松田哲のニュース

秒読みに入った米利上げ 他国の情勢に配慮して政策決めない

NEWSポストセブン / 2015年09月05日07時00分

為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。 * * * アメリカの利上げが秒読みの段階に入っている。9月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げの実施が決まる公算が大きく、私も利上げの開始は9月と考えている。アメリカの利上げの動きを背景に、今年後半の外国為替市場のメインテーマは「米ドル高」になるだろう。 米 [全文を読む]

米ドル 1ドル=115円を割れる局面があれば投資のチャンスか

NEWSポストセブン / 2015年03月20日07時00分

春から年央にかけて為替相場はどう動くのか、FX(外国為替証拠金取引)の戦略とは、為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。 * * * 米ドルにこれから投資をしたいと思っている人は、1米ドル=115円を割れる局面があれば、その付近で買ってもいいだろう。 年央までの3か月間で考えると、クロス円を売っていくのが戦略としていい [全文を読む]

スイスショック教訓 中央銀行のコメントは信じてはいけない

NEWSポストセブン / 2015年03月17日07時00分

ここから投資家はどのような教訓を得るべきか、為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。 * * * スイス国立銀行(中央銀行、SNB)は1月15日、約3年間続けていた「1ユーロ=1.20スイスフランを維持するための無制限介入」(1.20スイスフランでのユーロ買い・スイスフラン売り介入)を突然やめた。スイス中銀は直前まで「 [全文を読む]

FX 現在の相場で日本人が最もやりやすいのは、米ドル/円

NEWSポストセブン / 2014年03月25日07時00分

為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。 * * * 米ドル、円、ユーロ、英ポンド、豪ドルの中で新興国通貨の影響を最も受けやすいのは、新興国通貨に近い豪ドルである。量的金融緩和策の縮小(テーパリング)も材料に、豪ドルの下落が鮮明になっており、基本的な流れは「豪ドル売り・米ドル買い」で変わっていない。 オーストラリア準備 [全文を読む]

FX戦略 新興国通貨への投資は控え米ドル・ユーロを狙うべき

NEWSポストセブン / 2014年03月21日07時00分

今後の為替相場はどう動くのか、為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。 * * * 今年の外国為替市場は、米ドル高がメインテーマになる。注目すべきポイントは、アメリカの量的金融緩和策の縮小(テーパリング)の行方だ。 米連邦準備制度理事会(FRB)は昨年12月、米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小の開始を決定。 [全文を読む]

バーナンキFRB議長の金融緩和縮小着手は9月しかないと予測

NEWSポストセブン / 2013年09月14日07時00分

為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。 * * * 外国為替市場で現在、最も注視されているのは、米国の量的金融緩和(QE)の縮小が始まる時期だろう。市場には様々な思惑が渦巻いているが、私は9月に出口戦略が始まると思っている。量的緩和策縮小に着手することは、政策が180度転換するということだ。出口戦略がスタートすれば、 [全文を読む]

為替相場 円安トレンドは短くて2年、長ければ6年続くと識者

NEWSポストセブン / 2013年04月10日07時00分

このトレンドはどこまで続くのか、為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。 * * * 年をまたいで急騰したドル/円相場だが、あまりにも上昇スピードが速すぎるため、近いうちに調整下落があると考える。85~86円程度まで調整する可能性はある一方で、上に抜けてくれば100円を超えてくるだろう。 円安局面で調整下落の可能性のあ [全文を読む]

今年後半の為替 1ドル=76~86円、1ユーロ=90~110円か

NEWSポストセブン / 2012年09月22日07時00分

今年後半から年末にかけてどのような展開をみせるのか、為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が予測する。 * * * 【米ドル/円相場は1ドル=76~86円】 米ドル/円は今年2月に「上昇トレンド」に転換したとみている。アメリカでQE3(量的緩和第3弾)が実施されたが、買いで参入するならばQE3後の相場をしばらく見極めてからがいい [全文を読む]

欧州債務危機 根本的な解決策は独の全債務引き受けしかない

NEWSポストセブン / 2012年09月18日07時00分

この先、この問題はどのような展開をみせるのか、為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。 * * * 2012年後半も欧州債務危機による「ユーロ下落」中心の相場が続くだろう。7月26日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が「ユーロを守るために、あらゆる手段を取る用意がある」と発言したことにより、期待感からユーロが上昇する [全文を読む]

1ドル100円台まで円安進むには3年かかると為替専門家指摘

NEWSポストセブン / 2012年03月18日16時00分

今年の為替はどう動いていくのか、為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。 * * * 今年はどこかでドル安が底打ちしてドル高トレンドへの転換が起きると予想している。早ければ4~5月ごろ、遅ければ8~9月ごろではないだろうか。もっとも、その場合も相場転換の前に、もう一段、下落していく可能性が高い。現在の相場からじわじわと [全文を読む]

フォーカス