷香(1位、6アン [全文を読む]

「大先輩に、あまりにも失礼!」元夫・中村獅童の母の死去で竹内結子に批難殺到のワケ

日刊サイゾー / 2013年12月27日09時00分

17日に心不全で急死した歌舞伎俳優・中村獅童の母・小川陽子さんの通夜が19日、葬儀・告別式が20日、都内でしめやかに営まれた。 告別式では喪主を務めた獅童が「中村獅童はおふくろがつくった、小川陽子がつくった最高傑作だったと言われるような役者になれるよう頑張ります」と号泣しながら挨拶し、参列者の涙を誘ったが、集まった報道陣が注目したのは、獅童の前妻で女優の竹 [全文を読む]

年に1度の「きもの」の祭典、日本橋で開催。市川海老蔵や小川陽子、中村獅童ら参加

FASHION HEADLINE / 2013年10月07日13時00分

24日には、「梨園に学ぶ和のおつきあい術」と題し、俳優・中村獅童の母である小川陽子があいさつ、贈りもの、手紙などの作法を講演会形式でレクチャーする。特別ゲストとして中村獅童も参加する予定。その他、染職史家・吉岡幸雄のドキュメンタリー映画「紫」の上演、東京きものの女王2014コンテスト、きものサローネ in 日本橋、スタンプラリーなども予定している。全イベン [全文を読む]

中村獅童 不屈闘病にあった母への誓い「萬屋を絶やさない!」

WEB女性自身 / 2017年05月24日06時00分

思わず、こちらが泣いてしまいそうでした」(前出・梨園関係者) 獅童は母の葬儀で「中村獅童という役者は小川陽子が作ってくれたと思っています」と語った。そんな義母へ祈りを捧げ、沙織さんは「萬屋を絶やしてはいけない」と誓っている。 「獅童さんは自覚症状もなく元気だそうですが、内心では相次ぐ闘病に不安も感じているでしょう。沙織さんはそんな夫を付きっ切りで支えていま [全文を読む]

「こんなの初めて」堀琴音がゾーン突入でハーフ“29”!7アンダーで首位発進

ParOn.(パーオン) / 2017年04月21日19時39分

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)ALBA.Net関連記事・イ・ボミは痛恨ダボで35位 “日本で一番難しい”パー3に苦しむ・ダボ→イーグルで4アンダーの藤田光里「今年初の60台!」・レギュラーツアー4戦目で6位発進 小川陽子に意外な応援団?・2年前の涙は振り返らない 松森彩夏が好相性の地で2打差発進・キム・ハヌルは“初めて”の川奈で2位発進 難コ [全文を読む]

堀琴音が単独首位発進!イ・ボミは35位T、前年Vの大山志保は87位出遅れ

ParOn.(パーオン) / 2017年04月21日19時03分

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)ALBA.Net関連記事・イ・ボミは痛恨ダボで35位 “日本で一番難しい”パー3に苦しむ・ダボ→イーグルで4アンダーの藤田光里「今年初の60台!」・レギュラーツアー4戦目で6位発進 小川陽子に意外な応援団?・2年前の涙は振り返らない 松森彩夏が好相性の地で2打差発進・キム・ハヌルは“初めて”の川奈で2位発進 難コ [全文を読む]

結婚発表の“超プレイボーイ”中村獅童に心配の声「過去には岡本綾、高岡早紀と不倫も……」

日刊サイゾー / 2015年02月06日13時00分

また、竹内に梨園の妻に納まってほしかった獅童の母、小川陽子さんとの折り合いも悪かった」(スポーツ紙記者) とはいえ、離婚の直接の原因となったのは、獅童の女癖の悪さ。沙織さんとは5年前に知り合ったものの、プレイボーイのイメージが災いして、すぐには交際に至らなかったという。 「沙織さんの父親は警察関係者だそうですから、獅童の過去の行状を考えれば二の足を踏んでし [全文を読む]

「ザ・女優」竹内結子とは対極!?中村獅童の結婚相手は「プロ彼女」だった!

アサ芸プラス / 2015年02月05日17時58分

本来ならもっと早く結婚してもおかしくなかったのですが、獅童さんが世話になっていた中村勘三郎さんの訃報や母親の小川陽子さんの急逝などがあり、延び延びになっていたのが実状です」(歌舞伎関係者) 約5年間の交際を経て、晴れて結ばれた2人だが、気になるのはお相手のAさんの素性である。 獅童がマスコミ各社に送信した結婚報告のFAXでは「元会社員」と紹介しているのだが [全文を読む]

中村獅童の新妻 入籍前から「梨園の妻」として獅童を支える

NEWSポストセブン / 2015年02月05日16時00分

いざ喪が明け、結婚へと準備を始めようとした矢先、今度は母親の小川陽子さん(享年73)が急死してしまい、再び結婚を延期せざるを得なくなったんです」(歌舞伎関係者) こうした理由も知っていたからこそ、海老蔵もわがことのように喜んだのだろう。 「沙織さんは“朗らかで(獅童に)ぴったり”と生前の陽子さんも太鼓判を押していたお嫁さんで、陽子さんが亡くなってからは、籍 [全文を読む]

