小西彩乃のニュース

「小西の音楽祭」で感じた東京女子流 進化の可能性

dwango.jp news / 2014年10月23日18時32分

東京女子流の小西彩乃が二回目となる「東京女子流 小西の音楽祭 Konishi's Music Festival」を2014年10月21日にAKIBAカルチャーズ劇場にて開催した。この日、2度目の開催ながらまだ馴れない一人舞台に緊張を魅せた小西彩乃。しかし、実際に歌唱が始まれば、アカペラも交えながら高いパフォーマンスを披露。ダンスで魅せることもない、つまり、 [全文を読む]

東京女子流ツアーFINAL日比谷野音大成功!サプライズも

dwango.jp news / 2014年06月16日11時42分

この『ヒマワリと星屑』は代表曲ながら、結成当初より東京女子流のボーカルをひっぱってきた「小西彩乃」が昨年より歌の調子を崩し、昨年の武道館よりその歌唱パートを別のメンバーが担当していた曲。その歌唱パートを、オリジナルのとおり小西彩乃が歌い出し、パフォーマンス。長く心配していたファンの歓喜の絶叫がライブ全体をヒートアップさせた。この日、東京女子流メンバーは全員 [全文を読む]

東京女子流・小西彩乃”卒業コメント”に隠された平成アイドルの苦悩

デイリーニュースオンライン / 2015年12月29日12時00分

5人組のアイドルグループ『東京女子流』の小西彩乃(18)が、グループを卒業し芸能界も引退することが分かった。小西は持病の腰痛を抱えており、治療に専念するために今年6月から活動を休止。復帰に向けて治療を続けていたが、突然の卒業発表。小西は事の経緯を公式ホームページにこう綴っている。 「東京女子流として同じ夢を目指して頑張っていける自信がなく、4人がこれからも [全文を読む]

東京女子流 小西彩乃に見た「アイドルの次」への挑戦

dwango.jp news / 2014年11月27日17時52分

東京女子流 小西彩乃が「小西の音楽祭」で目指したものは何だったのか?「歌が好き」と公言するアイドルは多いが、今回、小西彩乃が挑戦した「小西の音楽祭」は歌が好きなだけではおよそやり遂げることが出来ないような過酷なプログラムだった。庄司芽生をゲストに迎え開催した「東京女子流 小西の音楽祭Konishi’s Music Festival Vol.4」。この日のセ [全文を読む]

新曲を聴いたら大人の人はグッときちゃうかも―東京女子流の最新シングルはソロパートありのバラード!

エンタメNEXT / 2014年10月12日17時00分

今回の出演者は庄司芽生、新井ひとみ、小西彩乃の3人だ。 11月24日に全席指定の六本木ブルーシアターにて開催される「@JAM the Field vol.6」では、第一弾アーティストの1組として発表された東京女子流。12月10日には、約半年ぶりとなるシングル『Say long goodbye / ヒマワリと星屑 -English Ver.-』をリリースする [全文を読む]

東京女子流が魅せつけた表現者としての進化

dwango.jp news / 2014年09月13日21時40分

小西彩乃の痺れるような低音と中江友梨の高音のハーモニクスのアンサンブルが美しい。緩急自在のダンスも美しい曲線を描いていく。続く『追憶 -Single Version-』は完全なる静。真逆の世界感へ一瞬にして導く手腕はさすがの一言。山邊未夢は「女子流にも明るい曲が数曲あるんです!」という自嘲気味な言葉と共にスタートした『それでいいじゃん』『大切な言葉』もただ [全文を読む]

乃木坂生番組に東京女子流登場!「東京乃木流」披露も

dwango.jp news / 2014年05月29日19時10分

小西彩乃には他のメンバーからのリクエストで「二の腕」を触ることに。「つべつべですねえ」とご満悦の松村。そのまま、両腕をさすりながら後ろへ回る、固まる小西彩乃。「お母さんに電話してあげたら、お小遣い貰えます!」という、占いなのか何なのかわからない提言を!次の中江友梨には太ももを中心に脚をさすりながら「卵料理を食べると明後日くらいにいいことがあるかも!」と占う [全文を読む]

