徐光のニュース

「フタが開かない!」を防ぐ!セルフネイルのお供・マニキュアのお手入れ法

Itnail / 2017年04月09日17時00分

via itnail.jp●ボトルのネックを拭くキッチンペーパーに少量の徐光液をつけて、ボトルの首周りについた液を拭き取ります。あまり徐光液をつけすぎると、ボトル内に除光液が入ってしまう恐れがあるので、注意が必要です。ただしコットンなどで拭くと、繊維(ケバ)などがついて中に入ってしまうことがあるので、キッチンペーパーを使うことをおすすめします。●キャップや [全文を読む]

健康な爪を守るために!セルフネイルで『美爪を保つ』テクニック

Itnail / 2017年03月17日17時00分

●オフの頻度を減らす徐光液を頻繁に使うのが、爪をボロボロにさせる原因。このためネイルをなるべく長持ちさせて、徐光液を使う頻度を少しでも減らすのが重要。こまめなリペアや保湿ケアなどで、剥がれを防ぐことができます。またトップコートは定期的に塗りなおしましょう。爪がいつでも健康的だと、セルフネイルをもっと楽しみやすくなりますよ。Itnail編集部 [全文を読む]

【爪が黄ばむ原因&予防法】ネイルアートも原因ってホント?

Itnail / 2017年06月11日13時00分

何度も徐光液を使うことで、爪が変色することがあります。●紫外線紫外線を多く受けると、爪が変色しやすくなります。サンダルなどを履く夏場の場合は、足の爪も紫外線の影響を受けやすくなります。via itnail.jp●タバコタバコを吸う人は吸わない人に比べて、ヤニなどによって爪が黄色っぽくなりやすいです。特に手の爪はタバコの煙や成分に触れやすく、黄ばむ原因となり [全文を読む]

美麗すっぴん爪で手元美人に!自宅でセルフネイルケアを始めよう

Itnail / 2017年06月08日17時00分

保湿ケアabsolute (大阪)via itnail.jp普段のネイルケアの一環として行うのはもちろん、ネイルオフ(徐光液を使ったとき)の後や甘皮処理の後にも必ず保湿を行います。今はネイルケア用品が増えて保湿の方法もさまざまですが、ネイルオイルでうるおいを与え、ハンドクリームでカバーするのが一般的。マッサージと組み合わせると、血行もよくなってとても有効で [全文を読む]

中国の3隻目の国産空母は原子力の可能性―専門家

Record China / 2017年04月14日14時10分

軍事専門家の徐光裕少将は北京テレビの番組「軍事情勢解読」で「現状から見て、中国の空母開発は『小幅の急ぎ足』となる。3隻目の国産空母建造の際には比較的大きな飛躍があるはずで、電磁式カタパルトを備えた原子力空母となる可能性がある」と指摘した。人民網が伝えた。 では、今後の中国の空母開発はどのようなものになるのか。徐氏は「中国初の国産空母は『遼寧』と同じく通常動 [全文を読む]

【100均ネイル】まとめ買いもおすすめ!100円ショップの便利グッズでセルフネイル

Itnail / 2017年03月16日21時00分

エタノールをつけて爪をきれいいに拭いたり、徐光液つけてネイルのオフに使ったりなど、用途はさまざま。また、スポンジの粗さによってはグラデーションネイルにも活用できます。●マスキングテープかわいくてついつい買ってしまいがちなマスキングテープは、かわいい柄や模様つきであればそのまま爪に貼り付け、ネイルシールのように使えます。無地のマスキングテープであれば、フレン [全文を読む]

トランプ米大統領の効果じわり、米中が海上軍事設備で競争開始か―英メディア

Record China / 2017年02月28日10時20分

中国軍を退役した軍高級顧問の徐光裕(シュー・グアンユー)氏は「いわばマラソンのようなもの。われわれは長い時間をかけて開けられた差を詰めていきたい」としている。(翻訳・編集/大宮) [全文を読む]

中国初の国産空母、就役までのタイムスケジュールを軍事専門家が予測―中国メディア

Record China / 2017年02月16日22時50分

2017年2月14日、人民網によると、中国の軍事専門家で退役少将の徐光裕(シュー・グアンユー)氏は中国初の国産空母について、今年上半期にも進水できるとの見通しを語った。2020年までに就役する見込みという。 中国には旧ソ連製の空母を改修した「遼寧」があるが、国産空母はまだ存在していない。国産第1号は現在建造中で、シンガポール華字紙・聯合早報は1日付の記事で [全文を読む]

日中のレアアース戦争=中国は大損失を出し、日本は莫大な利益を生み出している―中国メディア

Record China / 2016年12月21日07時10分

その後“レアアースの父”と呼ばれる徐光憲(シュー・グアンシエン)氏が米国で学んだ知識を基に製錬コストや時間を大幅に短縮させたが、技術面での進歩により、採掘量は一気に増加。中国のレアアース産出量は一時世界の1年の消費量の9割を占めていたが、利益率が1%に満たず、国の補助金を差し引くと赤字になるケースも確認された。徐氏は、「1995〜2005年の10年間、中 [全文を読む]

2億4400万年前の魚の化石を発見―雲南省

Record China / 2016年11月18日01時40分

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の徐光輝研究員は雲南省で、2億4400万年前の魚「光沢肋鱗魚」の化石を発見した。これは人類が現在まで発見しているうち、最も古く原始的な卵胎生ポリプテルス属だ。北京日報が伝えた。 「光沢肋鱗魚」はプレトプレウス目の最も古く原始的な代表格で、欧州で見つかったプレトプレウス目属より200万年古く、貴州省で見つかった「東方肋鱗魚」 [全文を読む]

フォーカス