木村俊介のニュース

愛媛県東温市、「すし米大賞」受賞米と幻の高級魚を味わう海・山コラボダイニングを開催 ~最高級すし米「井内米」と全身トロの奇跡の魚「スマ」の出会い~

DreamNews / 2016年12月22日09時00分

この海・山ダイニングの仕掛け人となるのが、東温市集落支援員の森裕之さんと、愛南町で地域づくりに励む漁師の木村俊介さんです。2人は地域づくりの広域研修で知り合い、「2つの地域の良いものをコラボさせて売り出せば、もっと面白いことができるのでは」との考えから、今回の企画に至りました。●イベントの概要里山の棚田古民家で海鮮三昧!~すし米大賞受賞「井内米」と幻の高級 [全文を読む]

検索ではたどりつけない特別な一冊を探しに行こう! ブックフェア「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016」開催中

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月16日17時30分

あなたにとっての“夏の一冊”になる本を探しにいってみては? <選書した100人>(50音順・敬称略) 青木淳(建築家)、網中いづる(イラストレーター)、石川直樹(写真家)、磯崎憲一郎(作家)、市橋織江(写真家)、いとうせいこう(作家)、犬山紙子(エッセイスト)、植本一子(写真家)、宇多丸(ラッパー)、梅津庸一(美術家)、越前敏弥(文芸翻訳者)、エリイ(ch [全文を読む]

青山ブックセンターで人気の著者・クリエイターらが選んだブックフェア「100人がこの夏おすすめする一冊 2016」8月5日より開催中

@Press / 2016年08月08日15時00分

【ブックフェア開催概要】 ■開催期間:2016年8月5日(金)~2016年9月末(予定) ■開催場所:青山ブックセンター本店 ■営業時間:10時~22時 ■所在地 :〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア(B2F) ●本年度フェアのためにおすすめ本、コメントをお寄せいただいた方 (五十音順 敬称略) 青木淳(建築 [全文を読む]

著名人100人が選ぶこの夏おすすめの一冊 青山ブックセンター本店2011年以来のブックフェス復活!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月09日17時30分

■選者 (五十音順 順不同 ※現在確定している著名人) 秋山具義(アートディレクター)、石岡良治(批評家)、磯﨑憲一郎(小説家)、市橋織江(写真家)、井筒啓之(イラストレーター)、いとうせいこう(作家/クリエイター)、犬山紙子(イラストエッセイスト)、岩井紀久子(絵画保存修復家)、植本一子(写真家)、宇多丸(ラッパー/ ラジオ・パーソナリティ)、内澤旬子 [全文を読む]

青山ブックセンター本店2011年以来のブックフェス復活 いとうせいこうさん、片岡義男さんら各業界の著名人が選んだ「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊」開催中

@Press / 2015年08月07日13時30分

■選者(五十音順、順不同、敬称略) 秋山具義(アートディレクター)、石岡良治(批評家)、磯崎憲一郎(小説家)、市橋織江(写真家)、井筒啓之(イラストレーター)、いとうせいこう(作家/クリエイター)、犬山紙子(イラストエッセイスト)、岩井希久子(絵画保存修復家)、植本一子(写真家)、宇多丸(ラッパー/ラジオ・パーソナリティ)、内澤旬子(イラストルポライター [全文を読む]

人気漫画を世に送り出した編集者達の裏話満載インタビュー集

NEWSポストセブン / 2015年07月14日16時00分

【書籍紹介】『漫画編集者』木村俊介/フィルムアート社/1944円 ふみふみこ、ゆうきまさみ、松本大洋らの人気漫画を世に送り出した編集者5人のインタビュー集。 漫画の編集部を舞台にした松田奈緒子の『重版出来!』を担当する山内菜緒子は、最初にもらったネームに違和感を持ち、漫画編集者の実態をメールで送った。 枢やなの『黒執事』を担当する熊剛は、枢との打ち合わせで [全文を読む]

大ヒットマンガが生まれる背景には、必ず彼らがいる ―命がけで仕事をする“マンガ編集者”たち

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月18日11時30分

そんな疑問を紐解くのが、『漫画編集者』(木村俊介/フィルムアート社)。 本書は、インタビュアーとして活躍する木村氏が、5名のマンガ編集者にロングインタビューを実施し、その内容をまとめた一冊だ。登場するのは、猪飼幹太氏、三浦敏宏氏、山内菜緒子氏、熊剛氏、江上英樹氏の5名。彼らの普段の仕事内容はもちろんのこと、マンガ家との関係性や編集者になったきっかけ、マンガ [全文を読む]

好きだからといって、ちゃんと仕事ができるわけではない ―善き書店員の告白

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月16日07時20分

自分は今、この仕事をしていていいのか? そんな迷いが生じたとき、手に取ってみてほしい1冊が『善き書店員』(木村俊介/ミシマ社)だ。本書は、本屋で働く普通の書店員6人へのインタビュー集。彼らは、書店員になったきっかけ、現在までの歩み、書店員を取り巻く環境などに触れながら、それぞれが考える“善い働き方”について話をする。 書店員というと、「もともと読書好きな [全文を読む]

あなたのつぶやきがニュースを変える!『NEWSWEB 24』

PR TIMES / 2012年04月02日18時27分

(曜日替り) <月曜>古市憲寿さん(社会学者) <火曜>瀧本哲史さん(京都大学客員准教授) <水曜>津田大介さん(ジャーナリスト) <木曜>速水健朗さん(ライター) <金曜>木村俊介さん(インタビュアー) 3. ゲスト・・・・・・・・・ その日の「注目ニュース」に詳しい専門家、 または取材担当記者デスクなど。 (内容) 【注目ニュース】 ニュースサイト「 [全文を読む]

フォーカス