松田哲夫のニュース

太宰治、井上ひさし、遠藤周作らによる嘘が題材作を集めた本

NEWSポストセブン / 2013年03月06日16時00分

【書評】『中学生までに読んで おきたい哲学(3)うその楽しみ』松田哲夫編/あすなろ書房/1890円 【評者】嵐山光三郎(作家) 「うそは創作のはじまり」と銘うった「うそ」に関する論文、小説、落語のアンソロジーである。これは『中学生までに読んでおきたい 哲学』(全八巻)の第三巻で、さすが哲学に詳しい哲ちゃんこと松田哲夫編。中学生まで哲学なんてしなかった人がほ [全文を読む]

【書評】現在の日本文学が全盛期であるということが分かる書

NEWSポストセブン / 2015年07月23日07時00分

【書評】『日本文学100年の名作第10巻 2004-2013 バタフライ 和文タイプ事務所』/池内紀・川本三郎・松田哲夫 編/新潮文庫/890円+税 【評者】嵐山光三郎(作家) 池内紀・川本三郎・松田哲夫編の「日本文学100年の名作」全10巻シリーズはこれにて完結。第10巻に収録されたのは2004~2013年に発表された16編で、巻末に選者による「読みどこ [全文を読む]

松田哲夫氏のエッセイ出版記念祝賀会に水木しげる夫妻ら登場

NEWSポストセブン / 2014年10月06日07時00分

編集者で書評家でもある松田哲夫氏(66)が自らの編集者人生で出会った愉快な面々を綴った交遊録エッセイだが、この出版を記念して9月26日に東京・日比谷で祝賀会が賑々しく開かれた。 会場は水木しげる夫妻にはじまって、この本に登場する作家、画家、学者などなど200名近くの多士済々の顔ぶれで押し合いへしあい。写真は、水木しげる夫妻を中心に、著者である松田哲夫氏(左 [全文を読む]

編集者人生半世紀の松田哲夫氏 盟友・南伸坊氏と若き日回顧

NEWSポストセブン / 2014年09月24日16時00分

『週刊ポスト』の連載として好評を博した編集者・松田哲夫氏の「ニッポン元気印時代」が、この度、新たに再編集され単行本『縁もたけなわ』として上梓された。この本では約半世紀にも及ぶ松田氏の編集者人生で出会った人々の横顔が綴られているが、その刊行を記念して、美学校時代からの盟友であり、この本のために70点もの挿画を描いた南伸坊氏と熱く語った。 松田:学生の頃から南 [全文を読む]

神田うの オンオフの差なくどんな状況でも自分の言葉で語る

NEWSポストセブン / 2013年05月12日07時00分

ところが、なかにはその違いがない人もいたと、『王様のブランチ』の書籍コーナーでコメンテーターとして出演していた頃の思い出を、松田哲夫氏が振り返った。 * * * ぼくは、1996年4月からTBS系テレビの情報バラエティ番組『王様のブランチ』にほぼ毎週出演していた。華やかなタレントたちに混じっての出演は、途中一年間のブランクを挟んで2009年9月まで続いた。 [全文を読む]

「新刊ニュース」2016読書週間アンケート特集~特別企画「人気著者が惚れた2冊」を掲載~

DreamNews / 2016年10月18日10時00分

アンケート回答者(一部・敬称略):梓澤 要、彩瀬まる、市川拓司、恩田 陸、門井慶喜、河合莞爾、くさか里樹、志川節子、大門剛明、髙田 郁、那須正幹、中村文則、中山七里、西村賢太、萩原さちこ、東川篤哉、誉田哲也、宮内悠介、山崎ナオコーラ、山田宗樹、雪富千晶紀、米澤穂信、他多数「新刊ニュース」は、注目の本の著者や人気作家のインタビュー、対談、エッセイの他、編集者 [全文を読む]

水木しげる氏 漫画業界のゴシップ好きで編集者の出世に興味

NEWSポストセブン / 2015年12月06日16時00分

そろそろ危ないんじゃないの?”とか耳にされた噂を確かめようとカマをかけてくるんです」(西村氏) 『ねぼけ人生』、『水木しげるのラバウル戦記』で編集に携わった書評家の松田哲夫氏も水木氏の“ゴシップ好き”の一面を明かす。 「担当編集者の出世に異様なほど興味を持っていた。私が筑摩書房の取締役になったときも、“ほう、取締役ねぇ”と。で、翌年のお正月には〈経営は、モ [全文を読む]

トーハン「新刊ニュース」 2015読書週間アンケート特集~特別企画「人気著者のオススメ ○○な時に読みたい3冊」を掲載~

DreamNews / 2015年10月16日13時00分

アンケート回答者(一部):朝倉かすみ、彩瀬まる、市川拓司、宇江佐真理、恩田 陸、河合莞爾、くさか里樹、西條奈加、志川節子、大門剛明、髙田 郁、辻村深月、中村文則、中山七里、西村賢太、萩原さちこ、東川篤哉、山崎ナオコーラ、雪富千晶紀、柚月裕子、米澤穂信、他多数 「新刊ニュース」は、注目の本の著者や人気作家のインタビュー、対談、エッセイの他、松田哲夫氏、立川 [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第20号 6月5日発売! 特集テーマは、「全集 もっとも贅沢な読書」

DreamNews / 2015年06月05日11時00分

松田哲夫 「全集の筑摩」はいかにして生まれたのか? 大澤 聡 出版大衆化の果て 陣野俊史 「新しい戦争」と文学全集 など Part3. Complete Works大塚信一 日本は全集大国である 佐藤 優 全集で「体系知」を獲得する 池内 了 全集でたどる寺田寅彦の思想 若松英輔 全集から読み解く井筒俊彦 など Part4. Bibliomania鹿島 [全文を読む]

「読みながらレ・ミゼラブルが頭に流れてました」神田沙也加 宮部みゆき新刊にコメント

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月29日17時30分

松田哲夫(書評家『本の旅人 5月号』書評より) 現実を生きていく上で、何が大事であるかということを教えてくれる ●高坂浩一(書店員・堀江良文堂書店 松戸店) 辛いエピソードを積み重ねながらも”生きる”ことに前向きになれる素敵な作品。物語の全貌が見えてからのスピード感にページをめくる手が止められなくなるはず!! ●鶴岡寛子(書店員・三省堂書店 京都駅店) [全文を読む]

フォーカス