岡本健のニュース

21_21 DESIGN SIGHTで単位展が開幕、若手デザイナーや建築家がチームで作り上げる展覧会

FASHION HEADLINE / 2015年02月24日11時00分

企画メンバーは展覧会グラフィックを担当した中村至男、会場構成監修の鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)、テキストを手がけた稲本喜則(AXIS)、会場グラフィックを手がけた岡本健、コンセプトリサーチ担当の菅俊一、展示構成の寺山紀彦(studio note)。 山田遊(method)監修の1階ショップスペースはコンセプトショップ「Measuring shop」と [全文を読む]

オリックス・安達が復帰!ソフトBは摂津を抹消 25日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月25日15時05分

<5月25日の公示情報> ※再登録=6月4日以降 ■ 北海道日本ハムファイターズ -登録- 36 中村勝/投手 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 48 岡本健/投手 =抹消= 50 摂津正/投手 ■ オリックス・バファローズ -登録- 3 安達了一/内野手 =抹消= 33 縞田拓弥/内野手 ■ 横浜DeNAベイスターズ -登録- 1 熊原健人/投手 [全文を読む]

YKK AP「窓学」10周年、記念イベントを開催

PR TIMES / 2017年04月24日16時09分

<詳細資料>1.開催概要(エキシビション)<名称>窓学10周年記念「窓学展―窓から見える世界―」<入場料>無料<会場>スパイラルガーデンおよびショウケース(スパイラル1F)〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 03-3498-1171(代表)<日時>2017年9月28日(木)~10月9日(月・祝)11:00-20:00(会期中無休)<展示ディレ [全文を読む]

「華ひらく」がグッドデザインアワード受賞。半世紀を経て“アート”に新たな解釈を加え評価

FASHION HEADLINE / 2016年09月29日13時30分

“アートとして商品に落とし込むにはどうしたらよいか”に拘り、ディレクターの岡本健氏と検討を重ねた」と振り返る。 10月12日からの三越創業祭では「三越 『華ひらく』コレクション」の第2弾として、今年3月に展開した商品に新たなラインアップを加え、約70種に及ぶ「華ひらく」柄があしらわれたアイテムの展開・販売を三越各店で行う(一部会期の異なる店舗あり)。 展開 [全文を読む]

サブカルタウンの中野が「ジャニーズの聖地」になっていた!?

アサジョ / 2016年09月22日09時58分

アラフィフの元男闘呼組・岡本健人、元光GENJI・内海光司も在学生だった。さらに、“ジャニーズの長兄”近藤真彦は、定時制卒業生。少年隊・錦織一清、東山紀之、植草克秀はそろって、定時制を中退している。「少年隊がそろっていた年の校内は、それは絢爛豪華だったと聞いています。パパイヤ鈴木、岸谷香、石川秀美。その石川と後に結婚した薬丸裕英もいました。同じシブがき隊の [全文を読む]

【Afternoon Tea】35th Anniversary Year あなたの夢を叶えるプランや35周年限定商品を展開するほか、自分らしいスタイルで輝くヒントを提案

PR TIMES / 2015年12月17日10時25分

初回となる1月は、ネコ愛好家でCat’s ISSUEのメンバーとしても活動するアーティストの坂本美雨さん、35周年ロゴをデザインした岡本健さん、書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」で人気の詩歩さんが登場。メッセージや動画でひとりひとりが自分らしく輝く秘訣を発信。さらに、それぞれが商品やキャンペーンなどと連動した仕掛けを予定。Afternoon Teaと関 [全文を読む]

パワフルサウンドがはじけ出す!横浜みなとみらいホールの2つのイベントをご紹介!

PR TIMES / 2015年10月21日10時00分

彼らのパワフルな演奏を聴いたら、“熱帯JAZZ楽団”のファンになること間違いなし!【出 演】カルロス菅野(パーカッション)、美座良彦(ティンバレス)、平川象士(ドラム)高橋ゲタ夫(ベース)森村献(ピアノ)、岡本健太(コンガ)、佐々木史郎・鈴木正則・奥村晶・松島啓之(トランペット)、中路英明・青木タイセイ(トロンボーン)、西田幹(バストロンボーン)、萱生昌樹 [全文を読む]

[総体]冬に続き夏も初出場へ!昌平が早大本庄振り切り、全国王手!:埼玉

ゲキサカ / 2015年06月15日17時23分

右サイドで対人の強さを見せるSB梶田悠己主将(3年)や的確なカバーリングでチームの危機を救う左SB岡本健利(3年)がピンチの芽を摘み、MF田原寛隆(3年)とMF高橋佑輔(3年)の両ボランチを経由したパスワークで攻め返した。 [全文を読む]

いまや「町おこし」に必須!オタクに愛される「聖地巡礼」の楽しさとは?

しらべぇ / 2015年05月21日06時30分

奈良県立大学・岡本健准教授の研究によると、アニメの舞台を訪れる行為の起源は1990年代前半まで遡る。 当時はまだ、ごく一部のファンがひっそりと行うもので、聖地巡礼とは呼ばれていなかったようだ。 さらに、言葉の流行度を推定できるGoogleトレンドで、「聖地巡礼」を調べてみると、2005年頃から検索数が上昇。 画像はスクリーンショット https://www [全文を読む]

「単位の体験」を通して世界を見つめる。21_21の「単位展」、六本木アートナイトとも連動

FASHION HEADLINE / 2014年12月01日20時00分

企画メンバーは中村至男、鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)、稲本喜則(AXIS)、岡本健、菅俊一、寺山紀彦(studio note)。参加作家として、荒牧悠、大西麻貴+百田有紀/o+h、大野友資など全20団体がそろう。 イベント情報 「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」 会場:21_21 DESIGN SIGHT 住所:東京都港区赤坂9-7 [全文を読む]

『テルマエ・ロマエ』の金勢神社に『ピンポン』の片瀬諏訪神社...神社ファンにもおすすめの聖地

おたぽる / 2014年05月20日13時00分

ついには先日、『マンガ・アニメで人気の「聖地」をめぐる神社巡礼』(エクスナレッジ/岡本健)なる本まで登場。『らき☆すた』の聖地である鷲宮神社や、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』に出てくる秩父神社は、地域の活性化にも貢献する言わずと知れた聖地だが、ほかにも聖地となった神社はたくさんあるのだ。 まずは、連載開始からの20周年記念プロジェクトとして、 [全文を読む]

アニメ「聖地巡礼」で観光客激増の裏 観光庁が表彰する町も

NEWSポストセブン / 2014年05月03日07時00分

観光には立地が重要と言われますが、彼らには必ずしも当てはまりません」と奈良県立大学講師で『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』著書の岡本健氏はいう。「アニメの作中でモデルになった土地をファンが訪れるという行動は1990年代からありましたが、2000年代以降に目立って増えました。とくに女子高校生たちの日常を描く4コマ漫画 [全文を読む]

フォーカス