打越元久のニュース

たかじんさん弟子「さくら夫人側」を提訴意向も百田尚樹氏は沈黙…“大放言”どこへ?

デイリーニュースオンライン / 2015年09月01日16時00分

さくら夫人がたかじんさんの元弟子で歌手・打越元久氏(57)に対して損害賠償を求めた裁判が8月31日、大阪地裁で結審したのだ。裁判所は双方に和解を勧めたものの、9月中に両者が応じなければ10月28日に判決が言い渡されることとなる。そして裁判後には打越氏、被告人承認で出廷したたかじんさんの最後のマネージャー・K氏が会見を行い、K氏は今後さくら夫人と百田尚樹氏( [全文を読む]

たかじんさん親族怒らせた『殉愛』妻からの「追悼メール」

WEB女性自身 / 2015年02月12日07時00分

ここには一番弟子の打越元久氏(56)も駆けつけたそうです」(芸能関係者)長女は、さくら氏らへの取材をもとに綴られた著書『殉愛』が名誉を毀損しているとして、版元の幻冬舎を提訴。逆にさくら氏も同書を批判した打越氏を名誉棄損で訴えている。この日の分裂開催は、そうした一連の争いをそのまま表しているかのようだった。本誌も今年に入って「さくら氏が命日までに一周忌の案内 [全文を読む]

たかじんさん死去から1年「さくらさんから一周忌の連絡ない」と親族

WEB女性自身 / 2015年01月06日00時00分

また22日にはたかじんさんの弟子・打越元久氏を提訴。さくら氏の証言などをもとに綴られた著書『殉愛』に描かれたことが真実でないと指摘した打越氏の発言が、名誉棄損に当たるとして1千万円の損害賠償金を求めているという。打越氏に確認すると、こう語った。「確かに昨年12月27日、自宅に訴状が届きました。『殉愛』を読んだ後にネットラジオでさくら氏に対する発言をしました [全文を読む]

たかじんさんの携帯にあった前妻の連絡先がなぜか変更されていた

WEB女性自身 / 2014年12月19日07時00分

だが彼の弟子の打越元久氏(56)も言う。「マネージャーのKでさえ、たかじんさんと連絡が取れなくなっていたと言っていました。さくらさんの電話はつながるのですが、彼女が『誰とも話したくないと言っています』と言うので、会うのを控えていたそうです」 [全文を読む]

「控え目で、気立てが良く……」は本当か!? たかじんさんの妻さくらさんの“本性”とは――

日刊サイゾー / 2014年11月17日11時00分

1980年代にたかじんさんの弟子をしていた歌手の打越元久さんは13日、自身のブログで「本でコケ落とされてるマネージャーK氏 前マネージャーN氏ほか、たかじんスタッフ/ファン多勢。みんな怒り心頭です」と明かした。 ネット上ではさくらさんの過去の経歴が暴かれ、たかじんさんと出会う前はイタリア人男性と結婚していたことが判明。その後、彼女はたかじんさんに“鞍替え [全文を読む]

フォーカス