梅本正行のニュース

~子どもを犯罪から守るには~浦和区防犯講演会開催

クオリティ埼玉 / 2016年11月22日14時02分

人情味あふれる独特のキャラクターで、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等で活躍する梅本正行氏(日本防犯学校学長・防犯ジャーナリスト)を講師に迎え、犯罪者心理を知り尽くしたプロの目の講演が行なわれる。 開催日時 平成28年11月29日(火)午後1時30分~午後3時 会 場 浦和コミュニティセンター 多目的ホール (浦和駅東口・コムナーレ10階) 駐車場は有料 内 [全文を読む]

ゼロ金利で注目 正しい「タンス預金」の方法

NEWSポストセブン / 2016年03月10日11時00分

金庫の置き場所には工夫が必要です」と指摘するのは、防犯ジャーナリストの梅本正行氏だ。 「人目につかないところに置くのは当然ですが、脚立を使わなければ手の届かない場所など、泥棒にとって手間のかかる場所に保管したほうがいい。 一般的な家庭のドア枠は約90センチですので、持ち出せないように金庫の底に幅90センチ以上の鉄板を溶接してしまうのも手です」 最近では、「 [全文を読む]

千金堂が工務店向けに、「防犯住宅」をテーマにセミナー開催!

@Press / 2014年11月20日08時45分

「千金堂」ブランドのフランチャイズ・チェーン(FC)と、一般の住宅会社・工務店向けにFCで培ったノウハウと先進システムを提供しているボランタリー・チェーン(VC)「リーダーズ・ネット」を運営する株式会社千金堂(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:坂田 克巳、以下 千金堂)は、2014年12月に、防犯ジャーナリストの梅本正行氏を講師に招き、一般の住宅会社・ [全文を読む]

都心に住んでると1日150~200台程度のカメラに写ることに

NEWSポストセブン / 2014年08月21日07時00分

防犯ジャーナリストの梅本正行さんはこう話す。 「全国で数百万台以上あるといわれています。カメラは小型化されているので、どこにあるかなかなか気づきにくいものもあります」(梅本さん) では、われわれは普段、どれぐらい防犯カメラに撮られているのか? 都心に住む主婦Yさんがパート先に行き、仕事帰りに買い物をして自宅に帰ってくるケースを見ていきたい。 自宅を出ると、 [全文を読む]

日本に数百万台以上の防犯カメラ 最多設置場所はパチンコ店

NEWSポストセブン / 2012年06月28日16時00分

防犯アナリストの梅本正行氏が言う。「国内にある防犯カメラの台数は誰も把握していないはずです。経産省がまとめるメーカー統計はありますが、輸出品を含んでいて、国内の出荷・販売台数はわからない。さらに、近年は輸入品の防犯カメラが多数導入されている。 例えば、坪あたりで防犯カメラが最も多く設置されているのはどこだと思いますか? それはパチンコ店です。そこでは海外製 [全文を読む]

2123億から1360億円に減少の防犯カメラ市場 出荷量は増加か

NEWSポストセブン / 2012年06月18日16時01分

NPO法人日本防犯学校の学長で防犯アナリストの梅本正行氏がいう。 「以前はモノクロで不鮮明でしたが、最近ではカラーでデジカメ並の高画質は当たり前。カメラがネットワークでつながり、怪しい人物を写しだしたら瞬時に画像を転送するシステムもできている。これまでは犯人がそこに『いた』を確認するものでしたが、今は、そこに『いる』ことも知れるのです」 ※週刊ポスト201 [全文を読む]

防犯学校学長「監視カメラの犯罪抑止効果?そんなもなない」

NEWSポストセブン / 2012年02月26日16時00分

「カメラの設置台数を含め、一切、お答えできません」 〈JR東日本〉広報の答えを受け、〈日本防犯学校〉梅本正行学長に品川駅探索を同道ねがった。オウム逃亡犯・平田信が大阪から着いたのと同刻・夜8時30分に、品川駅21番22番の新幹線ホームに立つ。 1号車から16号車の停車位置まで歩く。列車の運行、乗客の安全確認、不審者移動チェック、それらのカメラが、ホームの [全文を読む]

フォーカス