橋本紀子のニュース

「生理ナプキン持ってるから非処女確定」アイドルファンの妄言は笑い事じゃない、安倍政権の“性教育破壊“で性の知識がヤバイ

リテラ / 2017年06月09日11時17分

『こんなに違う! 世界の性教育』(メディアファクトリー新書)のなかで、教育学者の橋本紀子氏は日本における性教育についてこのように指摘している。 [全文を読む]

51歳になったマッチ 「近藤真彦という仕事」を全力で生きる

NEWSポストセブン / 2015年08月02日07時00分

取材・文■橋本紀子 ※週刊ポスト2015年8月7日号 [全文を読む]

『絶歌』書こうとした少年Aの気持ち評価したいと高山文彦氏

NEWSポストセブン / 2015年07月14日07時00分

■聞き手/橋本紀子(ライター) ※SAPIO2015年6月号 [全文を読む]

直木賞受賞の西加奈子氏「サラバ!超える作品書かなあかん」

NEWSポストセブン / 2015年01月31日07時00分

それこそ選考委員の先輩方を見てると、まだあんなに努力してはるんやって思うし、頼もしい仲間もいるから、まだまだ走ります!」 ●取材・構成/橋本紀子 ※週刊ポスト2015年2月6日号 [全文を読む]

直木賞作家の西加奈子氏 「同年代作家はセーフティネット」

NEWSポストセブン / 2015年01月29日07時00分

セーフティネットというとヘンやけど、みんながいてくれてるから、自分は自分の小説を書けるんです」 ●取材・構成/橋本紀子 ※週刊ポスト2015年2月6日号 [全文を読む]

作家・桜木紫乃 映画『終着点駅』の撮影現場で名演技に感動

NEWSポストセブン / 2014年09月26日07時00分

撮影■国府田利光 取材・文■橋本紀子 ※週刊ポスト2014年10月3日号 [全文を読む]

梅ちゃん先生脚本家・尾崎将也氏 物語の骨組みは方眼紙から

NEWSポストセブン / 2014年01月22日16時00分

撮影■国府田利光 取材・文■橋本紀子 ※週刊ポスト2014年1月24日号 [全文を読む]

『リーガルハイ』脚本家・古沢良太氏 ヒット生み出す仕事術

NEWSポストセブン / 2014年01月17日07時00分

撮影■国府田利光 取材・文■橋本紀子 ※週刊ポスト2014年1月24日号 [全文を読む]

『チーム・バチスタ4』脚本家・後藤法子氏 喫茶店も仕事場に

NEWSポストセブン / 2014年01月15日16時00分

取材・文■橋本紀子 ※週刊ポスト2014年1月24日号 [全文を読む]

鬱病から復帰の山本文緒氏「病前のことは遠い前世の出来事」

NEWSポストセブン / 2013年11月21日07時00分

(構成/橋本紀子) ※週刊ポスト2013年11月29日号 [全文を読む]

中村文則氏「大人が楽しめる知的ミステリーを書きたかった」

NEWSポストセブン / 2013年10月25日07時00分

(構成/橋本紀子) ※週刊ポスト2013年11月1日号 [全文を読む]

姫野カオルコ氏「犬って飼主に似る。小心者の飼犬は小心者」

NEWSポストセブン / 2013年10月12日07時00分

(構成/橋本紀子) ※週刊ポスト2013年10月18日号 [全文を読む]

甘糟りり子「若くもない女の恋愛なんて美しいものではない」

NEWSポストセブン / 2013年10月06日07時00分

(構成/橋本紀子) ※週刊ポスト2013年10月11日号 [全文を読む]

垣根涼介氏 愛嬌たっぷりな明智光秀描いた新作について語る

NEWSポストセブン / 2013年09月17日16時00分

要するに僕の場合は人間を書きたいから歴史小説を書き、ネクラな逆賊と思われがちな光秀を、時に生き生きと、時に情けなく、要は愛嬌たっぷりに描いてみたかった」 (構成/橋本紀子) ※週刊ポスト2013年9月20・27日号 [全文を読む]

泌尿器科医 「性感染症にかかる男性の意識は中高生レベル」

NEWSポストセブン / 2013年07月17日16時00分

女子栄養大学教授で『こんなに違う! 世界の性教育』(メディアファクトリー新書)を監修した橋本紀子さんが言う。 「日本でも、HIV感染者の増加を受け、1992年に小学校でも本格的な性教育が始まりました。保健分野という扱いで教科書ができて、初潮や精通を教えるようになり、“性教育元年”と呼ばれました。ところが2002年ごろから、“過激性教育”反対キャンペーンとい [全文を読む]

長岡弘樹氏の最新作は選りすぐりの意地の悪いネタばかり使用

NEWSポストセブン / 2013年07月04日16時00分

魂胆は全て見抜かれると思って諦めてもらうしかない(笑い)」 (構成/橋本紀子) ※週刊ポスト2013年7月12日号 [全文を読む]

ノンフィクション大賞受賞者が巨匠写真家題材の受賞作を語る

NEWSポストセブン / 2013年06月07日16時00分

さらにあの写真自体、少なくとも撮影された時は、誰からも否定されていなかったこともわかったんです」 (構成/橋本紀子) ※週刊ポスト2013年6月14日号 [全文を読む]

薬丸岳氏の新作は14歳で男児を殺めた少年事件がカギとなる話

NEWSポストセブン / 2013年05月27日16時00分

(構成/橋本紀子) ※週刊ポスト2013年6月7日号 [全文を読む]

吉川英治文学新人賞作家 家電大手が大失敗した理由を語る

NEWSポストセブン / 2013年05月24日16時00分

つまり太地だけが閉鎖的だとは言えないわけで、せめて本書が、国際的に見ても曲がり角に立つ日本の会社や組織を見直すきっかけになれば嬉しい」 構成/橋本紀子 ※週刊ポスト2013年5月31日号 [全文を読む]

ベストセラー手がけた関係者100人以上に取材した『重版出来!』

NEWSポストセブン / 2013年05月13日07時01分

全力で取り組むからこそ、運を呼び込めるのかなぁと思いました」(松田さん) (構成/橋本紀子) ※週刊ポスト2013年5月24日号 [全文を読む]

フォーカス