松岡貴久のニュース

山口健治の“江戸”鷹の目診断「立川記念」

アサ芸プラス / 2015年01月08日09時56分

九州は吉本卓仁─松岡貴久、中部は金子貴志─志智俊夫。東日本は関東の武田─神山と北日本の新田祐大─内藤宣彦。地元の東口善朋、長野の上原龍の勝ち上がりがありそうだ。 主導権は京都両者がつけるだけに稲毛が譲らない。武田、吉本の仕掛けに合わせて、金子も発進。新田は最後方からになる。 本命は番手まくり絶好の稲垣。久しぶりの近畿勢Vと見た。対抗の武田も差はなく、3番手 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「FI立川」

アサ芸プラス / 2014年11月06日09時57分

九州は松岡貴久─小野俊之と野田源一─小川圭二で関東と同じように2つのラインになりそうだ。他ではS1並みの得点をマークしている高原仁志が圏内。 96期の長島と城で先行争いも、長島が取り切る。中団の松岡貴の動きに合わせて、まくり勢が仕掛けることになる。 本命はスピード上位の山崎芳。圧巻まくりで突き抜ける。芦澤が対抗。やや決め手に欠けるものの、自力があり長島後位 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「松山記念」

アサ芸プラス / 2014年10月30日09時57分

九州は松岡貴久─吉本卓仁─園田匠。近畿中部は手薄で中村一将と竹内雄作が勝ち上がり圏内だが、苦戦を強いられそうだ。東日本は南関が石井秀治─林雄一の2車も、関東は平原─後閑─神山雄一郎、北日本は福島の飯野祐太─佐藤慎太郎に菊地─内藤宣彦がつけて、強力な4車ラインになっておかしくない。 先行するのは原田。中団が取り合いになっても、レース運びのうまさで平原のもの。 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「別府記念」

アサ芸プラス / 2014年05月22日09時57分

松岡貴久の勝ち上がりが期待できるからだ。そのうえ“追い風”も吹いている。4月武雄記念で地元の荒井崇博が優勝したのがそれ。菅原は準決勝で荒井の1着に貢献、金子を3着に沈めている。 九州はラインが長くなれば脇本を叩き、金子のまくりを封じることは十分可能。菅原がキングメーカーから主役に躍り出る舞台は整った。 遠征で孤軍奮闘を強いられるのが菊地圭尚だ。自在な戦いが [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「武雄記念」

アサ芸プラス / 2014年04月17日09時57分

松岡貴久─合志正臣の熊本両者とは別線濃厚だが、叩き合いはなく、5車ドッキングも十分ある。四国は徳島の湊聖二─小倉竜二、近畿は藤木─村上義の京都コンビ、そして中部が竹内雄作─金子─志智俊夫が有力。東日本勢は東京の後閑─岡田征陽と福島の小松崎大地─伏見俊昭。他では名古屋ダービーで決勝戦に進出した内藤秀久が圏内も、ラインの切れ目からの戦いか。 小松崎が主導権を取 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「松山記念」

アサ芸プラス / 2014年03月06日09時57分

他では松岡貴久と牛山貴広が圏内と見た。 主導権を取るのは、川村か猪俣。2人が叩き合うようなら、まくり勢に絶好の展開になる。 本命は深谷。猪俣との前後は調子しだいも、そろそろ勝たないといけない。対抗の神山は、バンクとの相性のよさが味方する。3番手評価は渡部。地元トリオで戦えるようなら勝機はある。ちなみに、位置取り甘い新田は狙いにくい。 伏兵は小川祐司(愛媛・ [全文を読む]

フォーカス