松谷秀幸のニュース

【プロ野球】大場翔太が競輪転向!? バンクで輝く元プロ野球“競輪選手”たちをまとめてみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「現役競輪選手」の元プロ野球選手 ■塚本善之(投手・1987年ドラフト5位・47歳) 在籍球団:広島 プロ野球引退年:1990年 競輪デビュー年:1993年 競輪成績2039戦121勝(A級3班) ■松谷秀幸(投手・2000年ドラフト3位・34歳) 在籍球団:ヤクルト プロ野球引退年:2 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「花月園メモリアル in 川崎」

アサ芸プラス / 2014年06月05日09時57分

地元・松谷秀幸◎だが原田研太朗も差はない! 選手になる年齢制限がなくなり、遅れてきたアスリートの活躍が目立つようになった。 GIII「花月園メモリアルin川崎」(6月5日【木】~8日【日】)は、小田原と交互に開催され、今回が5回目になる。12日からは高松宮記念杯が行われるため、S級S班やS1上位選手は不在だけに実力は拮抗。番狂わせもあるシリーズになりそうだ [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「FI前橋」

アサ芸プラス / 2015年02月05日09時56分

南関は松谷秀幸─白戸淳太郎─栗原厚司。中部は猪俣─坂上忠克、福井の野原後位は徳島の室井健一だろう。北日本は有力な先行不在で、岡部芳幸はラインの切れ目からの戦い。他では岡村、篠原の勝ち上がりもある。 33バンクだけに残り2周の赤板から動きは激しくなるが、最後は小原が主導権を取り切る。猪俣、野原、山田は早めのまくりで勝負をかける。 ◎稲村=○小原。稲村の差しを [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「FI立川」

アサ芸プラス / 2014年11月06日09時57分

南関は松谷秀幸─中村浩士。北日本は山崎芳─大槻寛徳も萩原尚人が勝ち上がれば、さらに強力になる。西日本は、中部は大ベテラン荻原操を加藤がガード。九州は松岡貴久─小野俊之と野田源一─小川圭二で関東と同じように2つのラインになりそうだ。他ではS1並みの得点をマークしている高原仁志が圏内。 96期の長島と城で先行争いも、長島が取り切る。中団の松岡貴の動きに合わせて [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「寛仁親王牌」

アサ芸プラス / 2014年07月17日09時57分

東日本は関東の池田勇人─後閑、南関の根田空史─松谷秀幸、北日本の飯野祐太─菊地圭尚が有力も、全て2車のライン。対照的に西日本は深谷─金子─浅井の中部トリオを筆頭に、近畿の脇本雄太─稲川翔─松岡健介、九州の中川誠一郎─井上昌己─大塚健一郎と、それぞれ3車で結束し、岩津はいつものように単騎戦。他では神山雄一郎と志智俊夫の勝ち上がりがある。 根田と池田が主導権を [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「別府記念」

アサ芸プラス / 2014年05月22日09時57分

東日本は南関の松谷秀幸─中村浩士と、関東の後閑─宗景祐樹。菊地と木暮安由も進出してきそうだが位置はなく、ラインの切れ目でチャンスをうかがうしかない。 主導権は脇本に渡しても、間を置かずに松岡貴が巻き返す。金子はまくり狙いになる。 本命は松岡健。脇本が後位なら、後方を見ながら番手まくりを打てる。2月高松全日本選抜の準優勝者。少し気は早いが、上位が欠場中の今年 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「松山記念」

アサ芸プラス / 2014年03月06日09時57分

神奈川の松谷秀幸─勝瀬卓也、新田─成田の福島SS班コンビも強力だ。他では松岡貴久と牛山貴広が圏内と見た。 主導権を取るのは、川村か猪俣。2人が叩き合うようなら、まくり勢に絶好の展開になる。 本命は深谷。猪俣との前後は調子しだいも、そろそろ勝たないといけない。対抗の神山は、バンクとの相性のよさが味方する。3番手評価は渡部。地元トリオで戦えるようなら勝機はある [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「大宮記念」

アサ芸プラス / 2014年01月16日09時57分

南関東は松谷秀幸─高木隆弘─武井大介で結束し、北日本は新田─内藤宣彦。西日本勢は中部の深谷─山口富生と、濱田浩司─小川圭二─岩津裕介の瀬戸内ライン。他では神山拓弥と松岡健介が圏内と見た。 500バンクだけに逃げると不利だが、それでも深谷が主導権を取り、平原と新田はまくりになる。 SS班の先行3者の力が抜けている。印は◎平原、○深谷、3番手評価が新田。地元の [全文を読む]

フォーカス