水上勉のニュース

没後10年の作家・水上勉展開催 テーマは「ハローワーク」

太田出版ケトルニュース / 2014年10月16日11時42分

10月18日(土)より、東京と世田谷区の「世田谷文学館」にて、多種多様な職業遍歴を経た作家・水上勉の品々を紹介する展覧会『水上勉のハローワーク 働くことと生きること』が開催される。 福井県大飯郡に生まれた水上勉(1919~2004)は、10歳で寺院の僧侶となるべく修行に入り、17歳で還俗。その後、薬の行商、役所勤め、労働者の監督、出版・編集業、代用教員、洋 [全文を読む]

中村嘉葎雄 低いところしか飛べない鳥でもどこかに行きたい

NEWSポストセブン / 2014年11月06日16時00分

芝居をするなかで出会った小説家の水上勉や、映画監督の大島渚との思い出について中村が語る言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 中村嘉葎雄は舞台『湖の琴』に出演したのを契機に、原作者である小説家・水上勉の知遇を得ることになる。「『越前竹人形』の舞台をやった時は、いくら本を読んでも私には水上文 [全文を読む]

定額制の音声コンテンツ聴き放題サービス 「LisBo(リスボ)」10/3(月)スタート! https://www.lisbo.jp/

DreamNews / 2016年10月03日09時00分

<公開コンテンツ>■岩波書店 (29講演)・網野善彦 「日本中世の平民と職人(第一回)(第二回)」・大野晋 「語学と文学の間」・中尾佐助 「イモの文化とイネの文化」・遠山茂樹 「近代天皇制の成立過程(第一回)(第二回)」・坂口謹一郎 「酒学入門」・高田博厚 「ルオー:その人と芸術」・谷川徹三 「日本の美」・福田歓一 「民主主義と国民国家」・真下信一 「人間 [全文を読む]

「ひとつの時代が終わったという感じで淋しい」鬼才・野坂昭如氏の訃報に悲しみの声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月15日17時30分

戦後の焼け跡の中でも、底抜けに明るい民衆達を描いた野坂氏の独特な作風や文体は、水上勉や松本清張ら審査員を唸らせ、“鬼才”とも呼ばれた。 その後も『戦争童話集』など、自身の体験をもとに多くの童話や小説を書き続け、ときには自分の作品の芸術性を巡って裁判沙汰になることも。自身が編集長を務める月刊誌に載せた『四畳半襖の下張』では、「わいせつの概念」について争うとい [全文を読む]

3月14日に開通する「北陸新幹線」で行ける、日本海側の素敵な話 『裏が、幸せ。』酒井順子インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月07日11時30分

●「裏」には、思いもよらなかったものを自分で見つけていく楽しさがある「裏」に酒井さんが興味を持ったのは、三島由紀夫が『金閣寺』で、水上勉が『五番町夕霧楼』で題材とした「金閣寺焼失事件」について論じた『金閣寺の燃やし方』の取材で訪れたことだという。「金閣寺に放火した犯人が生まれた、舞鶴市の成生へ行ったんです。そこは若狭湾に突き出した岬なんですが、ものすごい絶 [全文を読む]

なぜ彼女は“芸能界のお母さん”と呼ばれたか? 大女優・森光子さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2012年11月16日13時00分

その後、文豪の水上勉さんとの関係がウワサされたが、結ばれることはなかった。 森さんの関係者の間で鮮明に残っている“男性の記憶”としては、元TBSデイレクターで、その後、音楽家に転身したW・Tさんとの不倫だったという。『アタックNo.1』や『キューティーハニー』など、数々のアニメソングを手掛けたWさんは妻帯者だったが、それを解っていながら、森さんは、はたから [全文を読む]

eBookJapan配信の文春ウェブ文庫470冊が、Android端末、iPhoneで読めるようになりました

PR TIMES / 2012年06月08日11時18分

【芥川賞】 『されど われらが日々』(柴田翔)、『ゲルマニウムの夜』(花村萬月)、『パーク・ライフ』(吉田修一)、『妊娠カレンダー』(小川洋子)『猛スピードで母は』(長嶋有)、『中陰の花』(玄侑宗久) 【直木賞】 『雁の寺』(水上勉)、『光と影』(渡辺淳一)、『手鎖心中』(井上ひさし)、『暗殺の年輪』(藤沢周平)、『星々の舟』(村山由佳)、『対岸の彼女』 [全文を読む]

80年代黄金ヒロインたち 小柳ルミ子

アサ芸プラス / 2012年05月01日10時54分

水上勉原作で、初主演作となった「白蛇抄」(83年/東映)である。すでに伊藤は東映・岡田茂社長に企画を出し「ルミ子が主演なら」と岡田も二つ返事だった。 「原作を読んだら、官能の描写が凄いんです。これに出たらヌードになることは避けられない。今、この段階で渡辺プロに言ったら、100%ノーだなって思いました」 ルミ子の選択は「事後承諾」だった。伊藤に出演の了承を伝 [全文を読む]

フォーカス