山下和彦のニュース

『KIRINアクセラレーター』成果発表会(Demo Day)開催、支援プログラム参加起業チームが成果を発表

PR TIMES / 2017年01月25日17時21分

● KIRINアクセラレーター URL : http://kirin.01booster.com/2016/ [画像: https://prtimes.jp/i/16550/100/resize/d16550-100-679926-0.jpg ] 【発表した起業チーム】 ● 株式会社オマツリジャパン https://omatsurijapan.com ● [全文を読む]

優勝金100万円コンテスト【第2回3D-Business Digging Festival】今年のテーマは−Quick&Dirty Prototyping−コンテスト開催

PR TIMES / 2016年08月29日17時35分

《前回優勝者 山下和彦さまから参加者の皆様にビデオメッセージが届きました》 [動画: http://www.youtube.com/watch?v=eQo5Q36u_oY ] 企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

日本初!学会検診事業と健康情報の保全・流通をガイドライン化~ウェアラブル端末の普及時代に新たな情報管理の方法として~

DreamNews / 2015年05月27日14時00分

< 一般の方からのお問い合わせ先 > 担当: 石井、阿久津メールアドレス: checkup@ithealthcare.jpTEL: 03-5244-5807(株式会社MTヘルスケアテ゛サ゛イン研究所)ホームページ: http://ithealthcare.jp < 報道関係者からのお問い合わせ先 > 広報代行 共同PR株式会社担当: 玉手・大浦・中澤TE [全文を読む]

疾風!ボートレース「“電撃速攻”白石健が主力陣を一蹴!」

アサ芸プラス / 2014年06月19日09時57分

今回のメンバーは新進気鋭の前田将太を筆頭に、山本浩次、山下和彦、深井利寿、眞田英二ら4日開催と思えないほど主力陣の層が厚い。白石が1着でも意外な配当をつけるだろう。 なお、白石の次走は7月3日~8日のGI「蒲郡周年」となっている。 ◆ボートレース評論家・水上 周 ◆アサヒ芸能6/17発売(6/26号)より [全文を読む]

元近鉄バファローズ捕手 韓国・斗山ベアーズ監督就任の経緯

NEWSポストセブン / 2014年05月22日11時00分

投手コーチだった権藤を中心に、小野和義、阿波野秀幸、吉井理人、山下和彦に、何故か石山も参加して、「GON会」なるものを結成(今は散会)。毎年の権藤の誕生日(12月)には、東京でゴルフコンペを開いていた。 石山は大阪から飛行機で出てくるのだが、いつも帰りは嬉しそうにしていた。「行きはエコノミー、帰りはファースト」──それが、ゴルフのうまい彼の、私に対する口癖 [全文を読む]

福島第一原発作業員の悲鳴「東京五輪なんてできない…」

WEB女性自身 / 2013年09月30日07時00分

ところが5日後の民主党大会で質問された東京電力(以下、東電)の山下和彦フェローは「今の状態はコントロールできているとは思わない」と、首相の“公約”を真っ向から否定した。 最初に汚染水漏れを東電が認めて以後、数多くの漏えい事故が報告されている。汚染水は本当にコントロールできているのか?本誌は、現場作業員たちの“生の声”を聞いた。 「漏れたタンクは継ぎ目をボト [全文を読む]

安倍総理「名スピーチで隠した“不都合な真実”」(1)被災地では“五輪どころじゃない”の声も

アサ芸プラス / 2013年09月26日09時58分

9月13日の民主党の福島第一原発対策本部の会合で、民主党の増子輝彦副代表に汚染水問題を追及された東電の山下和彦フェローが、 「申し訳ありません。今の状態はコントロールできていないと考えております」 と、汚染水の制御不能を認めてしまったのだ。政治部記者が言う。 「安倍総理のスピーチを、東電側が真っ向から否定したことで現場は騒然となりました。慌てた菅義偉官房長 [全文を読む]

安倍首相はなぜウソをついてしまうのか?

週プレNEWS / 2013年09月24日10時00分

健康問題については今まで現在も将来もまったく問題はありません」(9月7日、IOC総会にて) この発言に対し、山下和彦東電フェロー(技術顧問)は「今の状態はコントロールできていないと、われわれは考えている」と真逆の意見を述べている。どちらが真実かは、言うまでもないだろう。 ウソも方便という言葉があるように、五輪を東京に招致したいあまりについてしまったウソなの [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第3回 谷繁元信と権藤博の「一意奮闘」(2)

アサ芸プラス / 2012年09月18日10時59分

責任は私が取るのですから」 近鉄時代の89年に、レギュラーとしてマスクをかぶっていた山下和彦(現DeNAコーチ)は、 「ベンチから権藤さんが『行け』って大声を出す。それが緩いボールを投げろっていうサインだった」 と振り返る。権藤は緩い球を上手に使う配球を好んだ。 谷繁自身も当時、こんなことを言っていたのを思い出す。「大矢さん(=明彦=。権藤の前任者)は、捕 [全文を読む]

フォーカス