小林啓一のニュース

高杉真宙&葵わかな、小林啓一監督の撮影は「毎回心が折れる」「良い意味でしつこい」

映画.com / 2017年06月10日19時15分

[映画.com ニュース] 俳優の高杉真宙が6月10日、東京・新宿シネマカリテで行われた、主演映画「逆光の頃」の完成披露上映会に、共演の葵わかな、清水尋也、メガホンをとった小林啓一監督とともに出席した。 人気フィギュア「コップのフチ子」の原案者としても知られる漫画家タナカカツキ氏の名作コミックを、「ももいろそらを」「ぼんとリンちゃん」の小林監督が実写映画化 [全文を読む]

高杉真宙、4年ぶりタッグで実写映画化「難しくて苦戦しました」<コメント到着>

モデルプレス / 2016年11月04日06時00分

◆4年ぶりのタッグ 監督・脚本は「ぼんとリンちゃん」以来4年ぶりに高杉とタッグを組む小林啓一氏。「いつかまた必ず一緒にお仕事をしよう」と交わした約束が実現した。 4年の月日を経て「演技に対する向き合い方や考え方が変わった」という高杉にとって、今回の再共演は「緊張しながらも楽しみでした」とのこと。「小林監督はじっくり撮る方なので撮影は大変なのは大変で、今回 [全文を読む]

「指原よりかわいい」アイドル評論家・中森明夫が女優・比嘉梨乃を絶賛!? 映画『ぼんとリンちゃん』トークイベントレポ

おたぽる / 2014年10月02日16時00分

本作の公開を記念して9月30日(火)、ゲストに中森明夫氏(作家/アイドル評論家)と本作監督の小林啓一監督、そして本作でキーマンとなる親友("肉便器"こと"みゆ")役を演じた女優の比嘉梨乃が公開記念トークイベントに登壇。当日参加した観客とともに、アイドル論を交えつつ、トークが行われた。 中森氏は「僕は"オタク"という言葉の名付け親だけど、この映画はホントに [全文を読む]

高杉真宙、主演映画完成も「見て“悔しい!”と思いました」

ザテレビジョン / 2017年06月11日08時05分

タナカカツキのデビュー作である同名漫画を、高杉真宙主演で7月8日(土)より全国順次公開される映画「逆光の頃」の完成披露試写会が、6月10日に東京・新宿シネマカリテで行われ、主演の高杉、共演の葵わかな、清水尋也、小林啓一監督が登壇した。 京都育ちの高校生・赤田孝豊を演じる高杉は「やっと見ていただける日が来た」と完成に喜び、孝豊の幼なじみ・みこと役の葵も「見る [全文を読む]

葵わかな、京都を舞台にした映画のヒロイン役を熱演「監督と根くらべしながら撮影しました」

GirlsNews / 2017年06月11日06時38分

女優の葵わかなさんが10日、新宿シネマカリテで行われた映画『逆光の頃』の完成披露上映会に出席し、主演の高杉真宙、共演の清水尋也、メガホンをとった小林啓一監督とともに舞台挨拶を行なった。 葵さんは、アイドルユニット「乙女新党」卒業後、女優業に専念、昨年はテレビドラマ『女優堕ち』(BS朝日)や、映画『ホラーの天使』で主演を務めた。今年3月には秋から放送予定の連 [全文を読む]

高杉真宙「京都で青春することができて楽しかった」 葵わかな「ちょっとでも京都らしさが出ていれば」

エンタメOVO / 2017年06月10日19時45分

映画『逆光の頃』の完成披露上映会が10日、東京都内で行われ、出演者の高杉真宙、葵わかな、清水尋也、小林啓一監督が登壇した。 本作は、フィギュア「コップのフチ子」の原案者でもあるタナカタツキ氏の同名漫画から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を実写映画化したもの。京都を舞台に、日常と非日常、夢と現実、双方の世界を行き来する [全文を読む]

高杉真宙、印象的だった言葉とは?葵わかな&清水尋也と撮影回想

モデルプレス / 2017年06月10日18時17分

【高杉真宙/モデルプレス=6月10日】俳優の高杉真宙が10日、都内で行われた映画『逆光の頃』(7月8日公開)完成披露舞台挨拶に葵わかな、清水尋也、小林啓一監督とともに出席した。同作は、異才のマンガ家タナカカツキ氏の処女作を原作に、京都に住む17歳の男子高校生・赤田孝豊の日常と夢、思春期のゆらめきを描いた詩的な青春映画。 主人公の孝豊を高杉、孝豊の幼なじみ・ [全文を読む]

高杉真宙、まさかの手の角度で撮り直し「心が折れて…」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年06月10日17時59分

この日は、共演の葵わかな、清水尋也、小林啓一監督も出席した。 異才のマンガ家・タナカカツキの名作を実写映画化した本作。同級生との別れやケンカ、幼なじみの少女との初恋など、思春期ならではの経験をする高校生・赤田孝豊(高杉)のゆらめきときらめきを、京都の街並みを背景に鮮やかに描き出す。 高杉は「現地にいる時間が長く、最初は(スタッフから)『観光で来た男の子』と [全文を読む]

高杉真宙、葵わかならとの京都生活に青春重ね合わせる「自分の学生時代とすり替わった」

CinemaCafe.net / 2017年06月10日17時15分

京都を舞台に、少年の思春期を描く映画『逆光の頃』完成披露上映会が6月10日(土)、新宿シネマカリテにて行われ、出演する高杉真宙、葵わかな、清水尋也、小林啓一監督が登壇した。実際に京都に住んで撮影をしていたという高杉さんは、「最初は『観光しにきた男の子』と言われていたんですけど、なじんでいくうちに『現地の子になってきたね』って」と、うれしそうに笑顔を広げ、「 [全文を読む]

高杉真宙、古都・京都で夢と現実に揺らめく…『逆光の頃』予告編

CinemaCafe.net / 2017年06月03日07時00分

高杉真宙が『ぼんとリンちゃん』の俊英・小林啓一監督と再タッグを組んだ主演作『逆光の頃』。京都を舞台に高校生を演じ、葵わかな、清水尋也といった若手注目キャストと共演した本作から、予告編とポスタービジュアル、新場面写真が解禁となった。 日本の歴史を感じさせる古都、京都。京都生まれの京都育ち、どこにでもいるような平凡な高校2年生の赤田孝豊は、同級生たちとの友情や [全文を読む]

フォーカス