山脇百合子のニュース

今年で生誕50周年!大人気絵本シリーズ『ぐりとぐら』の知られざる秘密

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月01日12時10分

作者の中川李枝子さんと絵を描いた山脇百合子さんは姉妹。1963年に、雑誌『母の友』(福音館書店)に掲載されたのが始まりです。その時のタイトルは『たまご』。保育士をしていた中川さんは、子どもたちが『ちびくろサンボ』の物語に夢中だったことから、ちびくろサンボのホットケーキの向こうを張って、もっと上等で美味しそうなものを、と考えたのが『ぐりとぐら』に登場するカ [全文を読む]

あの頃とは違う感覚で読める。大人へ送る3冊のクリスマス絵本

まぐまぐニュース! / 2015年12月22日02時30分

『ぐりとぐらのおきゃくさま』 (中川李枝子・作/山脇百合子・絵) 有名な「ぐりとぐら」シリーズ中の1冊です。 主人公のぐりとぐらは仲良しのノネズミ。冬が訪れ、彼らが住む野原が一面、雪で覆われてしまいました。 雪合戦をしていたぐりとぐらが、雪野原で「おかしな あな」を見つけました。地面に大きな穴があって、それがずっと先の方まで続いているのです。長靴の足跡の [全文を読む]

2015年クリスマスギフトは何がオススメ!?

PR TIMES / 2015年11月30日19時59分

2014年度第4位は、『ぐりとぐらのおきゃくさま』作:中川李枝子 絵:山脇百合子 出版社:福音館書店http://www.ehonnavi.net/ehon/169/%E3%81%90%E3%82%8A%E3%81%A8%E3%81%90%E3%82%89%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%82%83%E3%81%8F%E3%81 [全文を読む]

貴重な絵本原画を収録! 「くじらぐも」『どうぞのいす』の柿本幸造、生誕100周年記念画集発売

PR TIMES / 2015年09月16日14時36分

いわさきちひろさんや『ぐりとぐら』の山脇百合子さんと並ぶ、国民的絵本画家のひとりと言えましょう。 本書には、「くじらぐも」『どうぞのいす』『どんくまさん』など代表的な絵本原画のほか、原点とも言える月刊絵本の挿絵、生前インタビュー、交流のあった末盛千枝子氏の再録エッセイ、戦後まもなく学研の編集者に見出され絵本画家となった秘話なども収録しています。 どこかユー [全文を読む]

『ぐりとぐら』のカステラは子どもたちに向き合う中で生まれた―中川李枝子がおくるお母さんたちへの温かなメッセージ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月20日14時20分

この本には、『ぐりとぐら』など人気の絵本や童話で長年タッグを組んだ実妹、山脇百合子さんによる、温かなタッチの絵がたくさんちりばめられているのだ。帯やカバーを外しても、かわいい絵を発見できる。このご時世、LINEスタンプになったらさぞ売れるだろうな…などとよこしまなことを思ってしまうが、キャラクターグッズ展開は積極的にはしていないようだ。【画像あり】ダ・ヴィ [全文を読む]

「ぐりとぐら」の世界が松屋銀座に出現。50周年記念展開催

FASHION HEADLINE / 2014年01月30日15時00分

「ぐりとぐら」は中川李枝子・山脇百合子姉妹による絵本。1963年の雑誌『こどものとも』で第1作が発表されて以来、半世紀にわたって読まれ続けている人気の作品。2匹の野ねずみ「ぐり」と「ぐら」が暮らす森や海での様々なエピソードが描かれる。 本展では、物語の始まりや象徴的なシーンを再現した造作物、初版本や原画などの貴重な資料170点を展示。姉妹のデビュー作とな [全文を読む]

月刊MOEが1200人の絵本屋さんに聞いた最も信頼できる絵本ランキング「第5回MOE絵本屋さん大賞2012」の贈呈式が、本日、東京ドームホテルで開催。荒井良二さんをはじめ、第1~5位の受賞者を表彰。

DreamNews / 2013年02月01日18時00分

ミッフィーのディック・ブルーナ氏、『はらぺこあおむし』のエリック・カール氏をはじめ、『ぐりとぐら』の中川李枝子氏、山脇百合子氏、世界的に評価されている宮崎駿監督、アカデミー賞受賞の加藤久仁生氏らとも親交が厚く、ほかでは見られない世界で唯一の絵本専門雑誌として、10代から80代までの幅広い年代の女性たちから支持を得て、第5回MOE絵本屋さん大賞2012を発表 [全文を読む]

フォーカス