東京女子流メンバーがボーカル参加するMaltine Girls Waveの楽曲5曲に5人のクリエイターがMVを制作

okmusic UP's / 2013年11月10日15時00分

(1)「マジ勉NOW! feat.新井ひとみ」 音楽:dancinthruthenight(tohubeatとオカダダによるユニット) ボーカル:新井ひとみ(東京女子流) 映像:NiceGolden!!!@contrarede (2)Spica feat.小西彩乃 & 生活必需品 音楽:fazerock ボーカル:小西彩乃(東京女子流) & 生活必需品 [全文を読む]

東京女子流 4人体制で2016年始動!3ヶ月連続でワンマン開催

dwango.jp news / 2016年01月15日18時32分

昨年末、メンバーの小西彩乃が卒業となり、4人での活動継続を発表した東京女子流だが、4人体制で1月から3ヶ月連続でのワンマンを予定。 今回は既に発表されているとおり、CLUB TGSと呼んでいるように、ノンストップで繋がっているライブパフォーマンスと、「HOT LINE-UP」と呼ばれてる目玉曲のパフォーマンスがあるとのこと。 1/17の1部14:30~の公 [全文を読む]

東京女子流 成長を実感させた5周年記念ライブが映像作品化!

dwango.jp news / 2015年12月17日21時59分

小西彩乃、山家未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生の5人からなる同グループは、デビュー初年度から単独ライブを行う一方、フェスやイベントなどに積極的に出演してきた。 そんな中、デビュー5周年ライブを6月13日にZepp Diver Cityで開催。その様子を収めたライブDVD『TOKYO GIRLS’ STYLE 5th Anniversary LIVE [全文を読む]

ガンバレル 東京ゲームショウ2015出展ブースの「宇宙海賊ポップイ」公式プレイヤー出演日程を発表

DreamNews / 2015年09月14日13時00分

【出演者概要】◆東京女子流*(TOKYO GIRLS' STYLE)「音楽の楽しさを歌って踊って伝えたい!」小西彩乃・山邊未夢・新井ひとみ・中江友梨・庄司芽生からなる5人組ガールズ・ダンス&ボーカルグループ。2010 年1月1日に結成。LIVE活動からスタートし同年5月5日にCDデビュー。盛り上がるガールズグループシーンの中で、音楽・パフォーマンスともに [全文を読む]

東京ゲームショウ2015 ガンバレル出展ブースに「宇宙海賊ポップイ」芸能人公式プレイヤーの出演を発表

DreamNews / 2015年09月03日13時00分

【出演者概要】◆東京女子流*(TOKYO GIRLS' STYLE)「音楽の楽しさを歌って踊って伝えたい!」小西彩乃・山邊未夢・新井ひとみ・中江友梨・庄司芽生からなる5人組ガールズ・ダンス&ボーカルグループ。2010 年1月1日に結成。LIVE活動からスタートし同年5月5日にCDデビュー。盛り上がるガールズグループシーンの中で、音楽・パフォーマンスともに頭 [全文を読む]

TRF、hitomi、剛力彩芽などジャンル&世代を超えたJ-POP豪華祭典「a-nation island」2日目開催

okmusic UP's / 2015年08月03日11時00分

治療のため活動休止中の小西彩乃がいない4人でのパフォーマンスとなった。6月にリリースされた「Never ever」では大人っぽさを感じさせるしなやかな歌とダンスを披露でクールスイートな面が際立った。続いて爽快なナンバー「ゆうやけハナビ」を歌い元気に会場を盛り上げる。最近では海外での活動も多い東京女子流だが、9月には東京でのワンマンライブも控えている。国内外 [全文を読む]

今年で9周年の全国総合エンタメコンテスト!『キラチャレ2015』がエントリー開始!

