江木俊夫のニュース

元ジャニーズたちが語ったメリー喜多川「恐ろしい女傑」「営業能力は神業」「母親的な存在でした」

サイゾーウーマン / 2015年02月07日16時00分

<だいたいジャニーというのは名ばかりの社長で、実権はメリー喜多川が握っているのだから>(『さらば!! 光GENJIへ』)<タレントの発掘や育成はジャニーさん担当、事務所の経営、タレントの管理はメリーさん担当、などとよくいわれます>(『ジャニー喜多川さんを知ってますか』江木俊夫/小菅宏・KKベストセラーズ)<メリーさんのすごさは営業面だ。あれだけ大勢の、それ [全文を読む]

敏いとう「俺が見てきた芸能界薬物汚染40年」の闇真相(3)清水健太郎は病気だから治らない

アサ芸プラス / 2017年03月08日12時57分

トシ坊(元フォーリーブス・江木俊夫)も一度、捕まってるよな。彼とは「トシ坊」「敏さん」という間柄。子分です。今でも電話ありますよ。トシ坊もカネに苦労してね。人を紹介したこともありましたけど、女の酒にクスリこっそり入れてたなんて‥‥。- ところで、現在の「薬物に手を出したら芸能界追放」という、芸能マスコミの最近の風潮は行き過ぎだと須藤氏は言う。「美川憲一だっ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】間宮祥太朗の氷室ローランド “マグマ大使”似ている説に反響

TechinsightJapan / 2017年01月18日15時50分

実写ドラマではマグマ大使やその家族を笛を吹いて呼ぶ村上マモル少年を江木俊夫が演じた。彼はその頃に結成されたジャニーズ事務所のアイドルグループ・フォーリーブスで活躍する。 そんなキャラクターだけに、フォロワーも「古い」や「マグマ大使が分からなかったので出直してきます!!」まで世代により受け止め方が違う。現在23歳となる間宮祥太朗自身もこの投稿をRTしているが [全文を読む]

<SMAP解散騒動の本質>ジャニー喜多川氏の発明「アイドル量産システム」はもはや特許

メディアゴン / 2016年01月20日07時30分

ジャニーズの次に人気になったのは北公次・江木俊夫・おりも政夫・青山孝の「フォーリーブス」である。日本テレビの番組「プラチナゴールデンショウ」で、メインを張った。「プラチナ万年筆」の提供だからこういう番組名なのだが、「白金黄金ショウ」というのはキラキラネームのような番組名である。「地球はひとつ」( 作詞:北公次、作曲:都倉俊一)という当時の若い奴なら誰でも歌 [全文を読む]

「ユー、濃いねェ」の声がレッスン場に響く...ジャニーズの下半身ムダ毛事情

東京ブレイキングニュース / 2013年11月25日20時30分

明らかに髪の毛がないのは、江木俊夫さんだ。実写ドラマ『マグマ大使』での人気子役から「フォーリーブス」での大活躍で、ジャニーズ創世記を支えた偉人さんだ。以前はライブのときに帽子やバンダナで薄毛を隠していたが、最近はカツラにして堂々と過ごしているという。 僕のジャニーズ時代を思い出してみた。当時は多くのジュニアと風呂に入ったが、みんな基本的に毛は濃かった。当 [全文を読む]

流行再来「昭和歌謡」の火付け役は江木俊夫

アサ芸プラス / 2012年10月23日10時54分

江木俊夫さん(フォーリーブス)がナビゲーターを務める今の形になったのは、09年からですね。その前は、故・玉置宏さんに司会に入っていただいた『歌のアルバム 同窓会コンサート』というのがありました。同窓会コンサートという名前は、そこから引き継いでいます」 1000~2000席の会場を使い、昨年は40カ所で開催。09年からは延べ15万人以上を動員するコンサー [全文を読む]

Jr.だけじゃない ジャニーズタレントの犯罪黒歴史

メンズサイゾー / 2012年10月21日08時00分

元ジャニーズの犯罪も多く、古くは元フォーリーブスの北公次や江木俊夫が覚せい剤取締法違反で逮捕されており、元男闘呼組の成田昭次は09年に大麻取締法違反で逮捕。70年代に活躍したソロアイドル・豊川誕に至っては、覚せい剤や暴行、クレジットカード偽造で複数回の逮捕歴がある。 芸能界で一大勢力を誇るジャニーズだが、タレントにダンスや歌を練習させるだけでなく、モラル教 [全文を読む]

フォーカス