山口宏のニュース

たまごっち誕生20周年記念で短編映画の上映が決定!初代懐かしキャラ登場の記念Ver.新機種も発売

@Press / 2016年11月01日10時00分

タイトル : 短編『映画たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』公開 : 2017年ゴールデンウィーク配給 : 東宝映像事業部コピーライト : (C)2017BANDAI (C)BANDAI,WiZ監督 : 志村錠児脚本 : 山口宏アニメーション制作: 株式会社オー・エル・エム同時上映 :『映画ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界』< [全文を読む]

寺内樺風容疑者 少女の人生奪った罪はたったの「懲役3年」

WEB女性自身 / 2016年04月07日00時00分

だが、弁護士の山口宏氏はこう語る。 「未成年者誘拐の最高刑は7年です。しかし今回のケースでは、少女を車に乗せたときも暴力をふるった様子はありませんし、半分以下の2~3年の懲役という判決になる可能性が高いです。その後のアパート生活で容疑者が暴力をふるっていれば量刑を加算できますが、立証は難しいかもしれません」 また日大名誉教授の板倉宏氏も「軽すぎるという印象 [全文を読む]

弁護士局部切断 第2回公判で検察が情事を詳しく解説した真意

NEWSポストセブン / 2015年12月11日07時00分

弁護士の山口宏さんは、「検察の狙いは『強姦を否定して被告人に有利な事情を与えない』点にある」と、指摘する。 「弁護側は『強姦されたと思い込み、妻を思うあまりの義憤に駆られた犯行』と情状酌量を求めるでしょうが、初犯であることを差し引いても、局部切断ですから、回復する傷とは違って罪は重い。傷害罪で、懲役15年以下でおそらく実刑になるでしょう」 陳述では、妻と [全文を読む]

川崎中1殺害事件 18歳容疑者の量刑は「懲役8年」と弁護士

WEB女性自身 / 2015年03月11日06時00分

山口宏弁護士に、Aの量刑についての見通しを聞いた。 「従来の少年事件の裁判の判例でいけば、リーダー格のAの量刑は、懲役8年あたりになることが予想されます」 Aには、その凄惨な犯行から厳罰を求める声もあがっている。しかし、前出の社会部記者は、Aは少年法に守られているため、厳しく処罰することは難しいと指摘する。 「少年は、少年法に則って裁かれることが定められて [全文を読む]

大江麻理子アナ 15歳年上社長夫が前妻に渡した5億円豪邸

WEB女性自身 / 2014年10月03日20時00分

離婚問題などに詳しい山口宏弁護士は、こう解説する。「通常の離婚の財産分与では、結婚以降に夫が築いた財産の半分が妻側の取り分になります。しかし、このケースについては他の財産の分与や、慰謝料、子供の養育費など、妻側が納得できる条件をクリアしての離婚だったのだろうと思われます」大江アナの「玉の輿婚」の裏側で、松本社長からの“手切れ金”は豪邸のほかにも、巨額の財産 [全文を読む]

信長+怪獣+女子高生=今期一番燃えるアニメ『ノブナガン』を観よ!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月13日18時20分

シリーズ構成は、ガイナックス~ゴンゾに初期からかかわり、『トップをねらえ!』では燃える挿入歌「いけいけぼくらのガンバスター!!」の作詞も手掛けた山口宏。平成ガメラシリーズの樋口監督とも旧知の仲だけあって、怪獣ものにはうってつけの人材だ。 また、原作のグラフィカルな絵柄を活かしつつ、見事にアニメ化する作画陣は、総作画監督&キャラクターデザインに初代『セーラ [全文を読む]

菅田将暉「マンガは、僕の精神安定剤のような存在になってます(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月08日15時00分

今一番のおすすめの作品です」 取材・文=倉田モトキ 写真=山口宏之 (ダ・ヴィンチ電子ナビ「あの人と本の話 and more…」より) [全文を読む]

田中麗奈「みんなの心の中に神様がいるんじゃないかっていう思いにさせてくれるんです」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月06日12時00分

新しい発見もあるので、おすすめですよ」 取材・文=倉田モトキ 写真=山口宏之 (ダ・ヴィンチ電子ナビより) [全文を読む]

三宅裕司「何をしてても、考えが舞台の方に向かっちゃう。ホント、いやになりますよ(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月14日12時20分

楽しい時間は保証しますよ!」 取材・文=倉田モトキ 撮影=山口宏之 (ダ・ヴィンチ電子ナビより) [全文を読む]

上原さくら ラブホ不倫の痛すぎる代償「慰謝料がゼロに…」

WEB女性自身 / 2013年04月03日07時00分

離婚問題に詳しい山口宏弁護士はこう語る。「離婚調停中にこうした女性側の不貞行為が明るみに出ることは、もちろん彼女にとってマイナスになります。今回、離婚慰謝料は5千万円が限度と見られていましたが、減額が考えられるでしょう。3千万円も貰えればいいほうではないでしょうか」さらに、離婚調停が不調に終わると裁判に突入する可能性が高いとのこと。その場合、彼女はますます [全文を読む]

フォーカス