張富士夫のニュース

公益財団法人 日本体育協会とのオフィシャルパートナー契約締結のお知らせ

PR TIMES / 2017年04月03日17時18分

ニチバン株式会社(本社:東京都文京区、社長:堀田直人)は、公益財団法人日本体育協会(所在地:東京都渋谷区、会長:張富士夫)が推進するJASAスポーツ・アクティブ・パートナー・プログラムにおいて、同協会とオフィシャルパートナー契約を締結しました。契約期間は2017年4月1日から3年間です。 テーピングテープのトップブランド「バトルウィン(TM)」を展開する当 [全文を読む]

日本企業トップら200人が訪中…過去最大 締め付け強化への危機感か?

NewSphere / 2014年09月24日18時24分

日本企業のトップらで作る日中経済協会(会長・張富士夫トヨタ自動車名誉会長)のメンバーが、27日までの日程で中国を訪問している。日中の経済関係強化を目的とする同会の訪中は1975年以来、毎年恒例だが、今年は過去最大の200人以上が参加した。ロイター、AFPなどの海外メディアもこれを伝えている。 一方、中国当局は現在、海外自動車メーカーに対する独占禁止法違反の [全文を読む]

冷え込んだ日中関係 政治より先に経済での関係修復の動きも

NEWSポストセブン / 2013年11月17日07時00分

このようななか、11月18日から日中経済協会(会長・張富士夫トヨタ自動車名誉会長)訪中団が北京市や地方都市を訪問する予定だ。日中経協側は習近平・国家主席ら最高指導部との会談を希望している。習氏や李克強首相らとの会談が実現すれば、事態は大きく動きだすことになろう。 政治が動かないなか、中国進出の日系企業の対応も分かれている。日中経済に詳しい日中外交筋は「い [全文を読む]

東京五輪、運営・資金集めのカギ握る組織委会長人事が混迷〜森元首相案に財界から異論

Business Journal / 2013年11月01日14時00分

本命は、20年の五輪開催を目指した東京招致委員会評議会委員で日本体育協会会長の張富士夫・トヨタ自動車名誉会長といわれている。国際オリンピック委員会(IOC)総会開催直前の招致委の会見で「2020年に五輪が東京で行われるならトヨタは真っ先にスポンサーになる」と述べ、トヨタ自動車が支援することを約束した。開催を勝ち取ったからには組織委会長として運営に関与する [全文を読む]

レスリングVS野球、五輪蹴落とし合戦「4日間で6億円の“接待費”」

アサ芸プラス / 2013年04月04日09時59分

さらには前述した晩餐会接待の安倍総理、トヨタ自動車の張富士夫会長ら政財界の大物が後押しするなど、各界の協力はリオデジャネイロに敗れた16年五輪招致の時とは比較にならないくらい手厚いものだった。 結果、IOCの発表による最終的な都民の開催支持率も70%となり、当初の「不人気ぶり」からは大幅に改善された、かに見える。 だが、前出・招致委スタッフは不安を口にする [全文を読む]

トヨタ自動車株式会社より表彰 優れた功績が評価され、「グローバル貢献賞」を獲得

PR TIMES / 2013年03月01日09時43分

グローバル仕入先総会にはボッシュ・グループを代表してロバート・ボッシュGmbH取締役会会長のフォルクマル・デナーが出席し、表彰式にてトヨタ自動車の会長である張富士夫様よりグローバル貢献賞を授与されました。表彰式での仕入先代表挨拶として、デナーは次のように述べました。「この受賞は大変光栄なことで、当社従業員の献身をこのように評価いただいたことを嬉しく思います [全文を読む]

フォーカス