山本晴義のニュース

11/25(金)eラーニング『セルフケアによるストレス対策』開講!

DreamNews / 2016年11月25日13時00分

本講座では、セルフケアの基本的な考え方・取り組み方について、横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長である山本晴義氏が解説しています。【講師 山本 晴義 (やまもと・はるよし) プロフィール】 1948年東京生まれ、小田原、函館で育ち、1972年東北大学医学部卒業、岩手県立病院、東北大学付属病院、呉羽総合病院、梅田病院を経て、1991年横浜労災病院心療内 [全文を読む]

「月曜日の午前中」に心筋梗塞等による突然死が多い理由

NEWSポストセブン / 2016年08月22日07時00分

横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長の山本晴義医師が語る。 「人それぞれ、体質的や遺伝的に発症しやすい症状があって、そこにストレスが加わると、より強く出てきます。例えば、頭痛持ちの人は頭痛になりやすいし、お腹をすぐに壊す人はストレスで壊したりする。ストレスは万病のもとです」 また、体だけでなく心の病も引き起こす。 「ストレスによる心の症状として、不安 [全文を読む]

日本人は欧米人より不快ストレスを受けやすい傾向あり

NEWSポストセブン / 2016年08月21日16時00分

横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長の山本晴義医師が解説する。 「体の外からきた刺激をストレッサーと呼び、ストレッサーに対する体の反応をストレスと呼びます」 そのストレッサーには、さまざまな種類がある。 【物理的ストレッサー】暑さ、寒さ、痛み、騒音、混雑など 【化学的ストレッサー】薬剤、有害化学物質など 【生物学的ストレッサー】花粉、細菌、ウイルス、 [全文を読む]

ためればためるほど発散は困難…ストレスに打ち克つ6つの習慣

WEB女性自身 / 2015年09月07日06時00分

私が提案しているのは、その日のストレスはその日のうちに解消する、『1日決算主義』です」 そう話すのは、横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長の心療内科医・山本晴義先生。STRESSの6つのスペルを頭文字にしたストレス解消法を提案・実践することで「その日のストレスはその日のうちに」を体現している。その、心の回復6つの習慣とは。 《Sports(スポーツ) [全文を読む]

大切な人に贈りたい、グリーン×ミュージック♪の画期的コラボレーション

PR TIMES / 2012年06月06日18時25分

また、CDは日本のメンタルヘルスの権威である山本晴義医師(医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長)監修の“ココロストレッチシリーズ”より、・夜眠る前に聴くことでリラックス状態の脳波であるα波を示す“ゆらぎ”の波動と優しい歌詞が心身に心地よいナイト用の“HEALING”・一日の始まりに聴くことでアップテンポのリズムや明るい歌詞で気持ちを盛り上げ [全文を読む]

カリスマヒーラー&有名医が提唱する「ココロストレッチ」って?

PR TIMES / 2012年02月08日12時45分

この“ココロストレッチシリーズ”では、日本のメンタルヘルスの権威である山本晴義医師(医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長)監修の元、クチコミだけで年間2000人を癒したカリスマヒーラー・吉原樹世乃(LOTOL)が選曲を担当。夜眠る前に聴くことでリラックス状態の脳波であるα波を示す“ゆらぎ”の波動と優しい歌詞が心身に心地よいナイト用の“HEA [全文を読む]

フォーカス