PR TIMES / 2015年05月05日12時07分

過去キラチャレからは、今年度のオフィシャルサポーターであり、集英社『Seventeen』専属モデル、女優として活躍中の「飯豊まりえ」や「東京女子流」のメンバー3人(山邊未夢、中江友梨、小西彩乃)等が輩出されている。今年度もキッズ時計とコラボしたオーディションを同時開催。本オーディションを勝ち抜いたキッズはキラチャレ決勝大会に進出できるとの事だ。 [全文を読む]

東京女子流に謎のメールが届く「助けて下さい!」

Smartザテレビジョン / 2015年03月06日19時18分

東京女子流は、庄司芽生、新井ひとみ、山邊未夢、中江友梨、小西彩乃の5人による結成5年のガールズ・ダンス&ボーカルグループ。 本ドラマでは、彼女たちがDJを務めるラジオ番組に、ある教会から「うちで歌ってくれないと困る」とメールが届くところから物語が始まる。 このメールを見た5人は、教会でライブを開催することを発表するが、調べてみるとメールの送り主のはずであ [全文を読む]

竹中夏海が語るスパガ最新シングル「(浅川)梨奈ちゃんは後々革命を起こせるタイプ!」

エンタメNEXT / 2015年02月26日08時00分

今だと、東京女子流のあぁちゃん(小西彩乃)もそうだし、E-girlsもあれだけダンスに徹するメンバーがいる中でボーカルのKAREN(藤井夏恋)ちゃんの動きが好き。 彼女たちは歌わなきゃいけないから上体がブレないんですよね。抑えるとこはきちんと抑える、というのができる子に惹かれるので、どうしても歌に重きを置いたメインボーカルたちのダンスに目が行きやすいんです [全文を読む]

東京女子流新曲 メインボーカルに新井ひとみ起用

dwango.jp news / 2015年02月17日21時18分

今後は3月13日の教会LIVEで小西彩乃がピアノの演奏をすることなどが発表されており、文字通り、メンバー全員で作り上げていく新曲『Stay with me』となっていくことだろう。 [全文を読む]

東京女子流 「ザ・単ドク」初回公演は渾身の11曲ノンストップライブ!

エンタメNEXT / 2015年01月19日12時00分

小西彩乃は憂いのある歌声を操り、楽曲を彩る。ステージの後方に下がって何か大きな布を取り出したかと思うと『十字架』へ。マントをひるがえし、妖艶なパフォーマンスを繰り出す。 続いては中江友梨がキーとなる『Killing Me Softly』。そしてバラード『Say long goodbye』と、聴かせるナンバーが続く。中江の歌が驚くほどに成長し、安定している。 [全文を読む]

東京女子流「ギターと歌」革新的ライブで聞かせた可能性

dwango.jp news / 2015年01月06日23時52分

AKIBAカルチャーズ劇場は、メンバーの小西彩乃が「小西の音楽祭」を開催していた場所。オープニングは小西がひとりで登場し、ファンに「小西の音楽祭最終回で、この経験を女子流の活動に活かす。と言いました。それが実現しました。今回は私一人じゃないです!」とメンバーを招き入れた。体調不良で中江友梨が欠席となったが、メンバー4人、緊張の面持ちでライブはスタートした。 [全文を読む]

東京女子流「アーティスト宣言」の歴史的一夜

dwango.jp news / 2014年12月21日12時11分

ダークな世界を見事に表現していく5人、中でも小西彩乃の艶やかな低音が素晴らしい。続くは『ディスコード』『LIFE SIZE』と攻撃的な楽曲で早くもたたみかけてくる。中江友梨、山邊未夢は高低を駆使したボーカルで魅せ、新井ひとみと庄司芽生はダンスや表情で言葉や音に色を付けていく。曲終わりのMCは庄司曰く「いつもこんな感じ」の緩い内容。しかし、小西、山邊、中江が [全文を読む]

フォーカス