山内隆司のニュース

G大阪の山内隆司社長がJリーグからの制裁を受けてコメント「社会的な責任の重さを痛感」「新たな応援スタイルを一緒に作り上げていく」

超ワールドサッカー / 2017年05月11日20時52分

▽ガンバ大阪は11日、Jリーグからの不適切なフラッグ掲出に関する制裁について、山内隆司代表取締役社長のコメントを発表した。 ▽4月16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のセレッソ大阪戦で、試合前の場外およびビジター側ゴール裏スタンドにて、G大阪のサポーター1名が、ナチス親衛隊のシンボルマークに酷似したデザインの旗(SS旗)を振る行為が発覚。G大阪は「 [全文を読む]

ナチス連想の応援旗で制裁金200万円…G大阪社長「厳粛に受け止める」

ゲキサカ / 2017年05月11日19時10分

ガンバ大阪は11日、サポーターの不適切なフラッグの掲出により制裁を科されたことを受け、代表取締役社長を務める山内隆司氏のコメントを発表した。 Jリーグは4月16日にヤンマースタジアム長居で行われたJ1第7節・C大阪戦において、試合前の場外およびビジター側ゴール裏スタンドにてG大阪のサポーター1名が、ナチス親衛隊のシンボルマークに酷似したデザインの旗を振る行 [全文を読む]

【六川亨の日本サッカー見聞録】差別的なフラッグで川崎Fは2試合の無観客試合か

超ワールドサッカー / 2017年04月28日12時15分

▽事実を確認したG大阪の山内隆司社長は、4月21日の大宮戦からフラッグの掲出を控えるようサポーターに求め、その後は今シーズンの公式戦のすべてでフラッグ等の掲出を禁止。そしてSS旗を作成したサポーターグループの代表者と協議した結果、グループの解散と同グループに所属するサポーターを無期限で入場禁止の措置をとったことをJリーグに報告した。▽今後、G大阪は応援に関 [全文を読む]

Jリーグ「旭日旗は政治的、差別的ではない」…“フラッグ問題”、理事会で長時間議論

ゲキサカ / 2017年04月27日23時08分

理事会ではG大阪の山内隆司社長から事件の経緯と今後の方針の説明を受けたという。G大阪からは実行者の特定と、実行者が所属するサポータークラブの解散届を受け取ったと報告を受け、メンバーに無期限入場禁止処分を科す方針を示されたことを説明。同日、クラブは公式サイトで当該グループ全員を無期限入場禁止としたことを発表した。 チェアマンはJリーグの試合がドイツ国内でも [全文を読む]

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態

Business Journal / 2017年04月13日06時00分

5月31日の定時総会で、新任の副会長4人にトヨタ自動車の早川茂取締役・専務役員、新日鐵住金の進藤孝生社長、三菱電機の山西健一郎会長、大成建設の山内隆司会長が加わる。「トヨタと新日鐵住金は指定席だ」――、榊原氏は昨年末から周辺にこう語ってきた。トヨタと新日鐵住金からの起用は順送りのように見えるが、内実は異例ずくめだった。社長は社業に専念し、財界活動は社長経験 [全文を読む]

五輪で繁忙、建設業は「週休2日」すら取れない 工事現場の「ホワイト化」目指し業界が団結

東洋経済オンライン / 2017年04月10日08時00分

残業規制をすぐに適用すれば、「いろいろなハレーションが予測される」(大成建設・山内隆司会長)。そのため法改正から残業規制の適用までには、5年の猶予を設ける。工事現場で働くのは、とび職や左官といった下請けの技能労働者のほか、ゼネコンの技術者だ。「バブル崩壊後に新卒採用を抑えた結果、仕事量は増えても人手が足りない。土曜は交代で月2回休めればよいほう」(ゼネコン [全文を読む]

博多陥没事故の「危険な」大成建設、新国立競技場建設への不安…安倍首相との親密すぎる関係

Business Journal / 2017年03月15日06時00分

大成建設の山内隆司会長は、5月31日に日本経済団体連合会(経団連)の副会長に就く。建設業界からの副会長就任は、2002年に経団連が日本経営者団体連盟(日経連)と統合する以前を含めて初めてだ。 経団連の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問)は2月6日の記者会見で、建設業界からの副会長起用について、「(経団連では)審議員会の副議長として、山内氏と宮本洋一清水建設代 [全文を読む]

トヨタ、「安倍首相のいいなり」を頑なに拒絶…経団連・財界に嫌気で軽視鮮明に

Business Journal / 2017年02月27日06時00分

日本経済団体連合会(経団連)は、新任の副会長に新日鐵住金の進藤孝生社長、大成建設の山内隆司会長、三菱電機の山西健一郎会長、トヨタ自動車の早川茂取締役・専務役員の4氏を充てる人事を内定した。5月31日の経団連の定時総会で副会長に就く。今回の人事に伴い、副会長は16人から18人に増え、来年6月までの任期の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問)を支える。 大成建設の [全文を読む]

G大阪MF堂安、リオ金メダリストら豪華アスリートと肩を並べる「僕も東京五輪につなげたい」

ゲキサカ / 2017年01月17日16時41分

なお、堂安は表彰式を欠席し、代理としてクラブの代表取締役社長の山内隆司氏が表彰状と記念品の盾を受け取った。 堂安は今回の受賞にあたり、クラブ公式サイトを通じて「今回、このような賞をいただくことができ、大変嬉しく思います。昨季はU-23のチームが中心でしたが、1年を通じてついた力、AFC U-19選手権で戦った結果を評価いただいたのだと思っています。今季はト [全文を読む]

G大阪、「波瀾万丈の4年3か月」を過ごした野呂社長が退任…山内新社長就任

ゲキサカ / 2016年04月13日20時31分

新たに顧問の山内隆司氏を新社長にする人事を承認している。 野呂社長は12年1月に就任。在位期間で、J2降格、国内3冠、新スタジアム建設と、「波瀾万丈の4年3か月」を過ごした。公式サイトで野呂氏は「大過なく役割を全うすることが出来ましたのは、ひとえにファン・サポーター、パートナーの皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます」と充実感を語った。 新社長となる山 [全文を読む]

施設名称「大手町タワー」に決定 商業ゾーン名称は「OOTEMORI(オーテモリ)」

PR TIMES / 2013年07月23日15時43分

「本物の森」を擁した、大手町地区で最高の高さとなる大規模再開発プロジェクト「(仮称)大手町1-6計画」 本年8月30日(予定)一次竣工ならびに供用開始 東京建物株式会社(本社:東京都中央区、社長:佐久間一)および大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、社長:山内隆司)は、千代田区大手町一丁目において有限会社東京プライムステージが開発を推進しております「(仮称 [全文を読む]

フォーカス