森田朗のニュース

公開座談会:「官民データ活用推進基本法」成立と「個人情報保護法制2000個問題」

EnterpriseZine / 2017年03月07日06時00分

平成28年12月8日、都市センターホテルにおいて、マイナンバーの利活用を推進する全国75市の首長で構成される「番号創国推進協議会」(会長:横尾俊彦・多久市長)と「日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会(JUMP)」(理事長・森田朗・国立社会保障・人口問題研究所所長)は、8日に「官民データ活用推進基本法」の議員立法に関与された国会議員と番号創国推進協議会メン [全文を読む]

少子化ニッポンの超タブー、衆院選の本当の争点は“老人を捨てるか、若者を捨てるか”だ!(3)一歩間違えば「姥捨て山議論」?

週プレNEWS / 2014年12月13日06時00分

そこで、この分野の第一人者である森田朗氏と、各種統計分析の専門家・山本一郎氏が本当の“日本の争点”を語り合った、第3回! (第1回⇒ http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/11/40448/ 第2回⇒http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/12/40521/) ■自治体も社会保障も「線引き」が必要 [全文を読む]

少子化ニッポンの超タブー、衆院選の本当の争点は“老人を捨てるか、若者を捨てるか”だ!(2)

週プレNEWS / 2014年12月12日06時00分

そこで、この分野の第一人者である森田朗氏と、各種統計分析の専門家・山本一郎氏が、本当の“日本の争点”を語り合った、第2回! (第1回⇒ http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/11/40448/) ■ドアを開けるとキリギリスが20匹! 山本 政府は「50年後も人口1億人を維持する」という長期ビジョンを掲げていますが、はっきり言 [全文を読む]

少子化ニッポンの超タブー、衆院選の本当の争点は“老人を捨てるか、若者を捨てるか”だ!

週プレNEWS / 2014年12月11日11時00分

そこで、この分野の第一人者である森田朗氏と、各種統計分析の専門家・山本一郎氏が、本当の“日本の争点”を語り合った。 ■社会保障はなぜ争点にならないのか? 山本 この選挙、とんでもないことになるかもしれません。11月末、公示前時点での話ですが、素直に数値を入れて選挙の趨勢(すうせい)を予測したら、自公で最大385議席、予想の中央値で348議席という数字が出 [全文を読む]

平成26年度東京大学市民後見人養成講座(第7期)の講師陣が決定!成年後見制度の第一人者や、一線で活躍する実務家など一流講師陣が多数登壇 成年後見制度や後見実務などについて総合的に学べる充実のプログラム

PR TIMES / 2014年07月03日15時19分

○講座科目1「日本の高齢社会」 2「市民後見概論」 3「法定後見制度」4「任意後見制度」 5「民法の基礎」 6「後見関連制度・法律」7「高齢者および認知症の理解」 8「知的・精神障がいの理解」 9「対人援助の基礎」10「後見人の実務」 11「市町村・地域の現状と事例」 12「市民後見NPOの役割と実務」13「後見関連機関の役割と実務」 14「グループワーク [全文を読む]

フォーカス