小西良太郎のニュース

【詞屋/「聴きたい歌が無いッ」自分らで歌つくってん!】MEG-CDで発売!

DreamNews / 2015年12月24日10時00分

ミイラ取りがミイラになった僕の、これが推薦のココロだァ!小西良太郎 発売商品■詞屋/「聴きたい歌が無いッ」自分らで歌つくってん!収録曲1. 天空の夢 歌:出口美保 作詞/ 作曲:大森青児 編曲:松原組2. スタンダード・ナンバー ~あの頃に戻って~ 歌:なかのあけみ 作詞:槙映二 作曲:上原昇 編曲:山田恵範3. 月ひとつ 歌:田尾将実 作詞:森脇京子 作 [全文を読む]

フルコーラスにこだわったSP番組『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』BSフジにて放送

okmusic UP's / 2016年12月08日18時30分

【その他の画像】岡千秋番組では、弦哲也、杉本眞人、岡千秋という当代の演歌・歌謡曲界を代表する3人のヒットメーカーが自作を歌うと共に、芸能界の生き字引として知られる音楽評論家・小西良太郎氏とタレントの松本明子を相手に、自らの足跡やヒット曲誕生の陰のエピソードなどを語る。3人をよく知る小西氏がホスト役を務める時点で、濃い話が聞けるであろうことは予測できるが、共 [全文を読む]

日本橋三越本店 昭和のスターとアイドル展 ~テレビからヒット曲が生まれた時代~ 5月3日(火・祝)~5月9日(月)新館7階ギャラリー 午前10時30分~午後7時【午後7時30分閉場】

PR TIMES / 2016年04月27日19時27分

【新館7階ギャラリー 展示概要】 1.ジャズ・エイジの夜明けとともに始まった歌謡曲 2.叙情性が新鮮だった古賀政男メロディー 3.音楽隊出身の服部良一、真骨頂はジャズとリズム 4.焼け跡に花が咲いた三木鶏郎と冗談音楽 5.踊って歌えるブギが流行、少女スター美空ひばりの誕生 6.アイドル第1号は三人娘「ひばり・チエミ・いづみ」 7.日本に定着したシャンソン [全文を読む]

『昭和のスターとアイドル展』、5月に日本橋三越本店にて開催決定! コンサートや屋上ライブも

okmusic UP's / 2016年04月04日20時30分

■『昭和のスターとアイドル展』期間:5月3日(火・祝)~5月9日(月)場所:日本橋三越本店主催:NPO法人ミュージックソムリエ協会■新館7Fギャラリー「昭和のスターとアイドル展」展示会場/ギャラリートーク予定■本館6階 三越劇場(1)「マイ・ラスト・ソング2016」~歌謡曲が街を照らした時代~5月6日(金)・9日(月)18:30/19:00出演:小泉今日子 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(11)母娘でアルバムの1位記録を獲得

アサ芸プラス / 2013年10月03日10時00分

初代の小西良太郎は石坂の過剰なキャンペーンに紙面を割いた“良きパートナー”であったが、その小西の指名で阿部が継いだのは、2000年のことだった。 「記者の身からすれば『圭子さん』と呼ぶしかないが、それを許さない。しかたなく本名の『純子さん』と呼ぶ。あれだけ知名度があっても、芸名への愛着はみじんも感じられなかった」 初対面の時点で圭子は、かなり視力が低下して [全文を読む]

2013年もバラエティ豊かなプログラムを提供

PR TIMES / 2013年04月01日14時23分

月曜日はメインパーソナリティの小西良太郎はそのままに、新たにチェウニがレギュラーとして参加。毎回ゲストを招き業界の裏側をトークします。水曜日は、新パーソナリティにビリーバンバンを迎え、気の合う仲間たちをゲストにシニア向けのトークをお届けします。 ■詳しい情報は下記番組ホームページでご覧いただけます。 http://music.usen.com/specia [全文を読む]

コンサート、ディナーショーを満席にしている、巷の大物が今動き出す ★ 「さらなる飛躍!!」新田晃也を聴く会 ★ 開催のご案内

PR TIMES / 2012年02月13日12時21分

■ 発起人小西 良太郎(音楽評論家)坂本 敏明(キングレコード株式会社 常務取締役)田辺 靖雄(一般社団法人日本歌手協会代表理事)赤間 剛勝(音楽プロデューサー)田村 仁(写真家)石原 信一(作詞家)小林 次郎(ファンクラブ代表)■ 発起人代表『小西良太郎』様からのコメント(開催によせて)まさに、“継続は力”なのです。2012年早春、無名の実力派・新田晃也 [全文を読む]

フォーカス