教育テレビで40人の偉人を演じてきた中村獅童の「凄いところ」

NEWSポストセブン / 2015年01月07日07時00分

でも、お忙しいし、断られるかな? と思っていたら、獅童さんのお母様(故・小川陽子さん)が、“素敵ね、やるわよ”と快諾してくださったんです。踊りも“獅童は歌舞伎役者ですから、舞えるわよ”と、お母様のひと言で決まり(笑い)。 獅童さんのすごいところは、男性が女性を演じる場合、普通は“女装”になるもの。でも獅童さんは、歌舞伎役者なので、所作がとてもきれいで、コス [全文を読む]

中村獅童 正月にまつわる中村勘三郎と「お袋」の思い出語る

NEWSポストセブン / 2015年01月01日16時00分

家ではおふくろ(故小川陽子さん・享年73)が作ったお雑煮を食べていました。関東風のおすましです。おふくろは京都出身だけど、父が東京だから合わせたんでしょうね。お正月の家庭の料理といえば、このお雑煮ですね。 おふくろは料理が上手でね、家に来た友人が“こんなにおいしい物をいつも食べてるんだ”と言っていたほどでした。 そんなおふくろと、 2013 年のお正月に [全文を読む]

【LPGA新人戦】平野ジェニファーが逃げ切り優勝!

ParOn.(パーオン) / 2014年12月12日15時45分

【最終日・主な選手の成績】1位 平野ジェニファー(4バーディ、2ボギーの70、通算5アンダー)2位 永峰咲希(6バーディ、1ボギーの67、通算3アンダー)3位 山田成美(3バーディ、1ボギーの70、通算2アンダー)4位 堀琴音(5バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの71、通算1アンダー)5位 北村響(7バーディ、4ボギーの69、通算イーブンパー)5位 大西 [全文を読む]

中村獅童、念願の『アメイジング・スパイダーマン2』声優に大抜擢!

Entame Plex / 2014年03月18日14時54分

そして、昨年12月に亡くなった母・小川陽子さんとの思い出に話題が及ぶと「おふくろもスパイダーマンが大好きだったんで喜んでくれてると思う。でも、以前全身タイツで散歩に出たら“それだけはやめてくれ”と言われました(笑)」とエピソードを紹介していた。 映画『アメイジング・スパイダーマン2』は4月25日(金)より全国にて公開となっている。 [全文を読む]

中村獅童 亡き母を継いで…婚約者が“女将修行中”

WEB女性自身 / 2014年01月16日07時00分

最愛の母・小川陽子さん(享年73)が昨年12月17日に急逝した悲しみを乗り越えながら、獅童はA子さんと共に新年のスタートを切っていた。「昨年11月に獅童さんが初めて座頭を務めた『十一月花形歌舞伎』の際は、陽子さんがA子さんを連れて一緒にご挨拶されていましたね」(前出・歌舞伎関係者)生前、陽子さんは“女将の心得”を、息子の婚約者に引き継ごうとしていたのだ。 [全文を読む]

中村獅童 後ろ盾無しから座頭公演までの母子二人三脚34年

WEB女性自身 / 2013年12月31日07時00分

12月17日、母親の小川陽子さん(享年73)が都内にある自宅の浴室で亡くなった。死因は心不全だった。母と二人三脚で歩んできた獅童。19日に営まれた通夜の後に会見に応じた彼がまず口にしたのは、母親への感謝の言葉だった。 獅童の父親である先代の中村獅童に嫁いだ陽子さんが歩んできたのは茨の道だった。「獅童さんのお父さんは、舞台上でかぶっていたカツラを投げつけて梨 [全文を読む]

獅童の母 息子の不祥事でひいき筋に何度も頭下げ詫び手紙も

NEWSポストセブン / 2013年12月30日07時00分

2013年12月17日、自宅の浴室で心不全のため亡くなった中村獅童(41才)の母・小川陽子さん(享年73)。 獅童といえば、絶頂期に映画『いま、会いにゆきます』で共演した竹内結子(33才)と、2005年6月に結婚。その時、竹内のお腹の中にはすでに赤ちゃんが宿っていた。 これをことの外、喜んだのが陽子さんだった。 「結婚発表があった後、劇場のロビーで陽子さん [全文を読む]

中村獅童の母 歌舞伎役者目指し大学中退の息子を後押しした

NEWSポストセブン / 2013年12月26日16時00分

2013年12月17日、自宅の浴室で心不全のため亡くなった母・小川陽子さん(享年73)の葬儀で、中村獅童(41才)は喪主として挨拶し、「ぼくは弱い人間です。ぼくは思っている以上にお母さん子だったみたいで、おふくろがいないと何にもできないんだってことが、今ごろになってわかりました」と言って号泣した。 陽子さんが、獅童の父であり故・萬屋錦之介(享年64)の義兄 [全文を読む]

フォーカス